カブトガニ

カブトエビって何?カブトガニと何が違うの?

この記事の所要時間: 225

 

「生きた化石・カブト○○」‐。

さて、○○の中に入るのは「カニ」? それとも「エビ」?

実はどちらも正解なのです。

カブトガニも、カブトガニも、ともに数億年前からほとんど姿を変えていない

「生きた化石」と形容される生物。

頭部が兜(かぶと)のような殻に覆われていること、

長い尻尾とたくさんの足を持つところもよく似ています。

思わず混同しそうになりますが、両者はすみかもサイズもまるで違います。

カブトガニとカブトガニの違いをチェックしていきましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!

エビなのにエビじゃない?

 

日本では「カブトエビ」と呼ばれていますが、英語では「タッドボール・シュリンプ」。

「オタマジャクシエビ」という意味です。

洋の東西でエビという名前が共通していますが、実はエビの仲間ではなく、

ミジンコに近い、より原始的な甲殻類です。

クモやサソリの仲間に近いカブトガニとは大きく異なる点です。

サイズもまったく違います。

80cmに達する個体もいるカブトガニに対し、カブトガニはせいぜい5cmくらいまでしか成長しません。

成熟して産卵を始めるようになるまで15年もかかるカブトガニに対し、カブトエビはとても短命。

寿命は50日間ほどです。

はかない命のカブトエビですが、卵はとても丈夫。

水中で産みつけられるのに乾燥にとても強く、

10年間空気中にさらした後で孵化した例さえあります。

こうした特性はカブトエビの生息域に合わせたものです。

カブトエビは本来、乾燥地帯の生き物。

雨季になって水たまりができるといっせいに孵化し、

水たまりが干上がる頃にはもう卵を残して死んでしまっているのです。

河口域から浅い海を住みかとするカブトガニとの大きな違いがお分かりいただけたでしょうか。

 

カブトエビはどこで見つかる?

 

カブトエビはかつて、田んぼに行けば当たり前のようにいる生き物として知られていました。

土中の微生物を食べるため、泥を掘り替えす習性のあるカブトエビは、

人間に代わって田んぼを耕してくれる存在として喜ばれていました。

しかし戦後、農薬の普及によってカブトエビは激減してしまったのです。

農薬は収穫量アップという大きなメリットを持つ一方、

カブトエビやドジョウ、ゲンゴロウやタガメといった水生昆虫など、

田んぼの生き物に致命的なダメージを与えてしまうのです。

昔ながらの水耕栽培に代わり、

田んぼに水を張らない陸稲の普及もカブトエビの住かを奪うことになりました。

それでもカブトエビが絶滅してしまったわけではありません。

農薬と化成肥料に頼りきりだった時代を経て、

現代では再び自然の力を生かした有機農法が見直されてきています。

アイガモやカブトエビの力を借りて稲作を試みる農家も少しずつ増えてきました。

カブトエビの姿を見るなら、やっぱり田んぼが一番なのです。

近くに田んぼがないという方には、通販のカブトエビ飼育キットがおすすめです。

 

 

カブトエビはまだまだ謎がいっぱい

 

では、有機農法を行っている田んぼに行けば必ずカブトエビに出会えるのでしょうか?

そうはならないのがカブトエビの不思議なところ。

同じ有機農法の水田でも、ある田んぼにはカブトエビが群れをなすように泳ぎ回っているのに対し、

隣り合った田んぼではまったく姿をみかけない…なんてことがしばしばあります。

田んぼ同士は水路でつながっていますし、土も栽培法も同じ。

なぜ、カブトエビの生息に差が生じるのでしょう。

実はまだ詳しい理由は分かっていません。

ちなみに飼育の際はベアタンクより、田んぼの土を敷いた方がより長生きさせることができます。

適切に給餌、換水していても、ベアタンクはなぜかカブトエビ飼育にあまり向かないのです。

どうやら秘密は田んぼの土にありそうですね。

良く知られた存在でありながら、まだまだ謎の多いカブトエビ。

解き明かすのは、皆さんの役目かもしれませんよ。

(写真引用元:カブトエビ wikipedia

 

関連記事:カブトガニの育て方・飼育方法

関連記事:カブトガニの血液はなぜ青い?医療の世界で役立てられる青い血事情

 

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. カブトガニの育て方・飼育方法
  2. カブトガニの血液はなぜ青い?医療の世界で役立てられる青い血事情
  3. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

【高水温に注意】 熱帯魚水槽の夏の暑さ対策

熱帯魚というといかにも、南国の暑いところで育った魚というイメージがあって…

メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット

野生のメダカは地域によっては塩分濃度が高い場所に生息している場合もありま…

ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!

さて、先日からベタの飼育についてお話していますが、今日はベタの美しさを保…

メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなアクアリストおとぼけです。…

海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?

2回続けて海水魚の飼育にはどのフィルターを使えばよいかという話をしました…

グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混泳できる熱帯魚を紹介…

おすすめ記事

  1. 最初のアクアリウムで何から始めたらいいか分からない?そんな貴方に小型のカラシンがお勧め!
  2. グッピーとも混泳できる熱帯魚ゼブラダニオ|ゼブラフィッシュ
  3. 黒メダカとスイレン栽培をはじめるなら冬からやるべき!
  4. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう
  5. ビッグサイズに挑戦するならオスカーがおすすめ!飼育ノウハウを紹介
  6. 自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界
PAGE TOP