LifeHack

これは便利!kindleのハイライト機能を使ってevernoteで確認!アウトプット方法を紹介

この記事の所要時間: 413
photo credit: Kindle via photopin (license)

photo credit: Kindle via photopin (license)

 

読んだ書籍を自身の血と肉にするにはアウトプットは大事ですね。

アウトプット前提のインプットが非常に大切で、これを意識するだけで書籍代金を回収出来ると私は思っています。

 

インプットをする際に書籍の肝となる部分があります。

皆さんはその肝となる箇所をどうされています?

 

付箋を使う・直接本に書き込むなどそれぞれのやり方があり、後程読み返すと思います。

しかし本が増えれば増えるほど管理が大変になってきますね。

 

そこで、Kindleを使ってお目当ての書籍の重要部分をハイライトをし、

ハイライトした箇所をevernoteに記録するだけで、evernoteと同期できる端末があれば

24時間好きなところでハイライトした箇所を読みなおす事ができ、読書のアウトプットを促す事が出来ます。

 

今回はKindleでハイライトした箇所をテキストでevernoteに取り込む方法と、

私が実際に読んだ書籍の活用術を紹介します。

 

 

Kindleのハイライト箇所をテキストでEvernote取り込む方法

Amazon Kindle: WelcomeAmazon Kindle: Welcome

 

まずは、上記のURLにアクセス

kindleハイライト

上記の画面が開き、「Your Highlights」をクリック

 

kindleハイライト evernote

 

すると、以前私が読んだ本のハイライトが出てきます(笑)

書籍の内容が表示されておりますのであえて、モザイク加工をしております。

これEvernoteウェブクリッパーでウェブクリップの方法もありますが、私は「あえて」ウェブクリップは使用しません。

 

あえてevernoteをアナログで使用する理由

evernote

 

実際の私のevernoteの画面ですが、私は読んだ書籍の表紙やノート分けをしたい為、これをコピペしてevernoteに貼り付けております。

本の表紙は不格好ですがAmazonで画像をコピペしてそのままevernoteに貼り付けております。

そしてハイライト機能をノートにコピペしてこのように管理をしております。

読みっぱなしになりがちなビジネス書などからリターンを高めたいので私は本田直之『レバレッジリーディング』を採用しております。

 

レバレッジリーディングの紹介は今回は省かせて頂きます。

 

 

 

evernote内でのノートブックの分け方

evernoteノートブック

 

レバレッジリーディングを私なりにアレンジをしております。

レバレッジリーディング内で紹介されている手法は、紙媒体にまとめておりますが、

私はevernoteにまとめる事によってevernoteと同期しているデバイスであればいつでも情報を引き出す事が可能です。

 

evernoteの検索機能は非常に便利ですが、莫大な情報の中から自分が読んだ事のある書籍を視覚で探すのも、

非効率のようですが「検索」ではなく「探す」という作業を行なう事から読んだ本の内容も思い出しやすくなります。

しかし、漠然と「探す」という作業もあまり宜しくないので私は下記のようにノートブック分けをしております。

 

■レバレッジメモ(ノートブック大)

-IT活用(ノートブック小)

-コーチング・人材マネジメント(ノートブック小)

-ゴールマネジメント(ノートブック小)

-スポーツ(ノートブック小)

-セルフマネジメント(ノートブック小)

-タイムマネジメント(ノートブック小)

-ファイアンシャルインテリジェンス(ノートブック小)

-ブランディング(ノートブック小)

-プレゼンテーション-(ノートブック小)

ラックマネジメント(ノートブック小)

-営業(ノートブック小)

-起業(ノートブック小)

-経営(ノートブック小)

-失敗から学ぶ(ノートブック小)

-自伝(ノートブック小)

-脳心理学(ノートブック小)

-人脈(ノートブック小)

-睡眠(ノートブック小)

-整理整頓(ノートブック小)

-資金調達(ノートブック小)

-不動産・株式投資(ノートブック小)

-文化(ノートブック小)

-語学(ノートブック小)

 

上記が私のevernote内のレバレッジメモ(ノートブック)の階層分けをしており効率よく「探す」作業をしております。

次にハイライトした内容をevernoteに取り込む3つのメリットを紹介します。

 

読んだ書籍のハイライトをevernoteに取り込むメリット1

photo credit: 022 via photopin (license)

photo credit: 022 via photopin (license)

 

(好きな時に書籍の重要部分を繰り返しインプットできる)

 

私を含めて大半の人が読んだ書籍の内容を忘れがちです。

忘却をしないように、好きな時に場所問わずインプットを繰り返す事が出来ます。

 

私は移動時や、自身が困難になった時にevernoteでハイライトした内容を確認し鼓舞しています。

読書後のアフターフォローなどに最適です。

 

読んだ書籍のハイライトをevernoteに取り込むメリット2

photo credit: Morgan via photopin (license)

photo credit: Morgan via photopin (license)

 

(読書のモチベーションが上がる)

 

読書メーターなど読んだ書籍の管理サイトもありますが、読書メータはサイトにアクセスしないと行けません。

evernote内でしたらオフラインの状況でも観覧できるだけではなくevernoteに自分自身に合った濃い情報が蓄積される喜びがモチベーション向上や維持にも繋がる。

注意点として情報商材マニアに陥らないよう気をつけましょう。

 

読んだ書籍のハイライトをevernoteに取り込むメリット3

photo credit: color candy via photopin (license)

photo credit: color candy via photopin (license)

 

(瞬時に情報にアクセスできる事から精神的にも楽)

 

私はビジネス書を戦略的に読んでおります。

今、自分が困っている事があればその知識を読書で補い、解消や改善をしています。

中には困った事や自分の苦手な事が再度訪れたら、一度読書から学んでいるので「どうやって乗り越えるか」「どうやって解消するか」をevernoteから

瞬時に取り出せる事から精神的にも安心です。

 

以上が私が読んだ書籍のハイライトをevernoteに取り込むメリットですがデメリットもあります。

 

読んだ書籍のハイライトをevernoteに取り込むデメリット

アクアリウム 考え事

 

Evernoteウェブクリッパーでウェブクリップをすれば早いですが、私は手動(アナログ)でコピペをしている事から

どうしても「作業」が発生してしまいます。

 

作業とは、一度Amazonにアクセスをして該当の書籍の表紙カバーをevernote内にコピペする作業と

ハイライトの文章をコピペする作業。

作業時間としてはそんなに長くはありませんが、効率重視の方からするとこれが「ストレス」に感じるかもしれません。

でも、私はこれが丁度良いと思っています。

 

私がこのやり方を拘っている理由

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_m

 

Evernoteウェブクリッパーと比べると確実に「非効率」だと私も感じております。

しかし、あえて「作業」を入れる事により忘却のリスクを少しでも減らす事に繋がります。

 

また、あまりにも「効率化」のこだわり過ぎると、「効率化」が目的となってしまい、

「効率」する必要のない事まで「効率」しようと考え結果的に効率化しないほうが効率化出来たという事にもなりかねません。

 

私が「効率化」する判断基準は、本当にその「作業」は効率化するべきか?を常に念頭に置きながら作業をしております。

完全に私のやり方ですがご参考までに。

 

 

これを実践するだけで本の読み方も変わりますしアウトプット方法が解説されております。

 

 

よく読まれている記事

クロームキャスト 外箱

 

よく読まれている記事:超便利!Google Chromecastを使うと動画鑑賞が楽しくなる7つのメリットを紹介

 

リヒトラブ 机上台 レビュー43

 

よく読まれている記事:机上快適な環境づくりを!リヒトラブ 机上台を購入、レビューしてみるよ

 

m570 太もも

 

よく読まれている記事:肩こり、腱鞘炎からおさらば!最強マウス「ロジクールワイヤレストラックボールM570」レビュー

 

関連記事

  1. 祇園周辺に立ち寄ったら祇園祇をん萬屋さんの「ねぎうどん」がオスス…
  2. 机上快適な環境づくりを!リヒトラブ 机上台を購入、レビューしてみ…
  3. 思い出のマーニー ストーリー 思い出のマーニーを100倍楽しむ方法
  4. 足利義政の美意識ハンパないって!!義政の美意識が詰まった銀閣寺に…
  5. M570 肩こり、腱鞘炎からおさらば!最強マウス「ロジクールワイヤレストラ…
  6. 新次元マットレスパッドのエアウィーヴを体験した感想は、ずばり感じ…
  7. 京都をお散歩するなら哲学の道!銀閣寺のほとり地下300メートルか…
  8. m570 掃除 ロジクール トラックボール M570を分解して掃除 それでも治ら…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陽火石は水のpHに影響を与える?最適なレイアウトや導入時の注意点
  2. メダカの縄張り争い(いじめ)の解消方法 
  3. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  4. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  5. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  6. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!

ピックアップ記事

おすすめ記事

姿を見せないハンター!チャカチャカの楽しみ方

(写真引用元:ネオス楽天市場)熱帯魚飼育は姿の美しさや泳ぎを楽しむ趣味。…

トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について

さて、前回まではコリドラスの飼育についての話をしましたが、今回は、温厚な…

ベタに合う水草って何?パールグラスとかウィローモス?

さて、今回はベタと相性の良い水草について話していこうかと思います。…

水槽用レイアウト用品の選び方と間違った知識

アクアリストの皆さん、アクアリウムライフを存分に楽しんでいますか?…

海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?

2回続けて海水魚の飼育にはどのフィルターを使えばよいかという話をしました…

黒メダカとスイレン栽培をはじめるなら冬からやるべき!

(めだか ホテイ草)黒メダカ初心者セット 黒メダカ(10匹)+ホテイ草(1株) セット 本州四国限…

おすすめ記事

  1. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  2. クサガメの飼育方法を紹介!外国では希少種のクサガメ
  3. メダカの病気の種類と治療方法【保存版】
  4. 濾過器で金魚飼育が180度変わる!金魚の飼育に適しているフィルターを徹底紹介!
  5. 【迷ったらこれ!】熱帯魚のおすすめ生態の組み合わせ一覧
  6. アクアライフを満喫、冷凍エサのメリット
PAGE TOP