メダカの飼育・繁殖

【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?

この記事の所要時間: 232

メダカ

 

泳ぐ姿が見た目にも涼し気なメダカですが、飼う上で気になることがあります。

それは水温。小さな水槽や睡蓮鉢などで飼っていると、

環境によっては水温も上下しやすく、それがメダカのために良くないのでは?

何度から何度まで大丈夫なの?と、心配な人もいるのでは。

今回はその疑問にお答えしていきましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

 

 

一番メダカが元気に過ごせる水温は?

 

まず、メダカが一番快適に過ごせる温度は何度くらいでしょうか。

 

メダカが最も活発になる水温は、18~28度と言われています。

この水温に保たれていると、メダカは活発に動き、餌もよく食べます。

そのため、産卵もしやすいと言えます。

 

メダカは変温動物なので、水温がだんだんと上がるとすれば、

なんと38度まで耐えられると言われています。

 

また、逆に水温が低くても、

例えば氷が張るような冬の寒い時期も池や水槽の中でじっと耐えて生き抜きます。

 

したがって、夏場に水温が30度になっても、

急激に水温が上がったのでなければ、メダカは大丈夫です。

その程度の温度であれば、少し活動が鈍る程度で済むと思われます。

 

しかし、極端に水温が高かったり低かったりする場合は、メダカも弱ってしまいます。

ただし、だからといって、急に水温を上げたり下げたりするようなことをするのもよくありません。

 

水温が高いところにいるメダカを、慌てて冷たい水に放したりすると、

かえって弱ってしまうので、徐々に水温を下げていくようにする必要があります。

水換えのときなどと同じように、水温を合わせてから放すのも大事なことです。

 

 

水温によるメダカの変化

 

18~28度が活発なメダカですが、それ以下の水温や、

それ以上の水温になるとどんな状態になるのでしょうか。

 

水温が15度を下回ると、メダカは活動が鈍くなります。

泳ぐ量が減り、餌をあまり食べなくなります。

さらに水温が10度を下回ると、少ししか泳がなくなり、餌を食べなくなります。

そして、水温が5度を下回るとじっと動かなくなり、冬眠状態のようになります。

 

夏場のメダカの水温は注意

夏場のメダカの水温は注意

 

逆に水温が上がるとどうなるのでしょうか。

水温が35度を超えると動きが鈍くなり、食欲も落ちてきます。

産卵をしても無精卵が多くなります。

さらに水温が38度を超えると死んでしまいます。

こうならないように夏場は注意が必要です。

 

夏場の高温を避けるには

 

夏場に水温が高くなるのを避けるためには、直射日光を避けることが第一です。

水槽が窓際にあるならば、日の当たらない、日陰になるところに置いたり、

遮光性のあるカーテンで日差しを遮ったりする必要があります。

また、冷却用のファンをつけて、涼しい空気を水槽に送り込んだりするのも効果的でしょう。

 

また、外の水槽や、睡蓮鉢などの場合は、

夏になったら直射日光の当たるところから日陰に移すことはもちろん、

よしずなどをかけて日陰を作ってあげることも重要でしょう。

 

冬場の水温の調節について

冬場の水温の調節について

 

大切なメダカに一年中快適な環境で過ごしてもらうためには、

夏であれば水を冷やし、冬であれば水を温める必要があることがわかると思います。

 

冬場で室内がとても寒いときであれば、ヒーターを利用すると良いでしょう。

冬場でも水温が上がれば、メダカは活発に動くようになり、産卵をするようにもなります。

ただし、温度を急激に上げるとメダカが弱ってしまいますので、

調節に気をつけるようにしましょう。

ヒーターを入れて温度を一定にしておけば冬は安心と言えるかもしれません。

 

元気に泳ぎ回るメダカはとても可愛いもの。

いつも元気な姿を見るためにも、水温には気をつけたいものですね。

水温に気をつけることで食欲も旺盛になり、産卵をすることにも繋がるので、

メダカを増やしたい人は特に注意が必要かもしれません。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカの病気の種類と治療方法【保存版】

関連記事:自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界

 

関連記事

  1. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  2. メダカの越冬、冬越、冬眠中の飼育はどうすればいいの?
  3. 野生のメダカは普段、何を食べてるの?
  4. メダカに産卵させる方法と採卵のコツをお伝えします!
  5. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット
  6. メダカの餌の作り方とあげる時間について
  7. 初めてでも大丈夫!メダカの繁殖方法のコツを伝授します!
  8. メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

人気者なのに意外と短命?ヤマトヌマエビで失敗しない8つの方法

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(20匹)手頃なタンクメイトとしてヤマトヌマエビ…

グッピーと混泳できる熱帯魚、ハチェットフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。おとぼけ宅でグッピーを飼育していますが…

稚エビが育つ環境づくりをしよう!

ヌマエビ飼育の初心者です。10月の始めエビ専用水槽を立ち上げ、2か月ほど…

ネオンテトラの飼育方法 – 外掛けフィルターを徹底解説!

「ネオンテトラに最適なフィルターはなにか?」の外掛けフィルターについて、今日は話していきたい…

オスフロネームスグラミーはどんな熱帯魚?飼育方法や生態を紹介!

オスフロネームス・グラミー(Osphronemus goramy)は、…

水草を育生する時は照明ライトは点けっぱなしなの?

前回は水草の重要性について紹介しましたが、今回は水草を飼育する際の…

おすすめ記事

  1. 熱帯魚の王様!ネオンテトラが長年、愛される理由
  2. エンゼルフィッシュの産卵床、水槽内の出排水のパイプを隠すのにも適しているアマゾンソード
  3. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策
  4. 苔に対する生物兵器、レッドラムズホーン、実は突然変異で発生した個体!
  5. ロジクール トラックボール M570を分解して掃除 それでも治らなければ m570 掃除
  6. 自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界
PAGE TOP