アクアハック

水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!

 

水槽用ヒーターは消耗品。

こまめに掃除し丁寧に扱っていても、やがて寿命が来てしまいます。

ヒーター交換の時期や、長持ちさせるポイントについて考えていきましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ





水槽用ヒーターのタイプと特徴

 

 

水槽用のヒーターと聞いて、どんなモノを想像するのでしょうか?

最近、アクアリウムを始めたばかりという方は、

グレーの「カーボンヒーター」を思い浮かべるでしょう。

白い「石英管ヒーター」をイメージした方は、年季を重ねたアクアリストと呼べるのでは?

近年は消費電力が少なく壊れにくいカーボンヒーターが主流になりつつあります。

しかし、構造がシンプルなため安価な石英管ヒーターもまだまだショップで見かけますね。

石英管ヒーターは内部のニクロム線が断線することで壊れてしまいます。

石英管より寿命の長いカーボンヒーターも、炭素繊維の割れなどによって故障してしまうのです。

ヒーターを使用する限り、

故障とそれにともなう水温低下のリスクを避けられないので、準備と対策が重要となるのです。





水槽用ヒーターの寿命は?

 

ある有名電器メーカーの製品は、

保証期間の1年を過ぎると急に故障が頻発することから、

メーカーの名を取った「○○○タイマー」という不名誉なニックネームをつけられてしまいました。

もちろん実際はそんなタイマーなど存在しません。

しかし、電化製品はおおむね1年を過ぎたあたりから故障しやすくなるものです。

そこで、水槽用ヒーターも石英管、カーボンを問わず1年が交換のめやすとも言われます。

果たして本当でしょうか? 筆者の体感では、

壊れやすいとされる石英管ヒーターでも2~3年は十分使えているのですが…。

ヒーターの寿命を縮める最大の要因は、オンオフの機会が多いこと。

点けたり消したりを繰り返していると寿命が早まるのは、照明器具でも同じですね。

では、オンオフが少ない…

つまり、使用頻度が少なければヒーターの寿命は伸びるのでしょうか?

これも筆者の経験ですが、初夏から初秋までの間、

ヒーターとサーモスタットを水槽から引き上げて保管。

使用を控えることで、寿命アップを試みたことがあります。

結果は、夏が終わり再びヒーターを水中に戻したところ、なんと故障していたのです。

もちろん、夏の間は洗浄して湿度の少ない場所で大切に保管していました。

一方、年間を通じてコンセントを入れっぱなしだったヒーターが意外と長持ちしたことも。

魚に一匹々々個性があるように、工業製品であるヒーターにも多少の個体差、ロット差があります。

使いすぎたから壊れる、使用しなければ壊れない…という簡単な結論にはならないのです。

1年に1回はあくまでおおよそのめやす。

常にストックを用意して、適宜交換していきましょう。

時にはすぐ壊れる「ハズレ」を引くこともありますし、長持ちする「当たり」もあります。

いくつかのメーカーを試しながら、自分の一番納得できる製品を選びたいものです。

 

水槽用ヒーターの寿命を伸ばすには?

 

 

ヒーターの1本々々に多少、寿命の差が存在したとしても、守るべきセオリーはあります。

ヒーターとサーモスタットは同一メーカーで揃え、

水槽サイズに合わせるのが鉄則ですし、

どんな有名メーカー製でも安価な一体型ヒーターはやはりそれなりに壊れやすい存在です。

冬場、オンオフの頻度を減らすのはやはり大切。

まず、なるべく水量のある大型水槽を用意し、水温変化を緩やかにします。

底面や側面に断熱材を入れ、蓋をしっかりするのもポイント。

水槽から熱が逃げるのをできるだけ防ぎましょう。

縦置きOKの製品もありますが、基本的には横向きに設置します。

コードのねじれや角度のつけ過ぎにも気をつけましょう。

ヒーター部分からL字形にコードの伸びているニッソーの製品は、レイアウトしやすくおすすめです。

コリドラスのように25度を切っても平気な種なら、23度くらいの省エネ設定にするのもオススメ。

ただし、魚種によっては体調を崩しやすくなるので見極めが大切です。

日の当たる窓際は、日中こそ水温が上がるものの、

夜になると急激にダウンして、むしろヒーターの使用頻度を増やしてしまいます。

1日を通じて温度差が少なく、かつ人の出入りが多く温まりやすい場所がおすすめです。

 

関連記事:アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック

関連記事:拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します

 




ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. メダカ ガラス水槽 小型水槽でも熱帯魚を楽む!小さな水槽でも飼育できる熱帯魚
  2. 白メダカ メダカの病気の種類と治療方法【保存版】
  3. 心を癒してくれるアクアリウムの醍醐味、熱帯魚を飼育してリラックス…
  4. コリドラスが喜ぶ!オススメ餌5選と与え方のコツ
  5. 熱帯魚の冬対策をしよう!ヒーターやサーモスタットの選び方
  6. 金魚 f パクパクえら呼吸!魚はどうやって酸素を取り入れているの?
  7. 正しい熱帯魚やエビの水合わせ・トリートメントの方法
  8. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!



おすすめ記事

  1. メダカが脱走!?対処法などについてもご紹介 メダカ f
  2. ネオンテトラの飼育方法 – 上部フィルターを徹底解説!
  3. 淡水産二枚貝の飼育にチャレンジ!砂の中にビール酵母の錠剤!?
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、ハチェットフィッシュ
  5. アフリカ河川産はシクリッドの宝庫!ペルヴィカクロミス・プルケールなどの飼育法
  6. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  7. ミナミヌマエビの飼育・繁殖に必須の餌・えさと与える量
  8. 姿を見せないハンター!チャカチャカの楽しみ方
  9. エビ水槽!ソイルから大磯砂に変更してみました
  10. え!錦鯉が水槽で飼育できるの!?水槽で飼える錦鯉の世界!
PAGE TOP