シクリッド

日々異なる色彩が美しいフィッシュイーターキクラとアイスポット・シクリッドの仲間たち

この記事の所要時間: 234

キクラテメンシス-1 (熱帯魚)キクラ・オセラリス(ブリード)(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

 

「キクラ」の愛称で知られる「キクラテメンシス」

「アイスポット・シクリッド」の仲間の中でも最も大きく育ちますが近年、人気上昇中のグループです。

種や個体によって柄が異なり、飼育環境によって体色にも違いが出てきます。

1日々々でも微妙に色合いを変えるのがキクラ飼育のだいご味。

大型になる魚ですが、でひ間近でその変化を楽しんでみてください。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

キクラテメンシスの基本情報

キクラテメンシス-2

(熱帯魚)キクラ・オセラリス(ブリード)(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

 

ここでは「キクラテメンシス」を含む、アイスポット・シクリッド全般の飼育法をご紹介します。

アイスポット・シクリッドは同じスズキ科であるブラックバスとよく似た体形、大きな口が特徴。

暗い金色をベースに、太い黒のバンドと黄色い斑が基本ですが、

生息地によって模様に違いがあり、コレクション心をくすぐります。

バンドが目玉状の柄にもなることから、

クジャクの尾羽になぞらえて「ピーコックバス」とも呼ばれます。

釣りの対象として南米から東南アジアに放流されたので、

同地のブリード個体を安価に入手することができます。

一方、南米産のワイルド個体はやはり体形、金色のノリが違います。

キクラテメンシスの飼育情報

女性

 

野生下では1m以上、水槽内でも60cmには成長する大型魚です。

地域差、個体差もありますが、生餌中心で飼い込むと額がこぶ状に盛り上がり、

地色のゴールドも強く発色し、迫力満点になります。

最終的には120cm以上の大型水槽を用意することになります。

本来は丈夫な種ですが、幼魚期は弱い傾向が見られます。

幼魚期は高水温で飼育して、一気に20cmオーバーまで育ててしまう方法もあります。

フィッシュイーターなので生餌をたいへん好みます。

人工飼料に餌付かせようと、

無理に絶食させるとそのまま回復せずに落ちてしまうケースがあるので気をつけましょう。

 

 

水槽

 

 

120cm以上、150cmや180cm水槽が理想的。

大きくなってくるとパワーがつき、水槽の移動も大変です。

湖沼や川の中ほどの緩やかな流れに生息しているので、水槽内に強い水流は必要ありません。

 

水質

水 エアレーション

 

弱酸性~中性の水質を保ちます。

大食漢で非常に水を汚すため、

外部式パワーフィルターを使っていてもろ過の追いつかないことがあります。

早め早めの換水を心がけましょう。

 

底砂

 

体色を落ち着かせるためには暗色の底砂が最適ですが、

大量の食べかすとフンを出すため、ベアタンクの方が管理は楽です。

 

 

見た目からも分かる通りフィッシュイーターですが、キクラは特に生餌を好みます。

頑固な個体はとことん人工飼料に餌付きません。

ダイナミックな捕食シーンも鑑賞の楽しみのひとつなので、

できるだけ生餌で育てたいところです。

 

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

関連記事:どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法

 

混泳

 

決して大人しい性格ではありませんが、過密気味に飼育することで混泳は可能です。

アロワナ、大型シクリッド、ポリプテルスなどが候補です。

キクラは餌食いがとても素早く、餌を独占してしまうので、底層の魚にも回るよう配慮が必要です。

うまく混泳していても、サイズ差が出てしまうとたちまち捕食されてしまうので気をつけましょう。

 

関連記事:進化の歴史を感じさせる独特のルックス!ポリプテルスを育ててみよう!

関連記事:アロワナの餌・種類・値段・飼い方などの飼育方法

 

キクラの仲間

 

「キクラオセラリス」

キクラテメンシスと並ぶアイスポット・シクリッドの代表種です。

テメンシスよりややグリーンがかった体色がポイントですが、

やはり地域差、個体差があります。

 

 

「キクラピクィティ」

ブルータイプと呼ばれる青みがかった体色が特徴的なグループの筆頭です。

成長にしたがってゴールドやうぐいす色が強くなってきますが、ひれにはブルーがよく発色します。

「アラグアイアブルー」「トカンチンスブルー」など生息流域によって様々な流通名があります。

 

 

フィッシュイーターキクラとアイスポット・シクリッドの仲間たちのまとめ

女性

 

大量の生餌を必要とし、成長スピードも速いので大変な面はありますが、体色の変化がとても魅力的。

大型魚ファンにはぜひおすすめしたいキクラです。

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. ディスカスの飼育ノウハウを伝授します!水槽・ろ過・水質・水温・病…
  2. 昭和を代表する暴れ者ジャックデンプシーを飼育しよう
  3. パロットファイヤーを飼育しよう!人間の知恵と工夫のつまった可愛さ…
  4. ルリーシュリンプはどんなエビ?餌の与え方や飼育のコツ
  5. ラミレジィを飼育しよう!アクアリウム界の万能プレーヤー
  6. 地球を食べる雄大な姿を楽しむ!ゲオファーガスの飼育方法
  7. メタリックな輝きが魅力!アフリカンシクリッドの飼育から繁殖・餌ま…
  8. アフリカ河川産はシクリッドの宝庫!ペルヴィカクロミス・プルケール…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

プレコの飼育ノウハウを伝授します!米出身の吸い付きナマズ

プレコにあまり興味のない方にとって、プレコの印象は「コケ取り要員…

滅菌のテクニックあれこれ!水槽から病気の元を追い出そう!

冬はアクアリストにとって悩みの季節。水替え時のちょっとした温度変…

ドジョウだってこんなにキレイ!クーリーローチを飼育しよう!

紫とオレンジの縞模様。クーリーローチはドジョウのイメージを覆す鮮…

ビオトープの天敵!アオミドロの対策方法

室内の水槽で熱帯魚を飼育するのとはまた違った魅力のあるビオトープ。…

ビーシュリンプを繁殖させるためのコツ

アクアリストの間で1990年代に大ブームとなったビーシュリンプ。…

【迷ったらこれ!】アクアテラリウムを作るのに必要な用品と選び方

アクアテラリウムでは水中だけではなく水上・陸上部分も作らなければならない…

おすすめ記事

  1. 藻類・コケ(苔)が発生する主な原因って何?コケ対策したい!!!
  2. アオダイショウを飼育してみよう!大人しく毒のない身近なヘビ
  3. 【熱帯魚の怖い病気】白点病・エロモナス病・水かび病・ネオン病などの症状と治療の解説!
  4. 【アオミドロを食べる熱帯魚達】エビも活躍してくれる!
  5. 水槽の地震対策にはしっかりと備える、水槽の転倒対策
  6. ネオンテトラに最適なフィルターについて 飼い方・飼育方法の基礎知識編
PAGE TOP