カラシン

レッドファントムとハロウィンアクアリウムを作ろう!

この記事の所要時間: 246

ハロウィン f

 

日本でもすっかりハロウィンの習慣が定着。

10月になると街中がオレンジと黒に彩られるようになりました。

そこで今回はレッドファントムテトラを中心とした、

ハロウィンの雰囲気いっぱいな混泳水槽をご紹介します!

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

 

レッドファントムテトラ

 

 

赤味がかったオレンジをベースに、えらぶた付近には黒いスポットが入ります。

まさにハロウィンカラーで、かつ育てやすい小型カラシンです。

「幽霊」(ファントム)の名もハロウィンにふさわしいですね。

丈夫で弱酸性から中性の水をキープすれば容易に飼育できます。

ネオンテトラより体高のある菱形の体形ですが、

意外にも俊敏な泳ぎを見せます。

水草のグリーンととてもマッチしますが、

あまり植え込むと水草の陰にかくれて、なかなか出てこなくなるのが悩みです。

「レッドファントム・ルブラ」は注目のワイルド種。

通常のレッドファントムより、さらに赤味が強く出る美魚です。

ワイルド個体特有の神経質さがなく、ビギナーでも飼いやすいのが特長です。

 

ラスボラ・エスペイ

 

 

入門種として知られる小型バルブです。

オレンジ色をベースに、尾部には黒いバチ形の柄が入ります。

「ラスボラ・ヘテロモルファ」によく似ていますが、

エスペイはオレンジ色が濃く、バチ模様も細くなります。

弱酸性の水質を好むので、レッドファントムと混泳できます。

どちらも激しく争うことはなく、人工飼料もよく食べます。

 

クーリーローチ

 

 

オレンジと紫がかったバンド模様が特徴的なドジョウの仲間。

ハロウィンカラーの「底モノ」としてぜひ加えておきたいところです。

中~上層に活動的な魚種を揃えたので、クーリーローチが餌不足にならないよう、

夜間に別途、コリドラス用タブレットなどを与えてください。

痩せてしまうとクーリーローチはたてなおしが難しくなります。

 

コリドラス・ベネズエラオレンジ

 

 

「コリドラス・エクエス」の名前でも流通しています。

幼魚のうちはやや水質に敏感ですが、飼い込むと背中側のオレンジと、

ボディ中央の黒い部分とのコントラストが鮮やかになってきます。

赤の発色をうながすには、ブラインシュリンプが効果的です。

スポイトで底面付近にブラインをまくなど、

クーリーローチ同様に餌が行き渡るよう気を配ってあげましょう。

 

ジャーマン・ラミレジィ

 

 

「ドイツラム」の名前で親しまれている、小型シクリッドです。

ラミレジィは世界各地で盛んにブリーディングされていますが、

ドイツ産のものは特に赤の発色に優れています。

ペア飼いするとテリトリーを強く主張するので、

オス1匹をアクセントとして入れるのがよいでしょう。

 

レッドデビル・エンゼル

 

 

オレンジ色をベースに黒い斑が不規則に入る、エンゼルフィッシュの改良品種。

これまでのエンゼルフィッシュにないカラーリングから、高い人気を誇っています。

体高がある分、他魚とサイズ差が出るので、1匹だけの導入にとどめましょう。

 

グローライトテトラ

 

 

体の中央を走るオレンジと黒のストライプが美しい小型カラシンです。

エンゼルやラミレジィなど少し性格のきつい魚と同居させるので、

複数匹入れればグローライトテトラの群泳を期待できます。

透明感のあるボディは、水質の悪化が進むと白濁してしまいます。

 

レッドラムズホーン

 

糸状に伸びた苔も食べてくれる、お役立ちの巻貝。

オレンジがかった派手な体色が他のお掃除屋さんと一線を画しています。

繁殖も容易です。

 

レッドファントムとハロウィンアクアリウムを作ろうのまとめ

ハロウィン2 f

 

今回はハロウィン風なオレンジと黒をベースにした魚たちをご紹介してみました。

ガイコツをあしらった水槽アクセサリーと組み合わせて、

季節感いっぱいのアクアリウムを演出してみませんか。

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. カショーロを飼育しよう!混泳もできる「牙魚」
  2. 【飼育】注目度バツグン! プリステラで群泳を楽しむ
  3. プラチナがつくとレア度アップ?ネオンテトラだけじゃないカラシンの…
  4. ブルーテトラを飼育しよう!トレンドの青をおさえつつ上品な雰囲気を…
  5. エンペラーテトラの飼育方法を伝授!高貴な紫のきらめきのインパイク…

ピックアップ記事

  1. お腹が苦しいグッピー

おすすめ記事

  1. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など
  2. アフリカンランプアイの飼い方と繁殖や餌などの飼育方法
  3. 熱帯魚の代表ならグッピー飼育がオススメ!必要な水槽や危惧の紹介!
  4. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  5. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  6. これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方

ピックアップ記事

おすすめ記事

コリドラス・ステルバイの魅力と飼育方法について

さて、今までネオンテトラ、ミナミヌマエビの飼育についていろいろお話してきましたが、今…

ラミレジィを飼育しよう!アクアリウム界の万能プレーヤー

(熱帯魚)バルーンブルーダイヤモンド・ラミレジィ(1匹) 北海道航空便要保温…

グッピーのためのフィルター(濾過器)

次は水槽内をグッピー達の住みやすい環境に保つためのフィルター(濾過装置)…

水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリストの素朴な疑問解消

餌の残りカスや熱帯魚の排泄物により飼育水は悪化していきます。そこ…

ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1

さて、前回はビーシュリンプの飼育をする上で、どの底床を選ぶかというお話を…

はじめての海水魚飼育 – 水槽の大きさはどうすればいいの?

さて、今回は具体的な飼育の話ですが、まずどれくらいの大きさの水槽を使って飼育すればよいのかを…

おすすめ記事

  1. 25cm水槽の立ち上げ!石×流木とグロッソスティグマで緑の絨毯作り!
  2. 机上快適な環境づくりを!リヒトラブ 机上台を購入、レビューしてみるよ
  3. 私がアクアリウムを始めて良かった3つの事
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、グローライトテトラ
  5. グッピーのための水槽
  6. 熱水300℃を超える熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビ
PAGE TOP