メダカの飼育・繁殖

メダカにエアーポンプは必要?エアレーションと水流の関係を解説!





 

 

アクアリウム未経験の人でも水槽に酸素を供給するエアレーションはご存知ですよね。ブクブクと呼んで、子供のころにお祭りで採ってきた金魚に使ったことがある人もいるのではないでしょうか。エアーポンプを使ったエアレーションは、水槽に酸素を供給するだけでなく、水流を生み出す役割もあります。

 

実はエアレーションが必要がどうかは、魚の種類と水槽の環境によって変わります。今回は、メダカを飼育するときにエアレーションが必要なのか?について解説します。食欲もあり、水質にも問題がないのに原因不明の死亡に悩まされている人は、もしかしたら酸欠かもしれません。

 

エアレーションの添加によって定期的な死亡が止まったケースもあるので、参考にしてください。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

関連記事:睡蓮鉢ビオトープはメダカの初心者飼育に最適な理由

 

 

エアーポンプの役割とは?

 

 

エアーポンプとは、水槽に空気を送り込み、水の中に酸素を供給して、メダカが酸欠にならないようにするものです。自然界では水流や水草の光合成によって水の中に自然と酸素が供給されます。しかし水槽では、人為的に水流や水の落ち込みを再現しないと酸素が供給されません。そこで酸素の供給を目的にエアーポンプでエアレーションを行うのです。

 

 

メダカにエアレーションが必要かは環境次第

メダカ f

 

メダカはエアレーションが無くても環境次第では元気に育ちます。例えばブクブクと呼ばれるエアーポンプと繋いで使う投げ込み式フィルターを使えば十分に酸素が供給されます。他にも外掛け式のフィルターでは濾過された水が水槽内に落ち込むので、そこで酸素が巻き込まれます。

 

水槽の上に設置する上部フィルターも、フィルター部分で空気と水が触れ合うので十分に酸素は十分です。投げ込み式や外掛け、上部フィルターを使えばほとんどの場合メダカには十分な酸素が供給されます。しかし外部式フィルターや、過密飼育、水草が大量にある水槽ではエアレーションが必要です

 

外部式フィルターはその他のフィルターと違い、水と空気が触れることがありません。排水口を水面に向けて、水流を作って水と空気が触れるような工夫が必要です。過密飼育ではメダカに必要な酸素が多くなるので、エアレーションで供給したほうが安心です。

 

水草は昼間日光が当たっている時は光合成で、二酸化炭素を消費し酸素吐き出します。しかし日光の当たらない夜間は、メダカと同じように酸素を消費して二酸化炭素を吐き出します。水草の多い水槽は、夜間に酸欠の恐れがあるので注意が必要です。

 

エアレーションの注意点

メダカとマツモ f

 

メダカ水槽にエアレーションを添加する時は水流に注意しましょう。メダカは水流の緩やかな場所を好んで生息します。池や田んぼ、緩やかな川などですね。エアレーションは空気を水槽に送り込むのですが、その際にどうしても水の流れが発生します。

 

水質を考えれば多少の水の流れはあったほうが良いのですが、強すぎる水流はメダカの負担になります。メダカは水流に対して逆流するように泳ぐので、常にエアレーションを添加しているとどんどん体力が削られます。エアレーションを添加するときは、メダカの泳いでいる様子を伺いながら設置場所を試行錯誤してください。水槽の大きさにもよりますが、メダカであればエアーポンプの大きさは最小限で十分です。

 

一日中エアレーションを添加する必要も無いので、1日数時間と期間を決めるのも良いですね。

 

メダカとエアレーションの関係性まとめ

 

 

メダカ水槽とエアレーションについては所説ありますが、筆者は効果的と考えています。もちろん水槽の環境によっては十分酸素が供給されるので必要ない場合もあるでしょう。フィルター排水で水流があり、水草が少なく夜間に酸欠の心配が無い水槽ならエアレーションは必要ないかもしれません。

 

水流の作りにくい外部水槽を使っているなら、時間を限定してエアレーションを添加したほうが良いでしょう。メダカ水槽にエアーポンプを使ったエアレーションを添加するときは、必ず水流の強さと時間に注意してくださいね。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:知っておきたいエアレーションの基本と効果や意味

関連記事:メダカと水草を育てるならおすすめの低床は専用ソイル!

 




関連記事

  1. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適…
  2. メダカ水槽の頼れる相棒!ドワーフフロッグビットの育て方と冬越し対…
  3. メダカ 稚魚3 メダカの稚魚に水流はNG!稚魚の生存率を高めるには?
  4. メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方
  5. メダカの越冬、冬越し対策は水槽選びの時から決まっている!
  6. ビオトープ メダカ f これをやれば大丈夫!夏場のメダカ飼育の対策とメンテナンス方法
  7. ホテイアオイ f これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方
  8. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット

ピックアップ記事

  1. パールグラス amazon
  2. お腹が苦しいグッピー

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

カブトガニの血液はなぜ青い?医療の世界で役立てられる青い血事情

カブトガニの血が青いことをご存知ですか?ずらりと並んで縛りつけら…

ホルスタイン・タティアを飼おう!「カワイイ」を小さな水槽で!

(熱帯魚)ホルスタイン・タティア(1匹) 北海道・九州航空便要保温「え、ナ…

【飼育】ミスジドロガメを飼ってみよう!

暑さのピークも過ぎ、人にとっても…

ディスカスの飼育ノウハウを伝授します!水槽・ろ過・水質・水温・病気

ディスカスは、その優雅に泳ぐ姿から熱帯魚の王様と呼ばれています。…

【迷ったらこれ!】熱帯魚のおすすめ生態の組み合わせ一覧

熱帯魚を混泳させたいときに、水質や環境などの違いから混泳には…

オスカーとパロットファイヤーを混泳してみた!

お久しぶりですね^^おとぼけジュニアです!!今回タイトルとおり、我が家で飼育している…

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  2. 水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!
  3. 進化の歴史を感じさせる独特のルックス!ポリプテルスを育ててみよう!
  4. 初心者でも安心!簡単に繁殖がしやすい熱帯魚を厳選!
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  6. 美しい体色の熱帯魚ベタの冬場の適正な水温は? ベタ f2
PAGE TOP