日本淡水魚

ちょっとレアな鉄魚はいかが?金魚にもフナにもない変化する魅力!

鉄魚 楽天
鉄魚(テツギョ)SM 魚取沼産系 2016年7月25日入荷

 

金魚愛好家と、日本産淡水魚マニアの間で独自のポジションを築いている鉄魚。

天然記念物にもなっている、知る人ぞ知る鉄魚の世界へご案内しましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

[adsense]

 

鉄魚とは

宮城県

 

鉄魚(てつぎょ)は宮城県の魚取(ゆとり)沼に生息する天然記念物です。

一見、フナのようですが、尾びれをはじめ各ひれが優雅に長く伸びます。

成長につれ鉄のような銀白色から、赤や白、

時には青へ変化することもあるのがフナとの大きな違いです。

赤味がかった黒にも変わるところは、まるで鉄が錆びたようです。

どう色変わりするかは、育ててみないと分かりません。

[adsense]

 

鉄魚は新種のフナ?

 

フナの突然変異で、色素が抜けて真っ赤な体色になったものを「ヒブナ」と呼びます。

これを人の手で改良していったのが金魚です。

鉄魚とヒブナの大きな違いは、長く伸びたひれ。

そのため、ヒブナとはまた違うフナの変種だと考えられてきました。

人為的な改良が加えられていないにもかかわらず、

長いひれを持ち、様々な体色に変化する鉄魚はたいへん珍しがられ、

養殖したものでも高額で取引されるようになったのです。

 

遺伝子解析で分かったルーツ

 

最新の研究によれば、鉄魚は金魚の一品種である琉金(リュウキン)と

フナが自然下で偶然に交雑、それが固定されたものそう。

つまりフナの新種ではなく、金魚とのハイブリッドだったのです。

ただし、これにはまだ異論もあります。

人間が意図的に交雑させたものでないことが重要だったので、鉄魚に対する評価も変わりませんでした。

 

鉄魚は変化を楽しむ観賞魚

 

鉄魚の魅力は、どんな色に変わるか分からないところ。

ひれも金魚のコメットに似たものから、

より厚みがあり幅の広い熱帯魚のショーベタに似たものまで、系統によって差があります。

らんちゅうなどの金魚、あるいはアジアアロワナ、

フラワーホーンのように幼魚のうちに素質を見抜き、丁寧に育てる愉しみがあるのです。

現在は魚取沼意外にも様々な系統の鉄魚が出回るようになりました。

金魚と意図的に交配させることで体色の変化を出やすくしたものもあります。

金魚とのハイブリッドについては異論もありますが、

手頃な値段で鉄魚を購入することができるようになったのは事実です。

 

鉄魚の飼育情報

 

○水槽

遊泳力があり体長も15cmを超えるので、60cm以上の水槽でゆったり飼育しましょう。

品種改良の進んだ金魚に比べ長生きなので、変化を楽しみながらじっくり付き合いたいものです。

ろ過器は上部フィルターを中心に、サイズや数に合わせてチョイスしてください。

 

○水質

品種によっては「青水」を用意したりと、

飼育水に気をつかう金魚が多い中、鉄魚は中性付近で育てられます。

ただし金魚より塩素に弱い傾向があるので、カルキ抜きはしっかり行いましょう。

低温に強いのが特徴ですが、消化不良などを予防するため冬は15度以上に加温します。

金魚用の固定式低温ヒーターで大丈夫です。

 

○底砂

特長である長いひれを傷めないよう、ベアタンクで飼育するのが無難です。

特にとがった流木はケガの原因になります。

 

(餌)

金魚や熱帯魚用の人工餌で問題なく飼育できます。

冷凍アカムシを時折与えるのもよいでしょう。

やや神経質なので、餌を投入してもなかなか食いつかないことがあります。

 

(混泳)

金魚の分類法にあてはめるなら、いわゆる「長物」と呼ばれる泳ぎの速いタイプです。

らんちゅうやオランダシシガシラなど動きのゆったりした

「丸物」と混泳させると、餌取りで差が出てしまいます。

同サイズ、同タイプの魚で揃えましょう。

 

 

鉄魚飼育のまとめ

女性

 

個体によって差もありますが、金魚に比べ警戒心が強く、なかなか飼育者に慣れません。

そこがまた人の手を加えられずに姿形を保ってきた、鉄魚ならではの神秘さを感じさせてくれます。

 

 

[adsense]

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. オヤニラミを飼育してみよう!小さいけれど迫力抜群!
  2. 世界よ、これが日本の美魚だ!オイカワを飼育してみよう

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介 泡 水槽 f
  2. ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察 ベタ f
  3. 深海のタコ「メンダコ」は臭いってほんと? メンダコ Opisthoteuthis depressa wikipedia
  4. 見た目が怖い!?深海魚のミツクリザメの雑学 ミツクリザメ wikipedia
  5. ディープレッドホタルテトラのアクアリウムでの飼い方 ディープレッドホタル・テトラ charm
  6. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

水槽用レイアウト用品の選び方と間違った知識

アクアリストの皆さん、アクアリウムライフを存分に楽しんでいますか?…

【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればいいの?

ビオトープは野外で楽しむことが多いのでそのようなビオトープではどうしても…

レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?

紅白の縞模様がきれいなレッドビーシュリンプ。その個体の色合いもさまざまで…

外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだけど

こんにちは、GW満喫中のおとぼけです。皆さんGWはいかがお過ごし…

これで大丈夫!カメの飼育で必要な用品を全部紹介しちゃいます!

ペットショップでよく見かける亀さん。昔はゼニガメ・クサガメあたり…

【これさえ抑えれば大丈夫】アクアテラリウムに適した生体の条件5選!

アクアテラリウムでは水槽内の水量が通常のアクアリ…

おすすめ記事

  1. アオミドロ対策で混泳水槽にモーリー&プラティを導入してみました!!結果はいかに?
  2. 【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性
  3. 入門種にして奥深さもあるプラティを飼育しよう!
  4. 【これさえ抑えれば大丈夫】アクアテラリウムに適した生体の条件5選!
  5. もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策
  6. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック アクアリスト 冬 水温対策 f
PAGE TOP