アクアハック

水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介





熱帯魚を飼にはもちろん「水槽」が必要ですが、この水槽が「白濁り」してしまうという問題があります。

アクアリウムの初心者はいきなり起こってしまうこの水槽の白濁りに困惑してしまう人も多いでしょう。

 

水槽の白濁りって、どうして起こってしまうのでしょうか?

ここで水槽の白濁りの原因について紹介します。





水槽が「白濁り」してしまうときは?

 

 

熱帯魚を飼っている水槽が「白濁り」してしまうことについてですが、これが起こりやすくなる時期があります。

 

それはまず、自宅に水槽を買って水を入れたばかりのときや水を入れ替えたとき、次に、水槽の中の「ろ材」「砂利」を洗浄した、または新しいものに替えたとき、最後にろ材が詰まっているときなどです。

 

これらの共通点を考えると、水槽の白濁りという現象は、「ろ過バクテリア」が少ないことが原因のひとつではないかということです。

では、ろ過バクテリアとはなんなのでしょうか。

 

ろ過バクテリアとは、簡単に言えば魚の糞・エサの残りなどがもとで発生したアンモニアを分解してくれるという、アクアリウムでは欠かせないバクテリアです。





水づくりではろ過バクテリアが大事

 

アクアリウムで熱帯魚を飼うときの基本中の基本が、「水づくり」です。まず、自然界で魚たちが泳いでいるのは川・海・沼などですが、そこには人間の目では見えないような大きさの微生物がたくさん生きていて、それが水質に重要な影響を与えています。

 

この微生物の一群が「ろ過バクテリア」です。この細菌が、魚の排泄物等を分解して水をきれいにしてくれています。家庭に送られてくる水道の水も、川・湖などから送られてきますが、その途中の浄水場で沈澱・ろ過され、塩素あるいはカルキという次亜塩素酸ナトリウム等により殺菌処理がされています。

 

この水道水の塩素は、魚には有害物質であり、しかもろ過バクテリアも殺してしまうという性質があります。そのため、アクアリウムで熱帯魚を飼うときは、この塩素を取り除いてろ過バクテリアを活性化させることが大事になります。

 

ショップで買ってきたばかりの魚が死んでしまったり、水が白く濁るなどの問題は、このろ過バクテリアがよく繁殖していないことからくる水質環境の悪化のために起こることが多いとされています。

 

「パワーバクターPG」が重要

 

アクアリウムに欠かせないバクテリアが少ないことが原因で白濁りが起きるのであれば、その水槽の環境があまりよく管理されていない目印になるかもしれませんね。ただし、これは原因のひとつでしかなく、同じ環境の水槽でも、白濁りが起きたり起きなかったりするようです。

 

アンモニアをろ過してくれるバクテリアが少ないことで、大量にできた微生物・ろ過バクテリアの死骸・そのほかの有機物などによって水槽が白く濁って見えるとされていますが、これらはいずれも目で確認できないので注意が必要です。

 

ではどうやってろ過バクテリアを繁殖させるのでしょうか。

初心者の人は、すぐに熱帯魚を飼育したいと思うでしょう。

 

しかし、熱帯魚の飼育には、開始するまでに時間がかかるのです。

新しい水槽から始めた場合、ろ過バクテリアが繁殖するまでには少なくても1ヶ月は必要とされていて、場合によっては2ヶ月になることもあります。この時期は注意が必要で、魚・餌も少なくして「パワーバクターPG(バクテリア群)」を使って「水を育てる」という意識を持ちましょう。

 

パワーバクターPGを水槽に入れると、これがバイオフィルムを作って生物学的ろ過システムのために活動していきます。ただ、これを入れることでも水槽が白く濁りますが、これ自体が原因の場合は一時的な現象です。

 

 

水槽の白濁り対策

 

では、水槽の白濁りの対策についてです。

まず、上記のように水槽の白濁りはろ過バクテリアが少ないことで起こりやすくなるため、

ろ過バクテリアをよく活動させるというのが基本になるでしょう。

 

水槽を新しく購入した時や「ろ過器」を洗った後は、ろ過バクテリアがよく活動していないため、与えるエサの量を調節しましょう。また、エサの残りやフンも水が白く濁る原因なので、消化の良いエサを、食べ残しがでないくらい与えることが重要になります。

 

このへんはやはり慣れてこないとわからないですよね。初心者の人はまず習うより慣れろで経験していくことが大切でしょう。バイオバッグなどのろ材が詰まると、ろ過が働かずに濁りやすくなります。

 

その前に、ろ材を交換します。新しいろ材が濁りを吸着して、水をきれいにしてくれます。また、交換する前に水換えをして、濁りそのものをを取り除いておけば、さらに効果的になります。

 

 

ろ過バクテリアを育てよう

 

アクアリウムの水槽が白濁りしてしまう原因とその対策についてでした。

これは、初心者にとっては困ってしまう現象ですね。

 

ろ過バクテリアをパワーバクターPGで繁殖させて、魚たちにとって適切な水質環境を作れば、水槽の白濁り問題もほぼ解決できるでしょう。




関連記事

  1. メダカ ガラス水槽 小型水槽でも熱帯魚を楽む!小さな水槽でも飼育できる熱帯魚
  2. 水質を弱酸性にするのにピートモスがオススメ!ピートモスの使い方
  3. 流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!
  4. 犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!…
  5. 底面濾過式水槽2セットを立ち上げてみた!混泳確認用編
  6. 水槽のリセット方法徹底解説!余裕を持って計画してスムーズなリセッ…
  7. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  8. 水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリット…



おすすめ記事

  1. 【これなら間違いなし】アクアテラリウムでオススメしたい水草6選!
  2. 何でイソギンチャクの飼育は難しいの?失敗例と共に徹底解説!
  3. グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス
  4. コリドラス・ステルバイの魅力と飼育方法について
  5. レッドビーシュリンプの飼育は難易度が高い?初心者が気を付けたいポイント
  6. メダカの越冬、冬越し対策は水槽選びの時から決まっている!
  7. 夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法
  8. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  9. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など
  10. JUN マスターソイルがスゴイ!?マスターソイルは普通のソイルと何が違うの?
PAGE TOP