はじめての深海

究極の愛の形、雄の壮大な人生と呆気無い最期、オニアンコウの一種を紹介

この記事の所要時間: 135

やぁ、兄弟。調子はどうだい?
おとぼけは元気ですぜ。
今回も「はじめての深海魚シリーズ」の紹介です。
今まで異形をした深海魚を紹介しましたが、今回は異形というより
また変わった特種をしている深海魚の紹介です。

内蔵まで透けている、体全体がスケルトン状になっているオニアンコウの一種

Interesting-Fish-Facts-Angler-Fish-1

(photo by http://raleighncs.blogspot.com/)
この深海魚は体のスケルトン状に透けており皮膚を通し、内蔵まで透けて見える変わった深海魚です。
オニアンコウの生態・データ

オニアンコウの一種

Soft Leafvent Angler

Haplophryne mollis
生息水域: 1000m ~4000m
体長は約8cm
メスの体長は5~10cm

メスに対してオスは、成魚なのに6ミリメートルという小型のオスも頻繁に発見されている。

オスはメスを見つけると、種の繁栄のためにもしがみつき、省エネで浮遊で移動を繰り返しています。

 

深海でオスとメスが出会う確率の低さは少ない

Hap-mollis_hero

(photo by fishesofaustralia)

餌も乏しく、暗く冷たい深海で、オスとメスが出う確率は非常に稀です。
そのため、オスはメスを見つけるために省エネ浮遊で移動を繰り返し、種の繁栄のために
メスに出会うと鍵状の歯でメスの体をがっちりとかじりつきます。

そして一度かじりつくと、もう離れません。

 

 

一度ガッチリホールドした雄のオニアンコウの一種、その後は・・・・

Ichthyology

(photo by australianmuseum

一度ガッチリとホールドした雄のオニアンコウは内蔵がやがて縮小して、
血管はメスにつながり、栄養も酸素もメスから得るようになります。

つまり雄と雌が一体化してしまうのです。

精子を作ることにのみに集中した雄オニアンコウの最期

雌オニアンコウにガッチリホールドした雄のオニアンコウは、
精子をつくることだけとなり、役目を終えると、やがて雌に吸収されてしまい
最終的には雌のオニアンコウの一部になってしまいます。

そして一部になってしまったオニアンコウは人間でいうとイボのような存在になります。

一度、雌のオニアンコウに吸収されると、
完全に一体化して最期は吸収されてしまうのです。

中には一時的に付着して離れるオニアンコウも存在する

1187246361

(photo by animal.memozee)

一部は繁殖期だけ一時的に付着して離れてしまう種もいます。

しかし雄の最期は、雌に付着して吸収されてしまうという
雄のオニアンコウは幸せかどうかは分からないが究極の愛のカタチですね。
この雄のオニアンコウは果たして吸収後も自我があるのか
それとも完全に個としての生命が消滅してしまうのか気になるところですが、
更なる研究報告を期待しています。

 

関連記事:まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

 

 

 

編集後記:

今日は1日中、WPのテンプレートを探していました。

国内のテンプレートも扱いやすいですが、やはり各国のWPはデザインも豊富でセンスもいいですね。

当サイトもサイトのリニューアルを終えたばかりですが、どうしてもまた、サイトをリニューアルしたい病に陥ってしまいます。

短期間にリニューアルを繰り返すと、視聴者も疲れてくると思うので、月に10%ずつでもサイトを一部リニューアルをして

1年後には気づかないうちに完全リニューアルになっていた!という感じにもっていけたらと思います。

当サイトを今後共よろしくです。

それじゃ、またお会いしましょ。

ばいちゃ!

 

関連記事

  1. 幻の深海生物ユウレイイカの生態に迫る!全身イルミネーションの深海…
  2. フウセンウナギは深海のアナコンダ、まるでエイリアンのような形をし…
  3. 熱水300℃を超える熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビ
  4. 神秘的な怪魚、頭が透明な深海魚デメニギスの生態と近年の研究報告を…
  5. ノコギリザメの生態が神秘的!海水と淡水を行き来できる深海生物
  6. 見た目はグロいけど実は美味しい深海魚7選
  7. ラブカをもっと知ろう!深海の生きた化石でもある古代サメの魅力
  8. まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

ピックアップ記事

  1. きらーん

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

  1. お腹が苦しいグッピー

おすすめ記事

ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1

さて、前回はビーシュリンプの飼育をする上で、どの底床を選ぶかというお話を…

初心者でも安心!簡単に繁殖がしやすい熱帯魚を厳選!

熱帯魚の楽しみの一つとして、繁殖があります。犬や猫のようなペットより…

アオダイショウを飼育してみよう!大人しく毒のない身近なヘビ

アオダイショウ(Elaphe climacophora)はナミヘビ科ナメ…

初心者のための海水魚飼育(飼い方)淡水魚と海水魚の違いを徹底解説!

アクアリウムと一言で言っても、海水魚と淡水魚の2つに分かれます。今まで説明してきたの…

稚エビが育つ環境づくりをしよう!

ヌマエビ飼育の初心者です。10月の始めエビ専用水槽を立ち上げ、2か月ほど…

誰でも簡単!自作CO2キットの作り方♪水草を青々ときれいに生育させたいならCO2添加!

水草を導入してるときに、なかなかうまく育ってくれなかったりして、すぐ枯ら…

おすすめ記事

  1. グッピーのためのエアレーション
  2. 【これはすごい!】美しいアクアテラリウムの世界!アクアテラリウムとはどんなものか?
  3. グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ
  4. オスフロネームスグラミーはどんな熱帯魚?飼育方法や生態を紹介!
  5. 【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?
  6. ノコギリザメの生態が神秘的!海水と淡水を行き来できる深海生物
PAGE TOP