アクアハック

犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!

この記事の所要時間: 71

濾過バクテリア

 

濾過バクテリア、とても不可思議でありなおかつ何と魅力的な言葉でしょうか。

アクアリウムを始めた時からいつもよく聞く言葉です。

しかし、この濾過バクテリアって本当はどんなものなのでしょうか

そしてどのように管理していけば良いのかについてお話して見ようかと思います。

 

濾過バクテリアって何?

photo credit: Soaked Spider via photopin (license)

photo credit: Soaked Spider via photopin (license)

 

アクアリストにとって濾過バクテリアという存在は無視する事が出来ないものです。

濾過には大きくわけて二つの種類があります。

所謂、物理濾過と生物濾過です。

物理濾過とはフィルターなどで水の中にあるゴミを取り除く事を指しています。

当然、細かいものになるほど微量のゴミまでも除去してくれます。

しかし、それだけでは水槽の飼育水は綺麗にはなりません。

何度も何度も濾過しても物理濾過では対応できない限界があります。それが有機物と呼ばれるものです。

そしてこの有機物を分解してくれる存在が濾過バクテリアです。

亜硝酸塩・硝酸塩・アンモニアなどが水槽の中でどのようにして変化して発生しているのかと言う事はここでの説明は省きます。

と、いうよりも別に科学者になりたいのではなく飼育水を綺麗にしたいだけですからその内容だけに絞って話を進めていきましょう。

コンピューターのプログラム言語を知らなくてもパソコンやスマートフォンは使えます。

それと同じような感覚でとらえて頂きたいのです。

 

濾過バクテリアの入手

 

ペットショップのアクア用品のコーナーへ行くと濾過バクテリアと名がついた商品が所せましと並べられています。

これらの多くは休眠バクテリアと呼ばれる状態にあります。

休眠ですから眠っているという意味です。これらのものは液体であるものが殆どです。

そして、密封されている状態で販売されていますが意外に高額なものです。

この液体を水槽に入れると眠っていた濾過バクテリアが目を覚まして水を綺麗にしてくれるというのが原則です。

 

何で水に入れるとバクテリアは目を覚ますの?

photo credit: IMG_2241 via photopin (license)

photo credit: IMG_2241 via photopin (license)

 

では、なぜ水に入れる事で目を覚ますのでしょうか。

それは密封されて売られている事に秘密があります。

密封されていた液体を水槽へと入れる、水に入ったから目覚めるのではない事が既に分かると思います。

そうです、水中の酸素に触れる事により目覚めるのです。

ここで感の良い方は気付かれたでしょうか。

酸素にふれて目覚めるのであれば密封された容器を開けただけでも目覚めるのではないかということです。

実はその通りです。酸素に触れた液面分のバクテリアは目覚めます。

しかし、そこから増殖していくのに必要な酸素には足りないのです。

その為、何度も開け閉めを繰り返して長期的に保存したバクテリア液はその期間が長くなるほど効果が薄れるのです。

 

好気性バクテリアってなに?

 

このように酸素を必要としている濾過バクテリアを好気性バクテリアと呼びます。

反対の性質を持っているものは嫌気性バクテリアと呼んでいます。

かつては、この嫌気性バクテリアを主成分としていた商品も販売されていました。現在も多少は継続して販売されています。水草水槽等でなければあまり使う事は無いでしょう。

では、好気性バクテリアは休眠バクテリア液を購入するしか入手できないのでしょうか。

いいえ、それは違います。実はもっと簡単かつほぼ無償でも入手可能です。

 

濾過バクテリアの増殖

水 エアレーション

 

濾過バクテリアは実は大気中に存在しています。

彼らがその活動を開始しないのは水中に居ないからです。

つまり、水に落ちて十分な酸素が供給されると活動を開始して自然に増殖して行くのです。

極端な例ですが、真新しい水槽・カルキ抜きをしない水道水という環境であっても強いエアレーションを行い一週間も放置しておくと信じられない位の綺麗に飼育水が出来上がります。

多種多様な薬剤や休眠バクテリアの素はこれらの過程を時間的に省略する為のものであると良いでしょう。

せせらぐ川の水があんなにも綺麗なのも同じ理由です。

もし、既に観賞魚を飼っている水槽があるのならばそこの水にも既に濾過バクテリアが含まれているのです。

この水を貰って新しい水槽の飼育水のベースにするとすでに育っている濾過バクテリアが増殖してくれます。

同じように底砂を半分使ってみたり時には物理濾過の濾過材を移動して使う事で簡単に濾過バクテリアを増やす事ができるようになるのです。

 

 

さて、この次は具体的な濾過バクテリアの管理方法をお伝えしていく事と致しましょう。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:もう困らない!不治の病、エロモナス病の初期症状と対処方法を解説!

関連記事:【超初心者さんに捧げる】熱帯魚の水槽立ち上げ予算案を徹底紹介!

関連記事:最初のアクアリウムで何から始めたらいいか分からない?そんな貴方に小型のカラシンがお勧め!

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【これで解決】ゴールデンハニードワーフグラミーの繁殖から飼育方法…
  2. ここまでなってしまうの!?バイオフィルムの脅威!!
  3. パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介
  4. 初心者でも安心!簡単に繁殖がしやすい熱帯魚を厳選!
  5. 10cm超に育つ美しいテトラ!コンゴテトラを飼育しよう!
  6. 熱帯魚ヒーターの電気代はどれくらい?水槽の電気代が高い理由と節電…
  7. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  8. ランプアイの飼育方法は難しい?生き残らせるための必須条件とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 2月 20日
    トラックバック:月曜ですねー。 – テシ犬

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

蛍光色素を注入して人工的に着色されたラージグラスフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーとは混泳はしてはいけない熱帯魚の紹介ページに…

熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法

やぁ、兄弟。調子はどうだい?おとぼけは元気ですぜ。この時期になると外の気温もだい…

水槽のリセット方法徹底解説!余裕を持って計画してスムーズなリセットを!

ソイルを使用した水槽は、1年に1回交換をしなければならないのでつ…

愛嬌いっぱいの泳ぎを見せるサカサナマズと仲間たち

お腹を水面側に向けて泳ぐユーモラスな姿で、古くからアクアリウムの…

コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルターPart.2

前回は、コリドラス・ステルバイを飼育するのに最適なフィルターと言うことで…

熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

こんにちは、おとぼけです。今回はご自身で飼育している熱帯魚達はいつ寝てるの?…

おすすめ記事

  1. ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ
  2. 【底面フィルター検証】エアーリフト量とpHの関係
  3. 10cm超に育つ美しいテトラ!コンゴテトラを飼育しよう!
  4. ミナミヌマエビを飼育する上で最適な底床選び、水質について
  5. コリドラスってどれだけの種類がいるの?図鑑編
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚ミッキーマウスプラティの飼育
PAGE TOP