アクアハック

JUN マスターソイルがスゴイ!?マスターソイルは普通のソイルと何が違うの?

この記事の所要時間: 23


お一人様2点限り JUN マスターソイル HG ブラック 8リットル 熱帯魚 用品 関東当日便

 

熱帯魚、シュリンプ、水草といったジャンルにかかわらず、

マスターソイルはコストパフォーマンスの良さで人気を博しているソイルです。

ソイルの中でもマスターソイルは「吸着系」と呼ばれるグループに位置します。

普通の底砂と、マスターソイルのような吸着系ソイルとは何が違うのか、

そしてマスターソイルの特徴についてまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:プレミアムシードがスゴイ!?プレミアムシードは何なの?

吸着系ソイルとは? そのメリットとは?

お一人様2点限り JUN マスターソイル HG ブラック 8リットル 熱帯魚 用品 関東当日便

 

マスターソイルは「吸着系」のグループに入るソイルだと上に書きました。

自然の土を焼成することで生まれる吸着系ソイルは、

アンモニアや亜硝酸など生体にとって有害な物質を

イオンの働きで吸着してくれることから、その名がつきました。

ちなみに吸着系と対をなすもうひとつのグループを「栄養系ソイル」といいます。

こちらは水草やシュリンプの育成に役立つ栄養素をふんだんに含んでいるのが特長です。

覚えておきたいのは、マスターソイルのような吸着系ソイルにも、

ちゃんと栄養素(肥料分)が含まれていること。

吸着系、栄養系はあくまで特長を示したネーミング。

栄養系ソイルにも有害物質の吸着能力はあり、吸着系ソイルにも栄養素があります。

どちらの能力により重きを置いているかでグループ分けをしているだけなのです。

大磯砂や田砂といった自然から採取したままの砂には、

有害物質の吸着能力や栄養素が備わっていません。

普通の砂利や砂にはない機能でソイルを選んでいきましょう。

吸着系ソイルの強みは、水槽の立ち上げ時に役立つこと。

この時期はフィルターのろ過バクテリアが十分に増えていないので、水質が不安定になりがち。

そこで発生した亜硝酸などをソイルが吸収してくれるのです。

水質の変化を嫌うシュリンプの仲間にぴったりですね。

もちろん、ソイルが無限に有害物質を吸着してくれるわけではありません。

製品によって差はありますが、必ず限界があります。

ソイルを入れるだけでなく、必ず飼育する生体に見合ったフィルターを用意しましょう。

 

吸着系ソイルのデメリット

お一人様2点限り JUN マスターソイル HG ブラック 8リットル 熱帯魚 用品 関東当日便

 

多くのアクアリストたちから支持を集めている吸着系ソイルですが、

デメリットがないわけではありません。

魚やシュリンプたちにとって害となる亜硝酸や

アンモニアを吸着してくれる能力は、弱みにもなってしまうのです。

私たちは水中の有害物質を取りのぞくために、

ソイルだけでなくフィルター(ろ過器)も用います。

フィルターはゴミやフン、食べ残しといった目に見えるゴミを吸い取るだけでなく、

ろ過バクテリアの力を利用して有害物質を取り除いてくれます。

ろ過バクテリアは空気中や水道水の中などいたるところに存在しています。

もちろん水槽の中にも。

バクテリアの数が少ないと役に立たないので、

フィルターという「住居」を用意することで増やしていくのです。

ろ過バクテリアたちにとって餌となるのが亜硝酸などの有害物質。

つまり、有害物質は魚やシュリンプにとって悪影響を及ぼす存在ですが、

一方でフィルター内のろ過バクテリアを増やす食事として一定量は必要なのです。

吸着系ソイルは有害物質をどんどん吸いつけてくれますから、

ろ過バクテリアにとっては餌不足の状態が続きます。

そのため、きちんとフィルターをセットしたのに、

なかなかろ過バクテリアの数が増えない(ろ過能力がアップしない)という状況が起こってきます。

吸着系ソイルにも限界がありますから、

ろ過バクテリアが十分に増え水質が安定するまで、

水槽内に蓄積したアンモニアなどはこまめに換水して除去するしかありません。

立ち上げ時の水質急変が起こりにくい一方、

水槽が安定するまで時間を要するのが吸着系ソイルのデメリットなのです。

 

 

マスターソイルのおすすめポイント

 

マスターソイルは吸着系のグループなので、

立ち上げで失敗しやすいアクアリウム初心者の方におすすめです。

色はブラックとブラウンの2種類。

粒のサイズは、大きい順にノーマル、パウダー、スーパーパウダーの3種類です。

一般的な吸着系に比べ、マスターソイルは栄養系の要素も強めに出ているので、

水草を育てやすいという声もよく聞きます。

改良版にあたる「プラチナソイル」が発売された後も、

いまだマスターソイルが売れ続けているところにユーザーからの信頼がうかがえます。

 

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. 正しい熱帯魚やエビの水合わせ・トリートメントの方法
  2. お肌によくて、癒し効果も!ドクターフィッシュを飼ってみよう
  3. アクアリウム入門に最適!小型バルブの熱帯魚の仲間たち
  4. 熱帯魚飼育の初心者にオススメ!飼育しやすい熱帯魚たち
  5. 【昭和のアクアリスト必見】セベラムの飼育方法を紹介!
  6. どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・…
  7. 1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご…
  8. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!

魚たちにとって大切な酸素を水中に供給する、エアレーションやフィルター。…

【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればいいの?

ビオトープは野外で楽しむことが多いのでそのようなビオトープではどうしても…

ミナミヌマエビの飼育に最適な水草選び~グロッソスティグマ・ウィローモス

前回は、ミナミヌマエビを安価に購入する裏ワザについてお話しましたが、参考になりましたでしょう…

金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹介!

金魚を飼育するのに必要となるのが水槽や金魚鉢です。水槽や鉢に…

レッドビーシュリンプの飼育には日光が天敵!その理由と影響とは?

レッドビーシュリンプを飼育している水槽に日光を当てるのは良くありません。…

ビッグサイズに挑戦するならオスカーがおすすめ!飼育ノウハウを紹介

丈夫で混泳も容易なため、中~大型魚の入門種としてうってつけのオスカー。…

おすすめ記事

  1. グッピーと混泳できる熱帯魚、コリドラス・ピグミー
  2. ミナミヌマエビの飼育・繁殖に必須の餌・えさと与える量
  3. 初心者も大丈夫!ヘビの飼い方を徹底紹介
  4. 金魚の種類は?人気の種類と飼いやすさのまとめ
  5. グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説
  6. 熱帯魚をアクアショップで購入した際の運び方・グッピーなどダメージを与えない運搬方法のコツ
PAGE TOP