メダカの飼育・繁殖

メダカ水槽のソイルの交換時期と掃除の仕方




メダカ f

 

水草を使ったメダカ水槽にはソイルが欠かせません。ソイルとは土を粒上に焼き固めた低床で、メダカと水草のどちらにも良い環境を作り出します。

今回はメダカ水槽のソイルの交換時期と長持ちする掃除の仕方を紹介します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

関連記事:睡蓮鉢ビオトープはメダカの初心者飼育に最適な理由

 

 

メダカと相性の良いソイルとは?

 

 

ソイルとは土を粒上に固めた低床で、微生物が住み着きやすく、栄養成分を初めから含んでいるのが特徴です。メダカの低床として使われる事がある、赤玉土と作り方が似ています。赤玉土も土を焼き固めたもので、園芸用品として販売されています。

 

安価でメダカ飼育に適していることから、屋外の睡蓮鉢や発泡スチロールのビオトープで使われることがあります。大量の低床を必要とする屋外ビオトープでは赤玉土、屋内の水草水槽ではソイル、と使い分けるのが良いでしょう。

 

ソイルは水草の根に栄養を与える効果や、水質のPHを調整する効果があります。メダカのような生体よりも水草に有効な低床です。メダカ水槽でソイルを使いたい場合は、各メーカーが販売しているメダカ専用ソイルを選びましょう。

 

メダカ専用ソイルは水質のPHをメダカの好む中性から弱酸性で安定させる効果があります。水草専用ソイルと違い、メダカの好む水質を作り出しくれるのが特徴です。

 

 

メダカ専用のソイルで選ぶ場合:ソイルの色を意識

 

 

他にはソイルの色にも気をつけましょう。飼育するメダカと反対色のソイルを選ぶと、メダカの魅力を引き出せます。例えば黒いメダカを飼育するなら、反対の白っぽいソイルを選ぶとメダカの体色が引き立ちます。現実は中々白いソイルなんてありませんので、なるべく色の薄いソイルを選ぶと良い、ということです。

 

メダカは白や透明の品種が多いので、メダカ専用ソイルは活性炭を含んだ黒いソイルが主流となっています。

 

メダカ水槽のソイルの交換時期

メダカ f

 

ソイルは使い続けると経年劣化で形が崩れて泥状に変化します。一般的に泥状になったソイルは寿命を迎えたと言われ、交換時期の目安となっています。一部の水草水槽ではソイルが泥状になっても使い続けることがありますが、メダカをメインとした水槽では辞めておきましょう。

 

ソイルの粒が経年劣化で泥状になると通気性が悪化し、嫌気性細菌が増え続けます。嫌気性細菌とは生育に酸素を必要としない細菌のことです。一定数の嫌気性細菌は問題ありませんが、長く泥状のソイルを放置して嫌気性細菌の温床になると、低床に溜まった汚れが舞い上がった時にメダカに悪影響を与える可能性があります。

 

ソイルの交換時期は製品によって変わります。具体的には「粒が崩れて泥状になってきた」「水質調整機能が衰えたら」この2点が気になってきたら交換時期です。吸着系のソイルや水草の栄養成分がメインのソイルの場合は約1年で交換時期と言われますが、メダカ水槽のソイルなら約2年を目安にすればよいでしょう。

 

メダカ水槽のソイルの掃除の仕方

 

 

ソイルは大磯砂や田砂のように、ホースを使ってガシガシ掃除ができません。乱暴に扱うと粒が潰れてしまい、ソイルの寿命を速めてしまいます。メダカ水槽のソイルの掃除ではスポイトや水流の弱いホースで、低床の汚れが舞い上がらないように慎重に掃除します。

 

水質の汚れが酷い水槽は週に一回程度、あまり汚れが気にならない水槽であれば一ヵ月に1.2回程度の掃除で十分です。いままで大磯沙や田砂のような砂利系の低床を使ってきた人は抵抗があるかもしれませんが、ソイルはあまり手を加えないのが良いとされています。ソイルを掘り返すように掃除をすると、蓄えられた栄養成分や汚れが水槽内に舞い上がり、水質バランスを急激に傾けてしまいます。

 

すると根づいていない水草が浮いてしまったり、メダカに不調が表れたり、苔が急激に増殖したりするのです。ソイルは水質を浄化する微生物が住み着きやすい低床なので、自浄作用をしっかりと効かせる環境を作り出すことが重要です。

 

メダカ水槽のソイルの交換時期と掃除の仕方まとめ

メダカとマツモ2 f

 

メダカ単体の水槽にはソイルが必須ではありませんが、エビや水草と一緒に水景を作り上げたいならソイルは欠かせません。色々な種類のアクアリウム用品を試すと知識の幅が広がりますし、楽しさにも繋がるので、砂利系の低床しか使ったことが無い人でもソイルにチャレンジしてみてください。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカの病気の種類と治療方法【保存版】

関連記事:メダカと水草を育てるならおすすめの低床は専用ソイル!

 




関連記事

  1. メダカ f メダカの立ち泳ぎ病の治し方、立ち泳ぎの原因と対策
  2. 黒メダカとスイレン栽培をはじめるなら冬からやるべき!
  3. メダカと水草を育てるならおすすめの低床は専用ソイル!
  4. 【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?
  5. 白メダカ 初めてでも大丈夫!メダカの繁殖方法のコツを伝授します!
  6. メダカ 稚魚3 メダカの稚魚に水流はNG!稚魚の生存率を高めるには?
  7. スドー メダカの天然珠塩 amazon メダカを塩浴させる塩水の作り方!塩水の正しい計算方法
  8. ビオトープ メダカ f これをやれば大丈夫!夏場のメダカ飼育の対策とメンテナンス方法

ピックアップ記事

  1. ウラナイカジカ科 wikipedia
  2. 金魚 f

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

地上で熱帯魚を飼うだいご味?マッドスキッパーの飼育に挑戦

魚でありながら水を嫌う奇妙な魚、それがマッドスキッパーです。(別名:ミナ…

もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策

どんなに気をつけていてもいつの間にかじわじわ出てくるアクアリウムの大敵。…

【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育方法

メダカや和金、ミナミヌマエビなどはビオトープにお…

【保存版】カメの病気が症状ごとにわかる!治療法を徹底解説!

前回(【絶対覚えておくべき】ペットショップでの上手な亀の個体選びと注意点!)少し亀さんの病気…

水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリットまとめ!

近所のホームセンターに併設されているアクアリウムショップの水…

水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリストの素朴な疑問解消

餌の残りカスや熱帯魚の排泄物により飼育水は悪化していきます。そこ…

おすすめ記事

  1. バックスクリーンひとつで水槽はこんなに変わる!意味と効果と色別を紹介!
  2. 水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!
  3. デンキナマズはどんな魚?電気ナマズの飼育方法も案内
  4. 【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性
  5. 野生のメダカは普段、何を食べてるの? メダカ f
  6. レッドビーシュリンプの繁殖と抱卵期間について
PAGE TOP