メダカの飼育・繁殖

メダカ水槽におすすめ浮き草5選!初心者でも飼育が簡単

 

アクアリウムの楽しみは、魚の飼育だけではありません。

飼育環境を整えて、自然を切り取ったような景観を作るのも醍醐味です。

魚の次に人気のあるのが水草です。

アクアリウムには水草が欠かせません。

それはメダカを主役にした水槽でも同じことです。

自然界にいるメダカは、水草と共存して生きています。

水槽でも水草とメダカの共存を再現出来たら素敵ですよね。

今回は水草の中でも特に相性の良い、浮き草について解説します。

浮き草はメダカにとって大切な役割を果たしているのです。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

[adsense]

 

浮き草の役割とは?

 

浮き草はメダカにとって大切な役割を果たしています。

それぞれ解説していきましょう。

 

・水質の浄化と安定

浮き草は水中の養分と日光で成長します。

水中の養分というのは、メダカの排せつ物から放出されたものです。

排せつ物から放出された養分を放置すると、水質が冨栄養価状態となり水質悪化に繋がります。

浮き草が適度に養分を吸ってくれるおかげで、水質が浄化し安定するのです。

 

・隠れ家

メダカも生き物なので、ストレスを感じて生きています。

特に自分よりも大きい魚と混泳している場合は圧力を常に感じている状態です。

なので、メダカの隠れ家にもなる浮き草はストレス緩和にも役立ちます。

 

・卵の産卵場所

メダカは繁殖も楽しめます。

繁殖では特別な条件は無く、最適な生育環境を整えていれば自然と卵を持ちます。

メダカは水草に卵を産み付ける習性があり、浮き草があればその根に産み付けます。

水槽のような狭い環境では、産み付けた卵を他のメダカに食べられてしまうことがあります。

なのでメダカを安定して繁殖させるには、卵を別の安全な水槽に移す必要があります。

浮き草は水面に浮かんでいるだけなので、卵ごと簡単に移し替えることができるのです。

メダカの繁殖には欠かせない役割を果たしています。

 

・飛び出し防止

水槽でメダカを飼っていると、稀に水面から飛び出してしまうことがあります。

水面を覆うように成長する水草は、飛び出し防止にも役立ちます。

 

浮き草がメダカにとって良い効果をもたらすことがお判りでしょう。

ここからは、メダカ水槽に特に相性の良いおすすめの浮き草を紹介します。

 

ホテイアオイ

 

 

ホテイアオイは浮き草の定番で、ホームセンターでも販売しています。

メダカと相性の良い浮き草として有名で、自然界でも共存しています。

育てれば綺麗な青い花を咲かせるので、ホテイアオイ自体も観賞価値があります。

日当たりが好きな品種なので、太陽光の当たるような場所に置いてあげると良いですね。

しかし寒さに弱く、大きく成長するので扱いずらい一面も。

小さい品種としてミニホテイアオイや、姫ホテイアオイがあります。

室内の水槽には、小さい品種がおすすめです。

 

イチョウウキゴケ

 

イチョウウキゴケはイチョウの葉のような形をした小さめの浮き草です。

育成が簡単で、良く育ち水質の浄化に役立ちます。

あっという間に水面を覆いつくしてしまうので、定期的に間引いて上げると良いでしょう。

 

マツモ(金魚藻)

 

 

マツモはホテイアオイと同じくらいメジャーな水草です。

正確には浮き草ではなく、水中を漂う浮遊性の水草です。

飼育が簡単で、みるみる増えていきます。

 

アマゾンフロックピット

 

 

アマゾンフロッグピットは丸や楕円形をした浮き草です。

放置していても自然と増えるほど丈夫な品種で、メダカ水槽以外にもよく使われます。

特に気をつけることがなく、形もかわいいので初心者におすすめです。

 

オオサンショウモ(大山椒藻)

 

オオサンショウモは形が山椒の葉に似ている浮き草です。

寒さに強く、日当たりが弱くても平気で子株をだしてどんどん成長します。

 

浮き草の注意点

 

浮き草はメダカに無くてはならないものですが、注意すべき点もあります。

丈夫な浮き草はメダカの排せつ物からどんどん養分を吸収して、水面全てを覆うほど成長します。

適度な浮き草は陰になり、メダカの隠れ家として機能しますが水面全て覆ってしまうと光が届かない場所ができてしまいます。

光が届かないとメダカにも良くありませんし、下の浮き草が枯れて水質悪化に繋がります。

また、光を照射しない夜間では浮き草も酸素を消費します。

大量の浮き草があると、メダカに必要な酸素まで消費してしまい、酸欠状態になってしまう恐れがあります。

増えすぎた浮き草は適度に間引いたり、夜間はエアレーションをするなどの工夫が必要です。

 

メダカ水槽におすすめの浮き草まとめ

 

浮き草のメリットと初心者でも簡単に飼育できる浮き草を紹介しました。

注意点については、水面全体を覆う前にトリミングしてあげれば問題無いので、特に心配いりません。

デメリットよりもメリットのほうが遥かに多いので是非入れてあげてください。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカの病気の種類と治療方法【保存版】

関連記事:自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界

 

 

[adsense]

関連記事

  1. メダカ 稚魚3 メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対…
  2. メダカ ガラス水槽 メダカの生態|メダカってどんな生き物なの?
  3. メダカ f メダカの失踪原因は共食い!?水槽から消える原因と対策
  4. メダカの縄張り争い(いじめ)の解消方法 
  5. メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点
  6. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  7. 【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?
  8. メダカの越冬、冬越し対策は水槽選びの時から決まっている!

ピックアップ記事

  1. オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  2. サルビニアククラータ charm2

おすすめ記事

  1. メダカが脱走!?対処法などについてもご紹介 メダカ f
  2. 高級メダカはなんと盗難まで!?知られざる高級メダカの世界 メダカとマツモ2 f
  3. 「世界一醜い生物」!?ブロブフィッシュの生態 ウラナイカジカ科 wikipedia
  4. 深海魚「リュウグウノツカイ」の特徴や寿命は? リュウグウノツカイ wikipedia
  5. 水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介 泡 水槽 f
  6. ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察 ベタ f



おすすめ記事

グッピーと混泳できる熱帯魚セイルフィンプレコ

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなアクアリストのお…

幻の深海生物ユウレイイカの生態に迫る!全身イルミネーションの深海魚

夏真っ盛り。夏まつりでは屋台の食べ物も楽しみですよね。焼きトウモ…

ビオトープの天敵!アオミドロの対策方法

室内の水槽で熱帯魚を飼育するのとはまた違った魅力のあるビオトープ。…

アクアリウムデビューの前に水槽をどこに設置するか問題

今回はこれからアクアリウムを始めたいと思っているアクアリスト入門者向けの…

メダカ 稚魚3 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策

稚メダカ育成で最初の壁となるのが水替えと餌やり。今回は稚魚水槽の…

グッピーとは混泳してはいけない、ノソブランキウス ギュンテリー レッド の紹介

こんにちは、おとぼけです。早速ですが今回もグッピーと…

おすすめ記事

  1. アフリカンランプアイの飼い方と繁殖や餌などの飼育方法
  2. 【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法
  3. 拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します
  4. 【絶対押えておくべき】アクアテラリウムでオススメしたい水上植物9選!
  5. 天然海水を飼育に使おう!天然海水のお得な買い方と珊瑚の白化
  6. 犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!
PAGE TOP