アクアハック

【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

この記事の所要時間: 340

金魚 f

 

さて、今回はアクアショップについて考えてみたいと思います。

 

多くの場合、最初はやはりショップの店員さんに色々と教わっていく事が多いでしょう。

しかし、それがある時に間違いを犯している事があるのです。

それは、ショップの店員さんやそのショップ自体がどの程度の実力を持っているのかが分からない事に行き着きます。

ある程度の年数が過ぎて、そこそこの数や魚種を経験してくると初めて行ったショップでもお店と店員さんの実力が分かってくるようになります。

確かにこういったものは言葉ではとても伝えにくいものです。

しかし、よいショップと店員さんを見つける事はアクアライフを充実させてくれるものです。

今回は分かりやすい基準でそのアクアショップの実力を見極める方法をお伝えしたいと思います。

 

死んだ個体を放置しているのは論外

女性

 

どんなお店でも展示している水槽のとても水が綺麗です。

透き通った透明感のある水はそれだけを見ていても心が落ち着くものです。

しかし、その水槽を見ているとあるものを発見する事があります。

死んだ個体です。

 

特に小型魚の場合に多いのですが死んでしまった個体をいつまでもその水槽の中に入れておくという事は水質を悪化を招きますので良くはありません。

それ以上に商売をしているのにその対象が死んでいるのに気付かないというのはやはり怠慢という以外にないでしょう。

生きものですから、死んでしまう事があるのは致し方ありません。

しかし、死んだ個体がいつまでも水槽の中を漂っているという事はそれだけメンテナンスに気を使っていないという証明です。

死んだばかりはまだ変色していませんから見て分かります。

白く変色し始めていたら一日以上が経過しているという事ですからこんな状態の水槽がいくつかあるお店では良い個体を期待するだけ無駄でしょう。

勿論、大型魚のエサ等の場合はその限りではありません。

 

禁句・水を見ないと・・・

水 エアレーション

 

飼育の状態を話す時にはどうしても飼育水が話題の中心となります。

ここでよくショップの店員さんが口にする言葉があります。

それが、「水を見てみないと分かりませんねぇ。」です。

言いたい意味は分からないではないのですが、それでは「ここに持ってきました。」とペットボトルに詰めた飼育水を出したらどうするのでしょうか。

水中で生きている生物ですから飼育水の状態が大切で有る事は誰もが分かっている事です。

この「水を見てみないと分かりませんねぇ。」という答え方をする店員さんかいるとしたらそのお店はアクアショップとしての実力はかなり低いと言えるでしょう。

それよりも、どんな水槽でどんな種類の魚をどれくらいの数(大きさを含む)飼っているのか。

濾過は?・エアレーションは?・底砂の種類は?などを聞いてくれる方が安心できるお店でしょう。

 

関連記事:水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリットまとめ!

関連記事:水槽のリセット方法徹底解説!余裕を持って計画してスムーズなリセットを!

関連記事:25cm水槽の立ち上げ!石×流木とグロッソスティグマで緑の絨毯作り!

 

水質調整材も良し悪し

試験 アクアリウム

 

先ほどと同じように飼育水の状態を話した時に真っ先に水質調整材を奨めてくる店員さんもあまり良いとは言えません。

さすがに水道水をそのまま使っているといったらカルキ抜き位は必要だと言うでしようが高価な水質調整材を勧めてくる残念なお店は意外と多いものです。

本来、日本の水道水は観賞魚の飼育にとても適している水質です。カルキ抜きさえしてあれば特に何も添加しなくても良いと言えるでしょう。

汲み置いた水を使うならカルキ抜きすらも必要ない程です。

飼育環境に問題が無い限りは、特別に手を加えない水の方が本当に適している飼育水になって行くと言う事を実力のあるショップは分かっています。

小手先の水質調整材を積極的に勧めてくる場合、それが無いと自分たちも水質を維持できないのだと言う事を白状しているようなものです。

最小限のものは必要です。しかし、高いものだから効果もあるとは限りません。

特に初期のセッティング水槽の場合などは、焦らずにしばらく様子を見た方がいいですよ。と言ってくれるようなお店なら合格です。

 

関連記事:カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法

関連記事:1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご紹介!

関連記事:犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!

 

急に態度を変える

女性

 

余談ですがこれは、私が実際にあった事です。

我が家のディスカスがペアリングして産卵の前兆が見られたので手狭になっている水槽から別の水槽へと移してゆっくりと子育てをさせてやろうと考えて新しい水槽を買いに行った時の事です。

水槽を見比べている時に一人の店員さんが寄ってきました。

 

店員さん「水槽をお探しですか?」

 

私「ええっ。ちょっと見させてくださいね。」

 

ここで、「何かあったらお声をお掛け下さい。」

と言っていれば店員としても合格でした。

しかし、彼は水槽セットの説明をし始めたのです。

はっきり言って稚拙でメーカーのカタログを丸暗記したような説明をし続けたのです。

そして・・・。

 

店員さん「それで、どのような魚を飼われるおつもりですか。」

 

私「うちのディスカスがペアリングしているので新しいブリーディング水槽を。」

 

この一言で彼の動きも言葉もその全てが止まりました。

 

関連記事:【絶対押えておくべき】横浜のおすすめ熱帯魚(アクア)ショップ4選!

関連記事:熱帯魚をアクアショップで購入した際の水合わせ・グッピーなどダメージを与えない水槽への移し方のコツ

関連記事:熱帯魚をアクアショップで購入した際の運び方・グッピーなどダメージを与えない運搬方法のコツ

 

ここで見分けよう、アクアショップの実力のまとめ

ワンポイント

 

アクアショップでは店員よりも客の方が詳しい事も多くあります。

あまりにも饒舌に商品を奨めてくるうちはアクアショップとしてもまだまだでしょう。

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:EmiJah

EmiJah 本人の写真

 

自己紹介:

なんのかんので10年の熱帯魚歴になってしまいました。現在のメインは「ディスカス」。繁殖した、子ディスカスも元気に育っています。

 

好きな熱帯魚:

ディスカスを筆頭に淡水魚全般、魚以外も・・・。

関連記事

  1. もう困らない!不治の病、エロモナス病の初期症状と対処方法を解説!…
  2. もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策
  3. 【エビ水槽】水カビがあまりにも酷いので原因と対策を伝授します
  4. 【これなら間違いなし!】はじめてのタンクメイトを選ぶならイシマキ…
  5. パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介
  6. 夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法
  7. 発酵式CO2添加装置とは?ペットボトルで作れてリーズナブル!
  8. 【保存版】ブラックウォーターの作り方と効果や特徴

ピックアップ記事

  1. きらーん

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

紅白ソードテール!錦鯉にも通じる美魚を飼育しよう

(熱帯魚)昭和三色ソードテール(3匹) 北海道・九州航空便要保温ソードテー…

自宅周辺から水草を採取して水草水槽に導入してみた

小川、田んぼ、里山、土手を歩くと多くの水草を目にします。メインの…

水槽のコケ対策にオススメな生体一覧をまとめて紹介

観賞用アクアリウムの天敵として代表的なのが、苔(コケ)ですよね。…

ヒトデの飼育方法をご紹介!海水水槽のアクセントに!

潮干狩りや海水浴でよく見かける「ヒトデ」ですが、皆様はどんな感想をお持ち…

グッピーと混泳できる熱帯魚、ピグミーグラミー

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混泳できる熱帯魚を紹介…

グッピーのヒーター(保温器具)

グッピーの好む水温を維持するにはヒーター(保温器具)は必需品になります。…

おすすめ記事

  1. 初心者のための海水魚飼育(飼い方)淡水魚と海水魚の違いを徹底解説!
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
  3. アロワナの餌・種類・値段・飼い方などの飼育方法
  4. 【熱帯魚の怖い病気】白点病・エロモナス病・水かび病・ネオン病などの症状と治療の解説!
  5. 【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!
  6. 淡水カニ(ドワーフクラブ)を飼育してみよう!気になる飼育方法や必要なアクア用品
PAGE TOP