グッピーの基礎知識

熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

この記事の所要時間: 336

熱帯魚 s

 

熱帯魚飼育では必要不可欠なアクア用品。

その中でも絶対必要なアクア用品とあると渋る7つのアクア用品を紹介しよう。

 

熱帯魚飼育は水槽の大きさや使用しているフィルター、室内なのか野外なのか飼育スタイルによって違ってきますが、

今回紹介する7つ道具(アクア用品)はどちらの飼育環境でも大いに活躍してくれるアイテム品です。

 

 

 

バケツ

 

水槽掃除や水換えには必須のバケツです。

おとぼけ宅ではバケツを5個常時完備しております。

 

汚れた飼育水を抜くためにバケツに水を貯めて、新たしい飼育水を水道水から注ぎ

カルキ抜きをその場で行なう。

 

また新たに購入した熱帯魚の水合わせなどにも大活躍ですね。

バケツは熱帯魚飼育には必須アイテムですので必ず用意しておきましょう!

 

 

手桶(ておけ)

 

水槽に水を注ぐ際にあると便利な手桶。

バケツで飼育水を新たに注ぐ場合、重たいバケツを水槽の高さまで持ち上げて

水を一気に注ぐと大きな水流も出来てしまい熱帯魚たちにもストレスがかかってしまいます。

 

また水流に弱いグラミーやグッピー・ベタなど水流に巻き込まれて尾びれなどを水草や

流木に引っ掛けてしまう可能性が高いですので手桶を使用して少しずつ水槽に飼育水を注ぐのも熱帯魚にとっても良いですよ。

 

 

塩素中和剤(カルキ抜き)

 

水道水をそのまま水槽に入れてしまうのは厳禁です。

水道水には塩素が含まれており人間にとっては無害ですが熱帯魚にとってはエラの細胞などを死滅させる程、生体にとっては有害です。

 

ですので、しっかりと水道水をカルキ抜き(塩素抜き)をする必要があります。

カルキ抜きはバケツに水を注いでベランダなどに1日~2日程、日光に晒すとカルキが抜けますが、時間がない場合などは塩素中和剤を購入し素早くカルキ抜きを行いましょう。

 

最近のカルキ抜きは熱帯魚の体表を守ってくれる液などもカルキ抜きの中に含まれているタイプも販売しております。

 

 

ネット

 

飼育している熱帯魚が病気になっていた・様子がおかしい場合などネットで丁寧に生体をすくいあげて別水槽などで様子見あるいは、薬治療などを行なうのに便利です。

 

また新しく購入した熱帯魚を新水槽に移すにもネットは便利ですよ。

間違っても手で熱帯魚をすくわないようにしましょう!

 

豆知識ですが緑色のネットを使用すると熱帯魚は白色のネットと比べてすくいやすくなりますよ。

 

 

スポイト

 

主に冷凍のぶらインシュリンプあミジンコを水を張った小さな容器に入れてその水ごと餌をスポイトで吸い取り水槽に移す事が出来る事から手を汚さずに餌やりが可能です。

また魚病薬を飼育水に加える際や、長いスポイトだと、餌の食べ残しや排泄物をピンポイントで除去する事が可能です。

 

とても便利ですよ。

 

ポンプ付きホース

 

私も最初は4Lの水槽からアクアリウムを始めました。

餌の食べ残しや排泄物をスポイトで除去していましたが、水槽が60cmと大きくなるに就いれてスポイトでの掃除は非常に時間がかかります。

そこで、水槽掃除には大変便利なポンプ付きホース。

 

これがあるだけで水槽掃除が捗りました。

ポンプの圧縮を数回押すだけで飼育水を吸い上げる事ができます。

また砂利の中にホースを入れると砂利の下に溜まっている食べカスや排泄物を吸い上げ重たい砂利を吸い上げる事なく効率的に掃除が可能です。

 

私はこれは大変オススメします。

 

水槽メンテナンスの動画

 

動画で見ると一目瞭然!!

 

ピンセット

 

 

ピンセットがあるとアクアライフは渋ります。

水草を砂底に植える際や、解答した冷凍アカムシをピンセットで掴めて

直接熱帯魚に与える事も可能です。

 

ミドリフグやハチノジフグなどにはピンセットにアカムシを挟んで直接与えることも出来るので食べカスを防ぐことにも繋がります。

 

又、フグの小さな口でアカムシをついばむ姿など可愛いです。

フグ系を飼育していなくても水草や★になった熱帯魚を取り除くのも便利ですので

1つは手元に用意しておいた方が良いでしょう。

 

 

さぁ、上記7つがアクア用品で渋る・また合った方が良い7つ道具です。

道具を揃えて飼育者の負担を軽減さえ、且つ熱帯魚達にも快適な環境を用意することが出来ますから用意しましょうね。

 

アクアライフを満喫しましょう!

 

 

 

よく読まれている記事

水道 水槽 熱帯魚

よく読まれている記事:カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法

テラリウム
よく読まれている記事:アクアリウムをやっていると感覚が研ぎ澄まされる事ってない?

試験 アクアリウム

よく読まれている記事:水槽水の水質も大切、水質検査のやり方

 

 

編集後記

パソコン s

 

文章能力を高める為にトレーニングをしていますがマダマダだなと痛感しています。

1日1万文字書ける人もいれば1時間に1000文字書ける人もいますけど、私は1時間平均500文字のようですね。

 

取り扱うテーマにもよりますが、良い状態だと5時間で3000文字。。。

前回の見た目はグロいけど実は美味しい深海魚7選は5時間程かかっております。

 

まぁリサーチなど情報収集に時間がかかっておりますが、今後もブログを書き続けて内容を充実していこうと思います。

アクアリストの皆さん、どうぞ宜しくです。

関連記事

  1. ミナミヌマエビの飼育に最適な水草選び~グロッソスティグマ・ウィロ…
  2. 石を使ったセンスのある水槽のレイアウト技 石の種類編
  3. グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス
  4. 発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編
  5. 水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリス…
  6. ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できない相性の悪い生体 
  7. グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!
  8. 水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  2. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  3. カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る
  4. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  6. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密

ピックアップ記事

おすすめ記事

水槽用レイアウト用品の選び方と間違った知識

アクアリストの皆さん、アクアリウムライフを存分に楽しんでいますか?…

熱帯魚をアクアショップで購入した際の運び方・グッピーなどダメージを与えない運搬方法のコツ

今回は、リアル店舗(実店舗)で熱帯魚を購入した際に自宅の水槽に移すまでに極力、購入し…

ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できない相性の悪い生体 

さて、今回は、ミナミヌマエビとの混泳をお薦めしない魚について書いていこう…

グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混泳できる熱帯魚を紹介…

ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

さて、今日はビーシュリンプについてお話していこうと思います。今ま…

【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミを飼おう!繁殖から価格まで網羅!

さて今回はいよいよ具体的な生体の飼育についての話です。海水魚の最…

おすすめ記事

  1. トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について
  2. 【絶対押えておくべき】アクアテラリウムでオススメしたい水上植物9選!
  3. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密
  4. ミナミヌマエビ飼い方- 基礎知識編(ミナミヌマエビの魅力など)
  5. 【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!
  6. 姿を見せないハンター!チャカチャカの楽しみ方
PAGE TOP