アクアハック

正しい熱帯魚やエビの水合わせ・トリートメントの方法





アクアリウムって難しい!

そう思われてしまう一番の理由は、水合わせに失敗して、

すぐ☆にしてしまうからではないでしょうか?

魚もエビも、水槽に入れる前には必ず「水合わせ」、

できれば別水槽を用意しても「トリートメント」を行いましょう。

ショップの水と自宅水槽の水温、水質を合わせ、

トリートメントで休ませてやることにより魚たちは元気な姿を見せてくれるのです。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた 





こんな危ない水合わせをしていませんか?

 

 

・魚やエビの入っていたショップのビニール袋を開けて、いきなり水槽に入れる。

・30分ほどビニール袋を水槽に浮かべて、水温を合わせてから袋を破って入れる。

・ビニール袋の水とショップの水をよく混ぜてから水槽に流し入れる

・金魚すくいで手に入れた金魚だから、苔取り用のヤマトヌマエビだからそのまま入れた。

 

ちなみに国産グッピーを入手したら、慎重に水合わせしている。

一見、水合わせを意識しているような行動もありますが、上の4つはどれもNGです。

 

縁日で手に入る金魚は劣悪な環境で調子を落としており、多くの病原菌を抱えていることがあります。

ヤマトヌマエビなど甲殻類は水質の急変に弱く、雑な水合わせではショックを起こしてしまいます。

価格やレア度に関係なく、どんな生体にも丁寧な水合わせとトリートメントができるとよいですね。





お祭り金魚や苔取り要員にも使って欲しい点滴式

 

 

ここでは、水合わせの中で最も手間のかかる「点滴式」をご紹介します。

面倒なやり方を覚えておけば、後は慣れに合わせて省力化できるからです。

 

○用意するもの

・バケツ、またはプラケース

・エアチューブ(水槽の置かれている高さに数十cmの余裕を加える)

・一方コック(二方、三方でもOK)

・キスゴム

・エアストーン

・エアポンプ

・ネットまたは小さ目のプラケース

※すべてアクアショップで入手可能です。

 

○手順

1.下記の順番で器具をつなげます。

エアストーン→エアチューブ→一方コック

キスゴムは両端につけます。

  1. 生体の入ったビニール袋を飼育水槽に浮かべ30分ほど放置。水温を合わせます。

3.水温合わせが終わったら、ショップのビニール袋からバケツ、またはプラケースへ生体を移動する。

4.1.で作ったチューブのエアストーン側を水槽に入れ、コック側をバケツ(プラケース)側に入れます。

水槽側はキスゴムで固定しましょう。

5.コック側に口をつけ、軽く吸います。

サイホンの原理で水槽側から飼育水が流れ込んできます。

強く吸い過ぎて、飼育水を飲み込まないようにしましょう。

6.容器側の水量が増えすぎたら、一度コックを閉めて水を捨てます。

水槽側には足し水します。

7.この作業を数回繰り返したら、容器の水と水槽の飼育水はほぼ同じ水質になっています。

8.ネットか小さなプラケースを使って生体を水槽に移動させます。

病原菌の侵入を防ぐため、ケースの水は一切水槽に入れません。

9.小さなプラケースは、網ですくうとダメージを受ける皮膚の繊細な魚用です。

 

 

ぜひ実践して欲しい導入前のトリートメント

 

生体によっては一度、養生用のトリートメント水槽に隔離した方が望ましい場合もあります。

・ショップに入荷直後で体力の落ちている個体

・幼魚や若魚

・病魚のいる水槽で飼育されていた魚(本来は購入を見送る方がベターです)

・デリケートで体調を崩しやすい魚

こうした魚にはトリートメントが有効です。

 

○用意するもの

・水槽

・粗塩、魚病薬、粘膜保護剤

・簡易なフィルター

・ヒーター、サーモスタット

 

○手順

・粗塩と魚病薬は規定量より薄めに入れます。

傷ついた体表のケアに役立つ粘膜保護剤は本水槽にも使っておくと便利です。

・上の方法で水合わせをして導入します。

・導入したその日は餌を与えません。

・翌日以降、様子を見て少しずつ与えます。

トリートメント水槽のろ過器は簡易なものなので、餌の与えすぎは水質悪化の原因となります。

・1~2週間様子を見て、病気の兆候がなければ本水槽に導入します。

アクアリストの中には1ヵ月間の長期トリートメントを勧める方もいます。

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選




ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. 【飼育水が緑色!】水槽の濁りの原因と水の透明度をあげるために行う…
  2. ベタ f 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  3. 誰でも簡単!自作CO2キットの作り方♪水草を青々ときれいに生育さ…
  4. アオミドロ対策で混泳水槽にモーリー&プラティを導入してみました!…
  5. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!
  6. 飼育水を酸性化したい!ピートモスの使用
  7. アクアリウム(水草育生)に必要な光、あなたはどの照明機器を選ぶ?…
  8. アクアリウム入門に最適!小型バルブの熱帯魚の仲間たち



おすすめ記事

  1. これから水草を植える人は読んでおきたい!グロッソスティグマの導入・育成方法
  2. これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方 ホテイアオイ f
  3. ルリーシュリンプはどんなエビ?餌の与え方や飼育のコツ
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ
  5. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する方法
  6. メダカを飼育する際の3つのポイント
  7. 【超初心者さんに捧げる】熱帯魚の水槽立ち上げ予算案を徹底紹介!
  8. レッドテールキャットの飼育で混泳や餌、寿命など一通り紹介
  9. 心を癒してくれるアクアリウムの醍醐味、熱帯魚を飼育してリラックス効果を得よう
  10. 熱帯魚の王様!ネオンテトラが長年、愛される理由 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
PAGE TOP