メダカの飼育・繁殖

メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点

この記事の所要時間: 231

 

屋外飼育のだいご味は、メダカの生態を四季の変化とともに観察し、

小さな生態系を作り上げること。

しかし、基本的にヒーターやろ過器を設置せず、

日差しや雨が遠慮なく入ってくる屋外飼育には難しさも伴います。

屋外飼育の注意点と対策法をチェックしていきましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

1.飼育容器の注意点…大きければ大きいほど有利

 

屋外飼育によるメダカの楽しみ方は、いわゆる「上見(うわみ)」が中心。

透明なガラス水槽で横から鑑賞するより、水面の上から覗き込むスタイルになります。

そのため必ずしも透明な容器でなくてもOK。

メダカ専用の発泡スチロール容器や、プラスティック製の「プラ船」

「トロ船」と呼ばれる容器や金魚鉢、園芸用プランターといった多彩なバリエーションがあります。

飼育スペースに合わせてチョイスしましょう。

基本的に飼育容器のサイズが大きければ大きいほど、

つまり水量が多ければ多いほど管理が楽になります。

水量が多ければ、屋外飼育で大きなネックとなる水温変化がゆるやかになります。

近年は気候変動により暑さ、寒さとも厳しくなる傾向があるので、

小さすぎる容器では高水温による酸欠死や、

全面凍結による死といったリスクが高まってしまうのです。

大きな容器なら、蒸発による水位の変化にも影響を受けにくいですね。

雨対策も大切。

大量の雨水が入り込んで水面からあふれてしまうと、メダカまで流されてしまうことがあります。

縁ギリギリまで水を張らないようにしましょう。

水位調節用の穴がある容器なら管理が楽です。

穴にはネットを張り、メダカが流されないようにしてください。

2.飼育場所の注意点…メダカも植物も直射日光は苦手

 

飼育容器をセットする際は日光の当たり方に注意してください。

直射日光、特に強い西日が射す場所は水温上昇が激しくなります。

ビオトープなどで栽培している植物が葉焼けしてしまうことも。

かといって北向きの日陰では水草など植物の栽培が難しくなるデメリットがあります。

軒下や半日陰の場所を選ぶか、日照時間に合わせて日除けをかけるといった工夫をしましょう。

グリーンカーテンを作って情緒を楽しむのもよいですね。

設置する際、容器の下にブロックを敷いておくと断熱効果がアップします。

地面を掘って池を造ったり、大きな容器を埋め込む時には泥が流入しないよう、

周囲を石で囲っておきましょう。

池の底には何も敷かないか、バクテリアの発生を期待して赤玉土を薄めに敷くだけにします。

3.餌やりは自然の恵みにまかせる

 

屋外飼育では基本的にろ過器を使用しません。

飼育容器を低い位置にセットすることが多いので、掃除用のプロホースが使えないこともしばしば。

そのため、水替え作業もはぶいた足し水(蒸発した分だけ水を足すこと)

での管理が中心になってきます。

水質浄化の役割を果たすのは、水草や容器の中に発生したろ過バクテリアのみ。

水草とバクテリアが適度に繁殖してサイクルが完成すると安定しますが、

屋内よりもデリケートな対応が必要な場面もあります。

まずメダカの匹数。

同じ水量でもろ過装置のある屋内水槽より数を絞るのが鉄則です。

ホテイアオイやオモダカといった水生植物を茂らせておくと、

メダカにとって有害な亜硝酸を吸収してもらえるだけでなく、

直射光を遮り水温上昇を緩やかにするはたらきも期待できます。

植物や藻が茂りすぎると水中の酸素が不足してしまうので適宜間引きましょう。

水質悪化の原因となる餌も控えめに。

ミジンコなど微生物がいつの間にか発生する夏場は餌やりが要らないことも。

ただし、メダカの餌に困らない代わりに、

メダカが餌になってしまうこともあるので注意が必要です。

トンボに卵を産みつけられ、メダカの天敵であるヤゴが発生していたり、

カエルが忍び込んでいることもあります。

屋外飼育はこまめな観察が基本。

日々観察することで新たな発見があり、飼育のよろこびにつながっていきます。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

 

関連記事:メダカの病気の種類と治療方法【保存版】

関連記事:自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界

関連記事:初めてでも大丈夫!メダカの繁殖方法のコツを伝授します!

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. ヒメダカと楊貴妃は似ているけど違いは何?
  2. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  3. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  4. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  5. メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方
  6. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対…
  7. メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法
  8. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  2. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  3. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  4. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  5. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  6. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策

ピックアップ記事

おすすめ記事

オヤニラミを飼育してみよう!小さいけれど迫力抜群!

オヤニラミは小さいながら、肉食魚特有のワイルドさを発散させている魚です。…

【これはすごい!】美しいアクアテラリウムの世界!アクアテラリウムとはどんなものか?

アクアリウムやテラリウムという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが…

ミナミヌマエビの飼育に最適な水草選び~グロッソスティグマ・ウィローモス

前回は、ミナミヌマエビを安価に購入する裏ワザについてお話しましたが、参考になりましたでしょう…

田んぼの珍魚 タウナギってどんな魚?飼育可能な性転換する魚

タウナギ(Monopterus albus)はウナギと名前がついています…

水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ

全国のアクアリストの皆様、こんにちは。魚は食べるのも眺めるのも大…

何でイソギンチャクの飼育は難しいの?失敗例と共に徹底解説!

さて、今回はイソギンチャクの話です。育てやすいイソギンチャク、ソ…

おすすめ記事

  1. ゼブラダニオの飼育 – 飼い方と混泳繁殖のやり方
  2. ミクロラスボラ・エリスロミクロンを飼育してみよう!ミャンマーに生息する幻の美魚
  3. 苔に対する生物兵器、レッドラムズホーン、実は突然変異で発生した個体!
  4. アクアリウム入門に最適!小型バルブの熱帯魚の仲間たち
  5. もう困らない!不治の病、エロモナス病の初期症状と対処方法を解説!
  6. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
PAGE TOP
;