メダカの飼育・繁殖

丸っこい淡い色彩のハイランドカープが美しすぎる!飼育方法を紹介

この記事の所要時間: 218

ハイランドカープ 引用 ハイランドカープ (ペア)

ハイランドカープ(High Land carp)と呼ばれるものの、コイの仲間ではありません。

メキシコの高地、ナヤリト州からハリスコ州にかけて分布する

真胎生メダカと呼ばれるメダカの仲間です。

丸っこい淡い色彩が魅力のかわいらしい魚です。

San marcosと呼ばれるより色彩の強い地域変異も知られています。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

真胎生メダカとは

女性

 

グッピーなど卵胎生メダカ(ライブベアラー)と同じく体内受精を行いますが、

子供の腹から伸びた数本の栄養リボンとよばれる気管を通じて

母体からの栄養が供給されるという哺乳類のような繁殖生態をもつ極めて珍しい魚です。

生まれた直後の稚魚はこの栄養リボンを付けた状態でしばらく過ごします。

ちなみに仔魚とは孵化直後から各鰭の原基ができるまでの段階となります。

次に、稚魚は鰭条数や脊椎骨数が種の特徴を示すもののほかの部分はまだ種の特徴を表していない段階、

その後すべての種の特徴が出揃った状態になります。

ハイランドカープはいきなり稚魚から幼魚の状態で生まれてくることになります。

これが何を意味するかと言えば、すでに成魚に近い体型をしていれば、

餌も赤虫など大型のサイズをいきなり食べることもでき、

成魚ほどではないにしてもそれなりに遊泳力もあります。

そのため、死亡率も低く抑えることが出来ます。

一回に生まれる稚魚は10から30匹前後と魚としては極めて少ない数を出産します。

K戦略のハイランドカープ

水質 f

 

余談ながら生物はいかに多くの子供(遺伝子)を残すことが至上命題なのですが、

その戦略には主に二つあります。

死亡する子供が多かったり、攪乱がおこりやすかったりする不安定な環境に

対応するために少しでも多くの子供を産んでいく方法(r戦略)、

もう一つが安定した環境ながら生物間の競争の激しい熱帯雨林などで少数精鋭の子供を確実に

残す方法(K戦略)に分けられます。

ハイランドカープなどグーデア科の魚は後者のK戦略をとっていると言えます。

 

絶滅が心配されるグーデア科

水質 f

 

グーデア科の魚17属40種ほどが知られており、

Zoogoneticus tequilaやCharacodon laterarisなどその多くが絶滅の危機に瀕しており、

真胎生マニアにはおなじみのAmeca splendensにいたっては現存する個体は飼育下のみで、

野生下では絶滅してしまっているような種もいます。

現地情報はよくわからないものの先述したK戦略をとる魚ですから安定した環境に生息している可能性が考えられ、

少しの開発(攪乱)にも弱いグループと言えるのではないでしょうか?

 

夏の高温に注意すれば飼育の簡単な魚

夏場

 

そんな希少種を含むグーデア科ですが、ハイランドカープは養殖が進んでいるのか、

比較的コンスタントに入荷が見られ、

特に地域変異のサンマルコスは小型美魚を扱っているショップではよく売りに出されています。

本種はグーデアの中でも比較的丈夫な魚です。

「比較的」と書いた理由は高温にさえ気を付ければという条件が付きます。

高地にすんでいるせいか、暑さに弱い面があります。

ですから夏は30℃未満に抑えるように水槽用冷却ファンを使うことが必須です。

飛び出すことはありませんから、ふたを開けてファンを回せば大丈夫です

(蒸発のし過ぎに注意し、逐一給水しましょう)。

 

ハイランドカープの餌と水質

 

 

餌は配合や冷凍赤虫をよく食べます。

水質は若干アルカリに傾けたほうが良いようで、

サンゴ砂などを入れてもいいでしょう。

生まれた稚魚も大きいためいきなり赤虫を食べます。

 

ハイランドカープの混泳について

ポイント 女性

 

相手に致命傷を与えることはありませんが、個体間で若干の争いがあります。

そのため1ペア以上であれば、36㎝から45㎝水槽くらいの余裕が欲しいところです。

他種と混泳はさせたことはありませんが、よほど似ていない限り問題は生じないと思われます。

 

ハイランドカープ飼育のまとめ

女性

 

オスは臀鰭前縁にグッピーのゴノポディウムような、アントロポディウムという交接器がありますし、

メスより体高が高く、きれいですので簡単に雌雄の判別ができます。

交接(交尾)から出産までは5週間くらいですので、グッピーより若干長い程度というところです。

本種はその希少性や繁殖生態的など注目すべき魚です。

機会があればぜひ累代繁殖させてみてください。

よく読まれている記事

 

ミドリガメ s

 

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:ごむくろ

アロワナ f

 

HN:

ごむくろ
自己紹介:

マイナー種嗜好の貧乏アクアリストです
好きな熱帯魚:

古代魚、真胎生メダカ、アジア産魚類(コイ科、ナマズ科、アナバス科)

関連記事

  1. メダカの越冬、冬越、冬眠中の飼育はどうすればいいの?
  2. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  3. 黒メダカとスイレン栽培をはじめるなら冬からやるべき!
  4. ペットボトル水槽やガラスボールでメダカを飼育出来るの?
  5. メダカを飼育する際の3つのポイント
  6. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  7. 【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?
  8. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

レッドビーシュリンプの飼育には日光が天敵!その理由と影響とは?

レッドビーシュリンプを飼育している水槽に日光を当てるのは良くありません。…

クララを飼育しよう!究極の可愛さと、至高の凶悪さの対決

(写真引用元:ネオス 楽天市場店)アクアリウム界随一の暴れん坊。…

初心者向け!グローライトテトラの繁殖、餌の与え方、病気など飼育方法を網羅してみました

小型カラシンの仲間であるグローライトテトラ。カラシンの中でも環境…

コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適な底床選び

さて、前回、コリドラス・ステルバイについて紹介しましたが、これを飼育する…

グッピーと混泳できる熱帯魚セイルフィンプレコ

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなアクアリストのおとぼけです。…

ミナミヌマエビ飼い方- 基礎知識編(ミナミヌマエビの魅力など)

さて、前回まで長々とネオンテトラについて話していきましたが、今回からはミナミヌマエビについて…

おすすめ記事

  1. 絶対抑えておくべきフグの歯切り方法について伝授します!
  2. メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点
  3. ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)その2
  4. 夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法
  5. 【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?
  6. 【これなら間違いなし!】はじめてのタンクメイトを選ぶならイシマキ貝だ!
PAGE TOP