古代魚

スネークヘッドは他の熱帯魚と混泳できる?特徴を交えて解説します

 

メジャーな熱帯魚ではありませんが、

一部のアクアリストを魅了してやまないスネークヘッド。

日本ではダムや沼で釣れる雷魚の仲間にあたる魚です。

バス釣りの外道として雷魚が釣れる時がありますね。

蛇のようなフォルムをしており、発色が綺麗で根強いファンがいる熱帯魚です。

小型で30㎝水槽で飼育できる種類もいれば、かなり大型になる種類もいます。

今回はスネークヘッドの特徴、他の熱帯魚と混泳はできるのか?について解説いたします。

 





 

スネークヘッドとは?

 

スネークヘッドとはコウタイやドワーフスネークヘッドなどの種類の総称です。

特に有名なのはレインボースネークヘッドという種類で、

美しい発色と小型で飼育が容易なことから人気があります。

レインボースネークヘッドは生体でも20㎝までしか大きくならないので、

単独飼育であれば一般的に普及している60㎝水槽でも飼育可能です。

スネークヘッドは生命力が強く、多少の水質変化や水温変化にも順応するので、

仕事で忙しいアクアリストから特に人気のある種です。

最大の特徴として空気呼吸が可能で、水中の酸素濃度が低くても、

水面から顔を出して酸素ほ補給することができます。

水面に向かって呼吸する時に、勢い余って水槽から飛び出してしまうので、

スネークヘッドの飼育では水槽の蓋が欠かせません。

わずかな隙間からでも飛び出してしまうので、注意が必要です。

非常に食欲旺盛で、口に入るサイズなら何でも食べてしまいます。

気性が荒い種類が多く、あまり混泳に向いている熱帯魚とは言えません。

 





 

熱帯魚とスネークヘッドの混泳

 

スネークヘッドは食肉性で生餌を好んで食べます。

口に入るサイズの小魚には強く反応するので、

ネオンテトラやアカヒレ等の小型の熱帯魚は混泳できません。

生餌として小型の熱帯魚をあたえるで、

混泳させようとしても食べられてしまう可能性が非常に高いです。

生餌に慣れ過ぎてしまうと人口飼料を食べなくなってしまう恐れもあるようです。

 

エビとスネークヘッドの混泳

 

スネークヘッドは主に水槽下層でゆったりしていることが多い魚です。

エビも同じく下層をメインに生息する生体です。

もし、水槽のコケ取り要因としてスネークヘッドのいる水槽にエビを投入したら、

1日も持たずに食べつくされてしまうでしょう。

熱帯魚と同様に、スネークヘッドとエビの混泳はできません。

 

スネークヘッド同士の混泳

 

スネークヘッドは縄張り意識が強く、90㎝や120㎝の水槽でも多頭飼いは難しいと言われています。

スネークヘッドよりも大きい熱帯魚と同居しても、

攻撃性の強さからケンカになる事が多いようです。

口に入らないサイズの相手でも噛み付いて弱らせてしまいます。

1つの水槽に2匹のスネークヘッドを同居させると縄張り争いでケンカしてしまいますが、

3匹だと縄張り意識が薄れて混泳可能になるという話もありますが、これは特殊なケースです。

水槽の広さ、隠れられる場所、

スネークヘッドの個体差による性格が際どいバランスで成り立っているだけなので、

参考にしないようにしましょう。

例え混泳が成功しても、少なからずストレスを感じているので、

いつ体調を崩してエサを食べなくなるか分かりません。

一方が弱ったタイミングで襲い掛かるケースもあるので、

スネークヘッドは単独飼育が望ましいです。

 

スネークヘッド混泳のまとめ

 

スネークヘッドは食欲旺盛で、口に入る生体ならなんでも食べてしまいます。

小さい熱帯魚や、底面にいるエビなどは食べられてしまうので、混泳には向いていません。

同種のスネークヘッド同士でも、縄張り争いでケンカしてしまうので混泳には向いていません。

単独飼育でストレスなく飼育してあげるのが一番よいでしょう。

 




関連記事

  1. スネークヘッドの世界!ハンターの凄みを楽しむ
  2. レインボースネークヘッドは初心者でも飼育できるの?

ピックアップ記事

  1. 思い出のマーニー ストーリー

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

奥行き感を演出するために砂利を追加してみた【完結】

水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!の続編です。…

アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう

水槽の美観を損ねる白濁り。その原因や解決法をチェックしていきまし…

コリドラス・ステルバイとの混泳に向いている生体

前回はコリドラス・ステルバイの飼育に最適なフィルターについての話をしていきました…

タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!

さて、もうひとつタンクメイト候補としてお勧めしたいのは「レッドラムズホー…

ネオンテトラに合う水草って何? アマゾンソードプラント、ヘアーグラス

今日は、ネオンテトラに合う水草についての話をしようと思います。これから、…

レッドビーシュリンプのハッチアウトまで!飼育報告

抱卵から約4…

おすすめ記事

  1. 【底面フィルター検証】エアーリフト量とpHの関係
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚クラウンローチ
  3. もう裏切られない!セルフィンプレコの飼い方
  4. 黒髭コケを退治しよう!とっても落ちにくい水草水槽の大敵
  5. 丸っこい淡い色彩のハイランドカープが美しすぎる!飼育方法を紹介
  6. 【初心者向け】ヒョウモントカゲモドキの飼い方!餌・ケージ・保温等
PAGE TOP