クサガメの飼育方法を紹介!外国では希少種のクサガメ

この記事の所要時間: 24

 

クサガメ(Chinemys reevesii)はホームセンターのペットコーナーでもよく見かけるカメで、

国内にも広く分布しています。

本州、四国、九州の平野部に分布しており、最近は北海道や奄美大島でも帰化したようです。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

外国では希少種

 

国外では中国東部や朝鮮半島、台湾などに分布していますが、いずれに地域でも減少傾向だそうで、

実は中国産の個体群はワシントン条約の付属書Ⅲ類に指定されて、

韓国の個体群は政府により天然記念物に指定されています。

IUCNのランクでは絶滅危惧種に指定されています。

多いのは日本だけのようです。

日本のクサガメは外来種が定着したもの?

 

本種はイシガメMauremys japonicaと並び、日本を代表するカメとして有名でした。

しかし、近年の研究の結果、江戸時代中期以降に朝鮮半島から持ち込まれた可能性があるようです。

そのことと関係があるのかもしれませんが、イシガメとの間で簡単に交雑してしまい、

ウンキュウと呼ばれる交雑個体が野外で採取されます。

そのF1同士も子供を残せるようです。

もともと同所的に生息している近似種(たとえば淡水魚のオイカワとカワムツなど)は、

選好する微生息地が異なったり、交尾時期や配偶行動、

そのほか何らかの生殖隔離が働き、そんなに簡単には交雑しないのです。

そういう意味でも本種とイシガメはきちんとした生殖隔離されておらず、

クサガメが定着してから日が浅いのではないかと、妙に納得できていしまいます。

 

巨頭化には貝類

 

生物学的に定義のある言葉ではないかもしれませんが、

「巨頭化」という単語が趣味のカメ類には存在します。

そのままの意味で、頭が極端に大きくなることを指します。

これは本種やオオアタマヒメニオイガメ、ダイヤモンドバックテラピン、

オオアタマガメなどで見られる現象で貝類を食べることで即頭筋が鍛えられ、

嘴も広く深く大きくなり、全体的に「大頭」になることです。

ドイツの写真図鑑「Terra log」や

中国の図鑑にはオオアタマクサガメChinemys megalocephalaという独立種が紹介され、

その写真は異様にでかい頭のカメが映っています。

でも種として裏付けはないようで、巨頭化した普通のクサガメのメス個体のようです。

このように巨頭化したクサガメを最近ショップで見かけるようになりました。

クサガメとしては高額ですが、イシガメのように飼いにくいこともありませんので、お勧めできます。

この巨頭化、遺伝するようで、その親から生まれた個体は同様になるとのこと。

ただ、普通のエサをやっていても大きくはならないような気がします。

うちのメス親は若干巨頭化しており、その子供は一見普通だったのですが、

配合をやらず、ジャンボタニシやヒメタニシばかりやっていた個体は、

配合のみで育てた兄弟にくらべると少し巨頭化してきたかなと感じられるようになってきました。

稲の害虫であるジャンボタニシの有効利用にもつながりますので、

近くにジャンボタニシの生息地がある方は一度挑戦してみては。

間違っても希少種であるマルタニシは与えないように(笑)。

 

品種

 

本種はアルビノやリューシスティックなどの品種があり、

若干高価な「オオアタマクサガメ」とは比べ物にならないくらい高値で売られています。

少なくとも私はそれらの品種個体では巨頭傾向の個体は見ていませんが、

アルビノで巨頭化したクサガメが作れたら、結構、格好いいような気がします。

 

クサガメの飼育方法

 

イシガメと比べると格段に飼いやすいカメです。

余談ながら、最近ショップでよく見られるようになったイシガメは紫外線要求量が高く、

水がきれいで、きちんと体を乾かせる場所がないと簡単に調子を崩し、

簡単に死に至るのでとてもカメ初心者にはおすすめできません。

クサガメの飼育水はイシガメほどではなくてよく、くさくなる前に替えたほうが良いですが、

それほど神経質にならなくても意外と持ちます。

エサは無理に貝類を与えなくても配合で十分大きくなり、繁殖もできます。

我が家では親個体は鯉のエサのみで毎年産卵して子供がとれています。

孵化までの日数はおよそ2か月くらいです。

繁殖もカメ類の中ではかなり簡単な部類に入るでしょう。

逆に殖えすぎに注意です。

本種をはじめ、アオダイショウやニホンヤモリなど

国内に生息する爬虫類の普通種は結構飼いやすく殖えやすく、飼育もお勧めできます。

付き合えば新たな発見があるかもしれませんので一度飼ってみてはいかがでしょうか。

 

—はじめてのカメと暮らし方—

亀の飼育

 

関連記事:これだけは押さえよう!亀の飼い方のコツを伝授します!

関連記事:初めてでも大丈夫!亀の冬眠させ方と失敗しない方法を伝授します!

関連記事:【保存版】カメの病気が症状ごとにわかる!治療法を徹底解説!

 

ごむくろ

ごむくろ

投稿者の記事一覧

HN:

ごむくろ
自己紹介:

マイナー種嗜好の貧乏アクアリストです

好きな熱帯魚:

古代魚、真胎生メダカ、アジア産魚類(コイ科、ナマズ科、アナバス科)

関連記事

  1. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  2. 【絶対覚えておくべき】ペットショップでの上手な亀の個体選びと注意…
  3. 亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!後半編
  4. 【飼育】ミスジドロガメを飼ってみよう!
  5. エロンガータリクガメの飼育方法!入門者向けのリクガメ!
  6. ビオトープでカメを飼育してみよう
  7. 亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!前半編
  8. 初心者も大丈夫!ヘビの飼い方を徹底紹介

ピックアップ記事

  1. 雄グッピー

おすすめ記事

  1. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  2. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  3. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  4. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  5. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  6. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外な人気者!貝たちの苔取り能力をチェック!

(エビ・貝)(B品)石巻貝(15匹) 北海道航空便要保温熱帯魚の売れ筋ラン…

ネオンテトラの飼育で大磯砂を使う裏ワザ

前回の記事で書いたとおり、ネオンテトラを飼育する上で、底床に大磯砂を使うのはあまり良くないで…

ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。

ビオトープを楽しんでいる皆様、こんにちは。はじめてのアクアリウム管理人のおとぼけです…

正しい熱帯魚やエビの水合わせ・トリートメントの方法

アクアリウムって難しい!そう思われてしまう一番の理由は、水合わせ…

姿を見せないハンター!チャカチャカの楽しみ方

(写真引用元:ネオス楽天市場)熱帯魚飼育は姿の美しさや泳ぎを楽しむ趣味。…

グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!

こんにちは、おとぼけです。おとぼけ宅でグッピーを飼育していますが…

おすすめ記事

  1. 【飼育】注目度バツグン! プリステラで群泳を楽しむ
  2. メダカの病気の種類と治療方法【保存版】
  3. ロジクール トラックボール M570を分解して掃除 それでも治らなければ m570 掃除
  4. 水槽レイアウトが苦手な方必見、誰でも簡単に水槽のレイアウトの作り方!
  5. 2014年 はじめてのグッピーの統括記事
  6. 素手で触ると溶けてしまうサケビクニンの生態に迫る【動画アリ】
PAGE TOP