爬虫類

セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!

この記事の所要時間: 28

(写真引用元:セイブシシバナヘビ wikipedia)

 

セイブシシバナヘビHeterodon nasicus は北米に分布するどちらかと言えば小型のヘビの一種です。その分類はヘビ亜目、ナミヘビ下目、マイマイヘビ科に属しています。マイマイヘビ科というと、ペットスネークではあまりなじみはないのですが、ミズコブラモドキHydrodynastesとかニセボアPseudoboaなどが多少知られている存在でしょうか。あとは一部のマニアで有名な魚食性とも言われる南米に生息するカッパヘビPseudoeryx plicatilisとか、両生類のアンフューマやサイレンを専食する北米のドロヘビFarancia abacuraとか、いわゆる「変態ヘビ」が属するグループです。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

マイマイヘビ科のヘビ

 

セイブシシバナヘビは本属中最大でウィキペディアには150㎝に達するとありますが、多分1mを超える個体は相当に希でしょう。何かの誤認かもしれません。雌が大型化しますが、オスでは最大50㎝位です。分布はアメリカ合衆国ではアーカンソー州からアリゾナ州にかけて、それ以外ではカナダやメキシコに分布し、北米大陸の中央部が分布域となっています。

芋虫のような可愛らしいヘビ

(写真引用元:セイブシシバナヘビ wikipedia)

 

シシバナヘビは一見して、普通のヘビとは違います。まず吻部が反り返っており、豚の鼻づらを思わせる顔から豚鼻、英語で言えばHog noseと呼ばれています。日本ではそれをもとにイノシシの鼻、つまり猪鼻(シシバナ)と呼ばれています。胴体も短く、どちらかと言えばマムシのようなプロポーションをしています。ただ、マムシに比べると頭が小さいのでマムシともかなり印象は異なります。この体型のせいなのか、ニョロニョロというより、「もーみもーみ」と芋虫のような蠕動運動をしているようにも私には見えます。この体型と比較的小型であること、ゆっくりとした動き、その独特な顔貌、ヘビの中でもかなり可愛らいいのではないかなと思っています。

 

野生下ではヒキガエル中心

 

本種は野生下ではヒキガエルが主な餌となっています。ただ、飼育下では比較的簡単にマウスに餌付くそうです。「そうです」というのは私が飼育した場合には当てはまらなかったためです。実は私のヘビ飼育歴は本種から始まるのですが、当時、本種の餌の間隔などがつかめなくて困っていました。当時は合法だったオークション通販で購入したため、その個体のくせについては理解せずに飼育していたこともあり、ピンクマウスをやっても全く食べようとしませんでした。そこで庭にいたアマガエルを与えたところ、あっという間に食べたのです。それからはアマガエルを採ってきては与える方法をとっていましたが、それも面倒になってきたため、やむなくマウスへ切り替えることにしました。しばらく絶食させ、口を名刺でこじ開けてピンクマウスをねじ込む強制給餌を行うこと数回、やっとマウスに餌付けることが出来たのです。そういう苦労があったので、本種の主食はカエルだけどもマウスも何とか食べてくれるヘビとして認識しています。そのため、マウスは毛の生えたものより毛のないピンクマウスをヘビのサイズに応じて数を調整して与えたほうが良いようです。

 

弱毒を持つヘビ

 

私のような失敗をしないためにも、本種はマウスに餌付いているか信頼できる店員さんによく聞いて購入することをお勧めします。エサを食わないからと言って安易にカエルを与えることは私の経験から強制給餌を行う技術がない場合はお勧めできません。というのも本種は奥歯に弱い毒を持っているからです。人が死ぬほどではないようで、一瞬噛んだだけではほとんど影響がないようですが、海外ではわざとシシバナに長時間咬ませて手がパンパンにはれた画像を見た記憶があります。毒の話の詳細は私ではわかりかねますが、注意にこしたことはありませんので強制給餌はできればしないように。

 

少ないながら品種も確立

(写真引用元:セイブシシバナヘビ wikipedia)

 

本種は少ないながら、いくつかの品種が確立されています。アルビノがもとになった品種が多いようです。数少ない品種の中でも、斑紋が頭部のみのスーパーコンダと呼ばれる品種はかなりかわいいヘビだと思うのですが、私にとってはとても手が出る価格ではありません。比較的手が出やすい価格帯のアルビノもオレンジ色が濃い個体や模様の濃淡がきれいな個体など様々ですので、よく観察してお気に入りの個体を入手してみてください。とは言いながら、ノーマル個体でも十分に楽しめますので、まずは安価なノーマルから始めることをお勧めします。

 

 

関連記事:初心者も大丈夫!ヘビの飼い方を徹底紹介

 

 

ごむくろ

ごむくろ

投稿者の記事一覧

HN:

ごむくろ
自己紹介:

マイナー種嗜好の貧乏アクアリストです

好きな熱帯魚:

古代魚、真胎生メダカ、アジア産魚類(コイ科、ナマズ科、アナバス科)

関連記事

  1. エロンガータリクガメの飼育方法!入門者向けのリクガメ!
  2. 【飼育】ミスジドロガメを飼ってみよう!
  3. 初心者も大丈夫!ヘビの飼い方を徹底紹介
  4. 【初心者向け】ヒョウモントカゲモドキの飼い方!餌・ケージ・保温等…
  5. アオダイショウを飼育してみよう!大人しく毒のない身近なヘビ
  6. クサガメの飼育方法を紹介!外国では希少種のクサガメ
  7. コーンスネークの飼育方法を伝授します!分布から個展まで紹介!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  2. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  3. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  4. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  5. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由
  6. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など

ピックアップ記事

おすすめ記事

まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

こんにちは、おとぼけです。今回から新シリーズになります。アクアリストの皆さん…

ビーシュリンプ飼育に最適な水槽

さて、前回はビーシュリンプについての話をしましたが、今日からその具体的な…

ゼブラダニオの飼育 – 飼い方と混泳繁殖のやり方

さて、前回は水槽の暴れ者、ベタについてお話しましたが、今回は暴れ者つなが…

グッピーの病気の発見方法

グッピーの病気の発見方法グッピーの病気には必ず発病前に兆候があります…

プロトプテルスドロイは幼魚から買うべき?餌など飼育方法を紹介!

プロトプテルス ドロイ ワイルド コンゴ便 《13〜15cm前後》…

ビッグサイズに挑戦するならオスカーがおすすめ!飼育ノウハウを紹介

丈夫で混泳も容易なため、中~大型魚の入門種としてうってつけのオスカー。…

おすすめ記事

  1. グッピーの魅力を映像で追求してみた。撮影の裏側も軽く紹介!
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、ネオンテトラ
  3. 田んぼの珍魚 タウナギってどんな魚?飼育可能な性転換する魚
  4. ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できない相性の悪い生体 
  5. ルリーシュリンプはどんなエビ?餌の与え方や飼育のコツ
  6. メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法
PAGE TOP