コイ

謎に満ちたエンツユイにチャレンジ!大人になると別の魚に変身?

この記事の所要時間: 231

エンツユイ-1

(熱帯魚)エンツユイ(1匹) 北海道・九州航空便要保温

 

ショップでよく見かけるけれど、意外と育てるのが難しい魚。

エンツユイにはそんなイメージが付きまとっています。

真上に背びれが突き出すような独特の体形と白黒のゼブラ柄を幼魚を見て、

ついつい衝動的にお迎えしてしまうのですが、成魚まで育て上げるのは難度が高いようです。

今回はそんなエンツユイの育て方を考えてみましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

 

エンツユイの基本情報

エンツユイ-2

(熱帯魚)エンツユイ(1匹) 北海道・九州航空便要保温

 

中国・長江を中心に棲息するコイ科の魚。

幼魚のうちはゼブラ柄で、エンゼルフィッシュのように体高があります。

成長するにつれ白黒の柄は徐々に薄れ、赤褐色へ体色が変化していきます。

成魚はのくすんだオリーブグリーンに赤褐色のストライプが入ります。

縞模様の向きも色も変わってしまうのです。

体形もコイのように細長くスマートになります。

最大1mになりますが、飼育下ではそこまで成長しません。

 

エンツユイの飼育情報

エンツユイ-3

(熱帯魚)エンツユイ(1匹) 北海道・九州航空便要保温

 

ショップでは5~10cm程度の幼魚がよく出回っています。

体形や柄の面白さから人気を集めていますが、

成魚になるまでの間に落としてしまうことが少なくないようです。

温帯域である中国原産の魚であることをふまえて、

水槽サイズ、水温、餌など様々なポイントを考えていきましょう。

 

 

エンツユイの水槽

水 f

 

5~10cm程度の幼魚なら45cm水槽で飼い始められますが、

最終的には50cmを超えるので、最低でも120cm水槽の設置を念頭に入れます。

エンツユイの成長は遅いとされていますが、

狭すぎる環境がストレスになる可能性はあります。

 

 

エンツユイの水質

水質 f

 

中国では湖から大河にまで分布しているので、

水質への柔軟性はあると考えられます。

中性付近をキープしていれば大丈夫でしょう。

 

熱帯魚のように25度以上の水温は必要ありません。

夏を乗り切れなかった例が多く報告されているので、

水槽用クーラーを用いるなどして高水温を防ぎましょう。

低温への耐性は高く、10度程度まで下がっても平気です。

 

硬度は未知の部分です。

原産地である長江や洞庭湖の硬度は分かりませんが、

エンツユイが琵琶湖に帰化していることはヒントになりそうです。

琵琶湖は平均的に軟水で、石灰岩質の北部だけは中硬水です。

この点から考えて、アフリカン・シクリッドのように硬水を用意する必要はなさそうです。

 

エンツユイの底砂

 

 

幼魚期、成魚期どちらも、口はプレコのように下向き。

水底の泥をさぐったり、石の表面についた苔をなめとるのに適した口なのです。

食性を考えれば、底砂を敷いた方が落ち着くでしょう。

口を傷めないよう、田砂など粒の小さいものを敷き、定期的にクリーニングします。

 

 

エンツユイの餌

 

 

エンツユイ飼育で最も高いハードルとなるのが餌です。

ショップでは冷凍アカムシを与えることが多いようです。

導入当初は冷凍アカムシや人工飼料を問題なく食べてくれますが、

次第にどんどん痩せていき落ちてしまうケースが目立ちます。

 

考えられる理由は2つ。

まず、本来は泥の中の微生物などをあさって食べる「ベントス食」であること。

冷凍アカムシ中心では栄養が偏り、拒食→餓死という流れになるのでしょう。

ちなみにコリドラスもベントス食ですが、

肉食嗜好が強いため、アカムシ中心でも飼育できます。

 

プレコタブレットを砕いたものや、底棲魚用の粒状飼料、スピルリナ、

さらにゆでたホウレン草など植物性の餌を中心に、

できるだけバラエティに富ませるようにしましょう。

 

もうひとつの可能性は、十分な餌が摂れていないことです。

エンツユイは温和な性質なので、ついいろんな魚と混泳させてしまいがち。

他魚に餌を食べ尽くされてしまい、

水底付近にいるエンツユイまで餌が回っていないかもしれません。

コリドラスやクラウンローチなど底棲魚との混泳は避け、

餌やりのタイミングを変えるなどしてエンツユイが摂餌できるようにしましょう。

 

ベントス食の魚は常に口を砂の中に突っ込んで、モグモグと餌を探しています。

なるべくこまめに給餌するのもコツでしょう。

 

温和なので幼魚期なら混泳相手を選ばない点はメリットですが、

長期飼育を目指すならエンツユイだけの水槽を用意したいところです。

 

 

エンツユイ飼育のまとめ

女性

 

可愛らしい幼魚期から姿を大きく変え、大きくあるエンツユイですが、

せっかくなら長い付き合いにしたいもの。

個人レベルではまだ長期飼育の難しい魚なので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. ミクロラスボラ・エリスロミクロンを飼育してみよう!ミャンマーに生…
  2. え!錦鯉が水槽で飼育できるの!?水槽で飼える錦鯉の世界!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  2. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  3. これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方
  4. 屋外で睡蓮鉢を浮かべてメダカ飼育を快適にしよう!
  5. メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点
  6. これをやれば大丈夫!夏場のメダカ飼育の対策とメンテナンス方法

ピックアップ記事

おすすめ記事

グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス

こんにちは、おとぼけです。今回も恒例のグッピーとの混泳を出来る熱…

机上快適な環境づくりを!リヒトラブ 机上台を購入、レビューしてみるよ

こんにちは、おとぼけです。今回は熱帯魚(グッピー)とは関係なくおとぼけのプライベートの事につ…

【飼育】注目度バツグン! プリステラで群泳を楽しむ

(熱帯魚)プリステラ(6匹) 北海道航空便要保温透明感のある体にくっきり…

京都パワースポット・清水寺の 音羽の滝(京都水ご利益)を体験

こんにちは、おとぼけです。巷ではパワースポット巡りが、ブームです…

ラブカをもっと知ろう!深海の生きた化石でもある古代サメの魅力

深海魚にして古代魚という、ハイブリッドな魅力を持つサメ、ラブカをご紹介し…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、ディスカス

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーとは混泳してはいけない熱…

おすすめ記事

  1. 稚魚とグッピーたちの飼育近況を公開!
  2. ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?
  3. ネオンテトラの飼育・照明・水草・餌の選び方のまとめ
  4. アクアリスト必見、メンテナンス等に必要なこだわり道具(アクア用品)とは?
  5. 【保存版】熱帯魚のエサの回数は一日一回?与え方や種類なども徹底解説!
  6. ミクロソリウム | 光量が少ない環境でも育ちレイアウトも崩れにくい水草
PAGE TOP