メダカの飼育・繁殖

メダカ水槽のソイルの交換時期と掃除の仕方




メダカ f

 

水草を使ったメダカ水槽にはソイルが欠かせません。ソイルとは土を粒上に焼き固めた低床で、メダカと水草のどちらにも良い環境を作り出します。

今回はメダカ水槽のソイルの交換時期と長持ちする掃除の仕方を紹介します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

関連記事:睡蓮鉢ビオトープはメダカの初心者飼育に最適な理由

 

 

メダカと相性の良いソイルとは?

 

 

ソイルとは土を粒上に固めた低床で、微生物が住み着きやすく、栄養成分を初めから含んでいるのが特徴です。メダカの低床として使われる事がある、赤玉土と作り方が似ています。赤玉土も土を焼き固めたもので、園芸用品として販売されています。

 

安価でメダカ飼育に適していることから、屋外の睡蓮鉢や発泡スチロールのビオトープで使われることがあります。大量の低床を必要とする屋外ビオトープでは赤玉土、屋内の水草水槽ではソイル、と使い分けるのが良いでしょう。

 

ソイルは水草の根に栄養を与える効果や、水質のPHを調整する効果があります。メダカのような生体よりも水草に有効な低床です。メダカ水槽でソイルを使いたい場合は、各メーカーが販売しているメダカ専用ソイルを選びましょう。

 

メダカ専用ソイルは水質のPHをメダカの好む中性から弱酸性で安定させる効果があります。水草専用ソイルと違い、メダカの好む水質を作り出しくれるのが特徴です。

 

 

メダカ専用のソイルで選ぶ場合:ソイルの色を意識

解説ポイント f

 

他にはソイルの色にも気をつけましょう。飼育するメダカと反対色のソイルを選ぶと、メダカの魅力を引き出せます。例えば黒いメダカを飼育するなら、反対の白っぽいソイルを選ぶとメダカの体色が引き立ちます。現実は中々白いソイルなんてありませんので、なるべく色の薄いソイルを選ぶと良い、ということです。

 

メダカは白や透明の品種が多いので、メダカ専用ソイルは活性炭を含んだ黒いソイルが主流となっています。

 

メダカ水槽のソイルの交換時期

メダカ f

 

ソイルは使い続けると経年劣化で形が崩れて泥状に変化します。一般的に泥状になったソイルは寿命を迎えたと言われ、交換時期の目安となっています。一部の水草水槽ではソイルが泥状になっても使い続けることがありますが、メダカをメインとした水槽では辞めておきましょう。

 

ソイルの粒が経年劣化で泥状になると通気性が悪化し、嫌気性細菌が増え続けます。嫌気性細菌とは生育に酸素を必要としない細菌のことです。一定数の嫌気性細菌は問題ありませんが、長く泥状のソイルを放置して嫌気性細菌の温床になると、低床に溜まった汚れが舞い上がった時にメダカに悪影響を与える可能性があります。

 

ソイルの交換時期は製品によって変わります。具体的には「粒が崩れて泥状になってきた」「水質調整機能が衰えたら」この2点が気になってきたら交換時期です。吸着系のソイルや水草の栄養成分がメインのソイルの場合は約1年で交換時期と言われますが、メダカ水槽のソイルなら約2年を目安にすればよいでしょう。

 

メダカ水槽のソイルの掃除の仕方

 

 

ソイルは大磯砂や田砂のように、ホースを使ってガシガシ掃除ができません。乱暴に扱うと粒が潰れてしまい、ソイルの寿命を速めてしまいます。メダカ水槽のソイルの掃除ではスポイトや水流の弱いホースで、低床の汚れが舞い上がらないように慎重に掃除します。

 

水質の汚れが酷い水槽は週に一回程度、あまり汚れが気にならない水槽であれば一ヵ月に1.2回程度の掃除で十分です。いままで大磯沙や田砂のような砂利系の低床を使ってきた人は抵抗があるかもしれませんが、ソイルはあまり手を加えないのが良いとされています。ソイルを掘り返すように掃除をすると、蓄えられた栄養成分や汚れが水槽内に舞い上がり、水質バランスを急激に傾けてしまいます。

 

すると根づいていない水草が浮いてしまったり、メダカに不調が表れたり、苔が急激に増殖したりするのです。ソイルは水質を浄化する微生物が住み着きやすい低床なので、自浄作用をしっかりと効かせる環境を作り出すことが重要です。

 

メダカ水槽のソイルの交換時期と掃除の仕方まとめ

メダカとマツモ2 f

 

メダカ単体の水槽にはソイルが必須ではありませんが、エビや水草と一緒に水景を作り上げたいならソイルは欠かせません。色々な種類のアクアリウム用品を試すと知識の幅が広がりますし、楽しさにも繋がるので、砂利系の低床しか使ったことが無い人でもソイルにチャレンジしてみてください。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカの病気の種類と治療方法【保存版】

関連記事:メダカと水草を育てるならおすすめの低床は専用ソイル!

 




関連記事

  1. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット
  2. メダカとマツモ2 f 旅行中のメダカの餌はどうする?何日なら餌なしで大丈夫?
  3. メダカ f 室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要?
  4. 水流 f メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  5. 黒メダカとスイレン栽培をはじめるなら冬からやるべき!
  6. メダカの越冬、冬越し対策は水槽選びの時から決まっている!
  7. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  8. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【2019年版】ボトルアクアリウムにおすすめの水草17選 メダカ ガラス水槽
  2. 旅行中のメダカの餌はどうする?何日なら餌なしで大丈夫? メダカとマツモ2 f
  3. メダカに適切な餌の量は?餌を与える時間帯とは? ヒカリ (Hikari) メダカのエサ 産卵・繁殖用 産卵繁殖用 130g amazon
  4. メダカの目が大きくなったら注意!ポップアイという病気の症状と原因
  5. メダカを睡蓮鉢で飼育時の掃除方法!底を奇麗に保とう メダカ 睡蓮 s
  6. メダカを塩浴させる塩水の作り方!塩水の正しい計算方法 スドー メダカの天然珠塩 amazon



おすすめ記事

熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法

やぁ、兄弟。調子はどうだい?おとぼけは元気ですぜ。この時期になると外の気温もだい…

レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?

紅白の縞模様が可愛らしいレッドビーシュリンプ。そのレッドビーシュ…

グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説

人間の1つの楽しみである食事。食事をおいしく味わいながら食べることは、心とからだにとって…

ネオンテトラの飼育方法 – 底面フィルターを徹底解説!

今日は、「ネオンテトラに最適なフィルターは何か?」の底面フィルター編になります。個人…

ネオンテトラの飼育方法 – 外掛けフィルターを徹底解説!

「ネオンテトラに最適なフィルターはなにか?」の外掛けフィルターについて、今日は話していきたい…

水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなアクアリストのおとぼけです。…

おすすめ記事

  1. 水槽のリセット方法徹底解説!余裕を持って計画してスムーズなリセットを!
  2. これで完璧!流木のアク抜き方法をマスターし茶色い水とはおさらば!
  3. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました!
  4. はじめての海水魚飼育 – 水槽の大きさはどうすればいいの?
  5. コリドラスと工夫次第では混泳出来る熱帯魚リスト
  6. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、モンクホーシャ
PAGE TOP