海水魚

はじめての海水魚飼育 – 水槽の大きさはどうすればいいの?

この記事の所要時間: 315

熱帯魚 s

さて、今回は具体的な飼育の話ですが、まずどれくらいの大きさの水槽を使って飼育すればよいのかを書きます。

淡水水槽の水槽だと、45cmから60cmがベストだという話をしましたが、海水水槽はどうでしょうか?

 

前回記事:初心者のための海水魚飼育(飼い方)淡水魚と海水魚の違いを徹底解説!

 

 

海水水槽につかう水槽について

これは何を飼うかにもよりますが、大きく分けて2種類の答えになります。

まず、イソギンチャクや珊瑚の飼育を全く考えずに、ライブロックと魚のみで飼育する場合。

また、イソギンチャクや珊瑚の飼育を考え、魚と共存させる場合の2つが考えられます。

 

海水魚を飼育するのに最低限必要な水槽の大きさ

アクアリウム フィルター 選び方

では、ライブロックと魚のみで飼育する場合ですが、こちらはみなさんが考えているほど難しくはありません。

海水は難しいという話を耳にして海水の導入に恐怖を持っている淡水のアクアリストたちに言いたいです。

海水魚は難しくないと。

 

海水水槽で難しいのはイソギンチャクや珊瑚の飼育であって、魚自体はそれほど難しくはありません。

例を出すと、カクレクマノミ1匹を飼育するのに必要な水槽の大きさは30cmで十分です。

 

そのくらい気軽に始められるものなんです。

もちろん、温度変化や水質変化のことを考えれば、淡水と同じく60cmがベストでしょうが、飼おうと思えば30cmから始められるものだと思ってください。

 

海水魚を飼育するのに理想的な水槽の大きさ

では30cm水槽がベストかと言われれば、それは話が別です。

30cm水槽では混泳にも限りがありますし、最大でも小型のスズメダイを2~3匹、ヤドカリ、貝、エビを1匹ずつくらいが限度でしょう。

 

これだと少し寂しい気がしますし、だんだんと生体を増やしたくなってきますのでできればスタンダードな60cmにするのがいいと思います。

このくらいだと設置や水換えもそれほど問題ないのでそこまでめんどうではないと思います。

なにより、海水水槽に慣れてきて、次はイソギンチャクや珊瑚を飼いたいを思った時に、ギリギリなんとかなるサイズというのもいいところだと思います。

 

イソギンチャクを飼育するのに必要な水槽の大きさ

また、イソギンチャクや珊瑚の飼育を考える場合ですが、こちらは30cmでは物足りないと思います。

この場合、最低でも60cm以上を選んだほうがいいです。

できれば90cm水槽から始めてほしいです。

 

と、いうのも、イソギンチャクや珊瑚は水質の変化に弱く、栄養素が足りなくなるとすぐに元気を失ってしまいます。

30cm水槽だと水質の調整が非常にシビアになり、メンテナンスが困難になります。

 

30cm水槽だと水が蒸発して塩分濃度が大幅に変化する事がありますが、

90cmだとゆるやかに変化しますのでイソギンチャクや珊瑚でも飼育しやすいと思います。

 

はじめての海水魚飼育 30cm水槽動画


セット内容
・水槽(30cm)
・LEDライト
・エアーポンプ
・ペットショップの海水(2リットル)
・クマノミ1匹、やどかり1匹
・ライブロック 小4個
・人工海水の素
・プロテインスキマー
・海水濃度を測る器具

 

1年後には小さいヒトデも同居していたりと30cm水槽で無事に飼育できているようですね。

 

まとめ

クマノミ

と、いうことで、海水魚を飼育することだけを考えるならば、淡水水槽と同じく60cmからで大丈夫です。

海水水槽は難しいとよく耳にするから90cmや120cmで始めなければいけないということはありません。

 

むしろ、海水水槽の面白さを知るために30cm水槽で手軽に始めるのもありだと思います。

カクレクマノミ1匹にヤドカリ1匹とライブロックなんかでも面白いと思います。

 

ライブロックから小さなカニやなまこやヒトデが出てくることもありますし、そういうのを見るだけでも感動します。

イソギンチャクや珊瑚を飼育する場合は少し本格的にすることになりますので、水槽の大きさは60cmは最低でもほしいところです。

 

こちらは、アクアリストの方々が言っているように「海水は難しい」の対象になりますので、手軽に簡単には始めることはできないかもしれません。

とはいえ、何事も挑戦ということで、30cm水槽でイソギンチャクを始めるというのもいいかもしれませんね。

 

 

 

よく読まれている記事

photo credit: Pet bottles via photopin (license)

photo credit: Pet bottles via photopin (license)

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ自己紹介:
60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)

好きな熱帯魚:
コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. 海水魚の飼育初心者に捧ぐ!外掛け、スポンジ、水中、底面フィルター…
  2. 海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバ…
  3. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミ…
  4. 【初心者でも大丈夫】ソフトコーラルとイソギンチャクを飼育してみよ…
  5. まだ照明選びで迷っているの?海水魚飼育で珊瑚やイソギンチャクを育…
  6. 初めての海水魚ならこれだ!ヤエヤマギンポ、ハタタテハゼ、ヤドカリ…
  7. コレで安心!海水水槽のおすすめの底砂をご紹介
  8. 天然海水を飼育に使おう!天然海水のお得な買い方と珊瑚の白化

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

ブルドッググーディドの飼育方法を紹介!怪魚マニアも納得の格好よさ

ブルドッググーディッド(Allophorus robustus)を知っている人は…

ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

さて、今日はビーシュリンプについてお話していこうと思います。今ま…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、エンゼルフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーとは混泳してはいけない熱…

水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ

全国のアクアリストの皆様、こんにちは。魚は食べるのも眺めるのも大…

プロトプテルスドロイは幼魚から買うべき?餌など飼育方法を紹介!

プロトプテルス ドロイ ワイルド コンゴ便 《13〜15cm前後》…

グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス

こんにちは、おとぼけです。今回も恒例のグッピーとの混泳を出来る熱…

おすすめ記事

  1. 水槽のコケ対策にオススメな生体一覧をまとめて紹介
  2. クラウンローチ飼い込みガイド!横になって眠る姿に癒される♪
  3. 苔(コケ)との仁義なき戦いも今日までだ!コケ取りDXを導入!
  4. ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2
  5. マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の餌にもなる水草
  6. 熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた
PAGE TOP