カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る

この記事の所要時間: 219

(写真引用元:カミツキガメ wikipedia)

 

かつて普通に飼育でき、今は飼うことが出来ないカミツキガメChelydra serpentinaについてお話ししたいと思います。本種は2005年より特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令、いわゆる特定外来生物に指定され、飼育が禁止されています。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

無許可飼育すれば1年以下の懲役または100万以下の罰金になるカメ

(写真引用元:カミツキガメ wikipedia)

 

特定外来生物に指定されている生物は学術研究や展示、教育など特別な場合を除き、新規で飼育することはできませんので、本種は事実上個人で飼うことが出来ないカメになりました。あるお笑いタレントが2014年に本種を無許可で飼育していて、30万円の罰金が科せられた事件は記憶されている方も多いと思います。

でかく、安く、飽きやすいカメ

(写真引用元:カミツキガメ wikipedia)

 

カミツキガメは1960年代から輸入されていましたが、地方在住の私がよく見かけるようになったのは1980年代からでした。当時、価格は3000円から1万円弱くらいだったと思いますが、私はiZOOの前身である伊豆アンディランドで1984年に1500円で購入しました。当時としても格安でしたが、1990年初頭くらいまで流通量が増え、価格が急に下がり始め、田舎のペットショップでも普通に見かける存在になりました。本種の幼体はなかなか餌を食べず、飼いづらかったように記憶しています。そのため初めは真面目に金魚などをやっていたのですが、餌付くようになると経済的な理由からほとんどコイのエサのみで飼育しました。5年くらいで甲長20㎝になり、ほぼ成長は止まり、そのままひと月に数回、餌をやるという具合になっていました。初めはあの風貌と餌に飛び掛かる動作に満足していましたが、普段はほとんど動かないカメですし、成長も止まってしまったため、だんだんと飽きてしまいました。

 

遺棄により野外での定着が明らかに

 

甲長20㎝というのは普通のペット向きのカメでも大きい方なのですが、本種は長いクビや尻尾を持つため、それらを含めると一般家庭で飼うには相当に大きく感じられます。また動かないカメでそれなりに危険、さらに安価で大量に売られているため、金銭的価値はほぼありませんでしたので、問題のなかった昔でさえ多くの人がもてあましたと思われます。そんな大量に売られている「凶暴ガメ」は一般の人の注目も集めるようになり、2000年には改正動物愛護管理法に基づき、地方公共団体が条例で定めたいわゆる「特定動物(危険動物)」に指定されました。飼育を続けるには施錠など面倒な飼育環境を構築し、安くはないお金を役所に支払い続ける必要が生じました。1500円で買ったカメにそこまでするつもりもない私は条例施行前に懇意のショップに引き取ってもらうことにしました。でもその頃から知識のない飼育者やモラルのない業者などが野外に遺棄し始めたのではないかと思われます。2000年に千葉県の印旛沼水系で繁殖し、定着していることが明らかになりました。

 

低温に強く雑食で多産

 

カミツキガメはその風貌から肉食と思われますが、実は水生植物や陸生植物の果実なども積極的に食べ、完全な雑食性のカメです。また低温でも全く問題なく、日本でも容易に越冬します。さらによくなかったのは多産だったことで、普通の個体で20個から40個、多い場合では100個も産卵することが知られています(イシガメやクサガメでは10個くらい)。大型でこのカメの天敵となる生物も国内には生息しなかったために、雌雄さえいれば自然条件下では相当に個体数を増加させたのだと思われます。このように国内の生態系に壊滅的な打撃を与える可能性が非常に高くなり、すでに危険動物で事実上新たな個体の飼育が規制されていたこともあり、環境省により2005年に特定外来生物に指定されました。

 

野外で定着している外国の生き物は飼わないほうが。

 

このようにカミツキガメは安易に販売され、安易に飼育され過ぎた結果、私たち趣味の世界から遠いところに追いやられてしまい、さらに罰金や懲役とか、ニ十年ほど前では考えられなかった事態に発展してしまいました。行くとこまで行ってしまった感があります。昨年度もハナガメが特定外来生物に指定され、今後もどんどんペットショップに並ぶ生き物たちが規制されていくでしょう。ミドリガメやガーなども数年後には特定外来生物の指定を受けるようですし。「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト」ではチュウゴクスッポンやタイリクバラタナゴなども生態系被害の大きい種としてあげられています。私たちは生き物を飼った以上、責任を持って飼うということも大事だとは思いますが、一方で、面倒なことに巻き込まれないためにも、野外で見られるようになった外国産生物には手を出さないほうが賢明だと思います。これからこの趣味を楽しく続けるためにも、私たちは飼育の事だけではなく、先述した外来種リストや日本や世界の侵略的外来種ワースト100をよく調べ、外来生物の図鑑を見たり、ニュースなどもチェックしておくことが大事なのではないでしょうか。

 

—はじめてのカメと暮らし方—

亀の飼育

 

関連記事:これだけは押さえよう!亀の飼い方のコツを伝授します!

関連記事:初めてでも大丈夫!亀の冬眠させ方と失敗しない方法を伝授します!

関連記事:【保存版】カメの病気が症状ごとにわかる!治療法を徹底解説!

 

ごむくろ

ごむくろ

投稿者の記事一覧

HN:

ごむくろ
自己紹介:

マイナー種嗜好の貧乏アクアリストです

好きな熱帯魚:

古代魚、真胎生メダカ、アジア産魚類(コイ科、ナマズ科、アナバス科)

関連記事

  1. 【飼育】ミスジドロガメを飼ってみよう!
  2. 【保存版】カメの病気が症状ごとにわかる!治療法を徹底解説!
  3. クサガメの飼育方法を紹介!外国では希少種のクサガメ
  4. 亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!後半編
  5. 亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!前半編
  6. エロンガータリクガメの飼育方法!入門者向けのリクガメ!
  7. これで大丈夫!カメの飼育で必要な用品を全部紹介しちゃいます!
  8. ビオトープでカメを飼育してみよう

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  2. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  3. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  4. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  5. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  6. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策

ピックアップ記事

  1. お腹が苦しいグッピー

おすすめ記事

淡水カニ(ドワーフクラブ)を飼育してみよう!気になる飼育方法や必要なアクア用品

子供の頃に捕まえてきた沢ガニを飼ったもののすぐに死んでしまったと言う経験…

滅菌のテクニックあれこれ!水槽から病気の元を追い出そう!

冬はアクアリストにとって悩みの季節。水替え時のちょっとした温度変…

極上水槽レイアウト、お手本にしたい水槽レイアウトの下準備とは?

小さなガラス箱の中に生態系を構築し生物の世界を作り上げる。これも…

え!錦鯉が水槽で飼育できるの!?水槽で飼える錦鯉の世界!

(錦鯉)錦鯉ミックス Sサイズ(10匹)一般的に大型になる魚には、サイズに…

ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ

さて、前回はミナミヌマエビの餌についてのお話をしましたが、今回はミナミヌマエビを購入…

ボトルアクアリウムを立ち上げるなら!パイロットフィッシュにおすすめの魚5選

ボトルアクアリウムを作り始めて、水質が安定して世話をすることにも…

おすすめ記事

  1. グッピーの歴史
  2. こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!
  3. メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法
  4. アクアリスト必見、メンテナンス等に必要なこだわり道具(アクア用品)とは?
  5. 幻の深海生物ユウレイイカの生態に迫る!全身イルミネーションの深海魚
  6. これをやれば大丈夫!夏場のメダカ飼育の対策とメンテナンス方法
PAGE TOP
;