古代魚

スネークヘッドの世界!ハンターの凄みを楽しむ

この記事の所要時間: 233

レインボースネークヘッド charm

 

スネークヘッドは日本にも棲息するライギョ(雷魚)の仲間です。

鋭い歯で獲物を食いちぎる豪快な捕食シーンが見もの。

肉食魚好きのアクアリストから強い支持を集めている魚なのです。

ひとくちにスネークヘッドといっても、小型から大型、

完全に生餌しか受け付けないタイプから人工飼料も食べてくれるものまで、種類によって様々。

飼育環境に合わせて、一番育てやすいスネークヘッドを選んでみましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

 

スネークヘッドの基本情報

レインボースネークヘッド charm

 

アジア全域に分布するライギョの仲間。

蛇に似た爬虫類的な風貌からスネークヘッドと呼ばれます。

最長15cm程度の「ドワーフスネークヘッド」から1mを超える

「レッドスネークヘッド」まで種類によってサイズは大きく異なります。

熱帯魚なのでヒーター使用が原則ですが、「カルムチー」のように無加温で冬越し可能な魚種もいます。

 

スネークヘッドの飼育情報

レインボースネークヘッド charm

 

スネークヘッドに共通するのは肉食、動物質の餌を常食すること。

大型になるものは常時、餌となる金魚やメダカをストックしておく必要があるので、

餌用水槽やスネークヘッドへの感染を防ぐ魚病魚の準備も念頭に置いてください。

 

 

スネークヘッドの水槽

 

 

小型種は60cmサイズから飼育可能、

大型種には120cm以上の堅牢なアクリル水槽が必要となってきます。

空気呼吸する性質があるので、縁いっぱいまで水を入れずに水位を下げておく必要があります。

そのため幅だけでなく、高さも意識して選びましょう。

 

蓋は非常に重要な要素です。

蓋の隙間めがけて強烈なパワーでジャンプするので、

厚みがあり、ポンプやコード類がなるべくぴったりおさまるものを選びましょう。

水を入れたペットボトルなど、重しも必要です。

 

スネークヘッドの水質

 

 

適応力が高いため、弱酸性から中性の間なら大丈夫です。

生餌中心になるため、できるだけろ過能力の高いフィルターを選びます。

外部フィルターの給水口にスポンジフィルターを連結させるなど、

複数のろ過装置を組み合わせるのがおすすめです。

 

スネークヘッドの底砂

 

ドワーフスネークヘッドなど一部の種は砂利に潜る性質があります。

角が少ない体表を傷つけないものを選びましょう。

大き目の生餌は噛みちぎるように食べます。

水中に舞ったうろこや小片が水質悪化を招くので、

管理しやすいベアタンクもおすすめです。

 

スネークヘッドの餌

 

 

生餌や生の餌が大好物です。

幼魚のうちは冷凍アカムシで育てることもできます。

成長に合わせメダカ、小赤と徐々に餌のサイズを大きくしていきます。

水面に落ちた獲物に飛びつく習性があるので、噛みつかれないように注意しつつ、

手から与える習慣をつけると愛着も増します。

 

 

スネークヘッドの混泳

女性

 

フィッシュイーターであり、同種とは特に激しく争うので混泳はおすすめしません。

 

 

スネークヘッドの仲間

 

レインボースネークヘッド

体長15~20cm。

光の当たり方によって複雑な体色を見せる美魚です。

数少ない複数飼育できるスネークヘッドです。

 

ドワーフスネークヘッド

体長20cmほどの小型種。

地域変種が多く、模様や柄に様々なバリエーションがあり、コレクション性の高い魚です。

 

 

 

コウタイ

体長30cm。

オレンジ色のスポットが美しく、台湾や中国南部に棲息しています。

導入当初はやや神経質な面がありますが、慣れると生餌に限らずなんでもよく食べるのが特長です。

 

スチュワート・スネークヘッド

体長30cm。

背びれを中心に青みが強く出ます。

個体による柄の違いが大きいものの、気が荒いので単独飼育が前提です。

 

レッドスネークヘッド

全長1mを超える最大種。長寿でもあるので、飼育には設備だけでなく覚悟も必要になってきます。

幼魚のうちは銀白色に黒いラインが入り、尾部がやや赤みを帯びます。

成魚は黒っぽい体色です。

「レッド」という名前にやや違和感を覚えてしまいますが、

自然下で稚魚が群れていると、真っ赤な水煙のように見えます。

 

 

スネークヘッド飼育のまとめ

ポイント 女性

 

スネークヘッドは丈夫な反面、導入当初はちょっとした物音や揺れに敏感で、

すぐジャンプしようとします。飛び出し防止に、蓋はしっかりとしておきましょう。

うまく馴染んでくれれば、豪快な捕食シーンを楽しませてくれますよ。

 

関連記事:レインボースネークヘッドは初心者でも飼育できるの?

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. レインボースネークヘッドは初心者でも飼育できるの?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  2. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  3. カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る
  4. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  6. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密

ピックアップ記事

おすすめ記事

コリドラスってどれだけの種類がいるの?図鑑編

前回からコリドラス・ステルバイについて話していましたが、コリドラスにも色…

「紙兎ロペ風:うちのグッピーは会話好き」の紹介!まったり脱力系。。

こんにちは、グッピー大好きのおとぼけです。今日もですね、YOUTUBEのおとぼけチャンネル関…

メダカの繁殖と無事孵化させて稚魚を育てるコツ

やぁ、全国のアクアリストの皆さん。こんにちは、魚は食べるのも眺め…

水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリストの素朴な疑問解消

餌の残りカスや熱帯魚の排泄物により飼育水は悪化していきます。そこ…

グッピーと混泳できる熱帯魚クラウンローチ

こんにちは、アクアリストのおとぼけです。今回もグッピーと混泳出来…

ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

さて、今日はビーシュリンプについてお話していこうと思います。今ま…

おすすめ記事

  1. 当サイトの看板となる「はじめてのグッピー」のロゴが完成!
  2. ブルーテトラを飼育しよう!トレンドの青をおさえつつ上品な雰囲気を持つブルーテトラ
  3. 【これなら間違いなし】アクアテラリウムでオススメしたい水草6選!
  4. 日々異なる色彩が美しいフィッシュイーターキクラとアイスポット・シクリッドの仲間たち
  5. プレミアムシードがスゴイ!?プレミアムシードは何なの?
  6. ロジクール トラックボール M570を分解して掃除 それでも治らなければ m570 掃除
PAGE TOP