メダカの飼育・繁殖

これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方

この記事の所要時間: 22

 

近年、「ビオトープ」という言葉を耳にする機会が増えましたね。

ビオトープとは、動物と植物で作り上げる生態系のこと。

自然の仕組みを学ぶのにうってつけなので、学校にビオトープを設置する取り組みが進んでいます。

もちろん、個人でビオトープを楽しむのもOK。

メダカをメインにしたビオトープはもはや定番となりつつあります。

ビオトープに必要な事柄と、そこでメダカを飼育する時のポイントをまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

ビオトープに適した容器と土

 

睡蓮鉢やプラ船など、口が広く、水が漏れない作りの容器であればなんでもかまいません。

強いて言うなら、内側の色が明るいものをおすすめします。

暗い色の鉢だと、品種によってはメダカの姿が見にくくなってしまうからです。

ビオトープには土もいれましょう。

水を張っただけの容器に鉢やポットごと入れる方法もありますが、

底に土があった方がメダカの餌となる微生物が沸きやすくなるからです。

土は園芸用の赤玉土や、花の培養土でかまいません。

より自然のリアリティにこだわるなら「荒木田土」

(田んぼや小川の底にある目のとても細かい土)がおすすめ。

「田んぼの土」の名前で販売されている用土もよいでしょう。

植物の種や、カブトエビなど生き物の卵が休眠状態で土の中にまぎれているので、

思わぬ出会いがあります。

ビオトープでのメダカ飼育

 

たくさん飼ってたくさん殖やしたくなるのが人情ですが、

メダカの飼育数はなるべく絞るのが長生きさせるコツ。

よく「メダカ1匹に対して水1リットル」が飼育数のめやすとされますが、

ビオトープの場合は何割か少なめに見積もりましょう。

20リットルの容器だから20匹飼えると考えず、

10~15匹に絞る方が水質悪化などのトラブルを避けやすくなります。

水替えは春~秋に年数回で十分。

あとは足し水で管理します。

さまざまな微生物が発生してくるようになると餌やりも必要ありません。

冬場は代謝を落とし、水底でじっとして過ごすようになるので、

無理に動かしたり餌やりしないようにしましょう。

 

ビオトープにぴったりの植物

 

 

日本人が睡蓮鉢で金魚を飼い始めた歴史は古く、既に江戸後期の浮世絵に描かれています。

睡蓮鉢でスイレンを育て、そこに魚も泳がせる‐。

言うならばこれは、日本人が古くから楽しんできたビオトープの姿なのです。

メダカ+スイレンの組み合わせが実にしっくりくるのは、歴史の重みなのかもしれませんね。

スイレンは「温帯性」と「熱帯性」に大別できます。

熱帯性スイレンの方が全般的に華やかでカラフルなのですが、

日本の冬に耐えられないため、睡蓮鉢や飼育容器を屋内に移動させて避寒させる必要があります。

スイレン初心者は純白の「アルバ」や小ぶりの「ヒメスイレン」など

育てやすい温帯性スイレンからスタートするとよいでしょう。

肥料や温度管理に気をつかうスイレンの代わりに、

オモダカやトチカガミといった日本原産の水生植物を育てるのも和の風情があってよいですね。

オモダカは「勝ち草」とも呼ばれ、縁起のよい植物として家紋にも用いられてきました。

人気の高い水草であるエキノドルスの仲間にあたります。

オモダカは繁殖力抜群。

水深を深くし過ぎなければ(10cm以内がめやす)どんどん増えていってくれます。

トチカガミはウォーターマッシュルームに似た丸い葉を水面に浮かせます。

水面を埋めるように光沢のある葉を増やし、スペースがなくなると水面から茎を立ち上げて、

さらに葉をひろげていくのが特徴です。

万葉集など古典に登場するカキツバタもビオトープにおすすめ。

アヤメとよく似ていますが、陸生のアヤメに対して、

水生のカキツバタと育ち方に大きな違いがあります。

アクアショップやホームセンターでポット苗を入手でき、

真夏と真冬以外はほぼ通年植え付けが可能です。

 

ビオトープ作りの注意点

 

真夏の直射日光が長時間あたる場所や、一日中日陰になる場所は避けましょう。

一度水を張ってしまうと移動が大変なので、飼育を始める前に慎重に場所の選定を行います。

立ち上げてから時間経過とともに、さまざまな生き物が集まってくるのがビオトープの魅力。

しかし、ヤゴやカエルなど、メダカの天敵となる生き物の侵入には気をつけましょう。

ゲリラ豪雨で飼育水があふれてしまったり、アオコでメダカの姿が見えなくなってしまったり、

ビオトープには思わぬトラブルも出てきます。

こまめな観察を心がけてください。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

 

関連記事:メダカの病気の種類と治療方法【保存版】

関連記事:自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界

関連記事:初めてでも大丈夫!メダカの繁殖方法のコツを伝授します!

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  2. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由
  3. メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方
  4. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  5. メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法
  6. ヒメダカと楊貴妃は似ているけど違いは何?
  7. これをやれば大丈夫!夏場のメダカ飼育の対策とメンテナンス方法
  8. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

コリドラスを混泳させてはいけない熱帯魚と気をつけて欲しいこと

温和な性格で、サイズもさほど大きくならずコミュニティタンク(混泳水槽)の…

【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性

(エビ)レッドファイアーシュリンプ(10匹) 北海道航空便要保温健康だった…

南方大口ナマズを3年間飼育してみてわかったこと

中国の長江以南に分布するナマズで、日本のマナマズS.asotus…

メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点

屋外飼育のだいご味は、メダカの生態を四季の変化とともに観察し、小…

ドワーフクラブは夏が苦手?脱走防止などこっそり教えします!

「ドワーフクラブ」に限った事では有りませんが実は生き物を飼育して行く時に…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッド

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプ・シクリッド…

おすすめ記事

  1. グッピーの病気の発見方法
  2. ネオンテトラの飼育に適した照明ライトは何?各照明ライトを徹底解説!
  3. 水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた
  4. レッドファイヤーシュリンプってどんなエビ?飼育や繁殖について紹介
  5. グッピーとは混泳してはいけない、ノソブランキウス ギュンテリー レッド の紹介
  6. ベタの飼育 – 水槽の底砂(底床)はどれを選べいいでしょうか?
PAGE TOP