シュリンプ系

レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?

レッドビーシュリンプ

 

初心者にも簡単に飼えるようで、水質や水温など、

意外と気難しいところのあるレッドビーシュリンプ。

繁殖を目指しているわけでなくても、水温を保ってあげないと元気がなくなってしまいます。

特に夏場などの暑い時期は水温が高くなりやすいもの。

その暑さ対策を考えましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドビーシュリンプが水面近くに集まる時の対策

関連記事:レッドビーシュリンプの大好物!栄養豊富なほうれん草の作り方と注意点

 




 

レッドビーシュリンプの飼育適温

 

レッドビーシュリンプの飼育適温は、18~28度です。

この中であれば、元気に生きていくことが出来ますが、28度を超えてくると、

ぽつぽつと死んでしまう個体が出てきます。

28度はレッドビーシュリンプにとって高水温。30度を超えると死んでしまいます。

特に小さい個体は高水温に弱く、稚エビなどは減ってしまい、メスも抱卵しなくなります。

 





 

レッドビーシュリンプの繁殖適温

 

レッドビーシュリンプの繁殖適温は22~26度です。

あくまで理想ではありますが、この範囲内であれば繁殖のしやすい温度です。

夏の間も繁殖をさせたいのであれば、この水温に保っておく必要があります。

 

水温を適温に保つためには、水槽が多いのであれば

エアコンをかけて部屋ごと冷やすのが一番効率的なのですが、

水槽が少ない場合には、他の方法を取ったほうが手軽に安価ですみます。

 

照明の点灯時間の変更

 

日中に照明をオンにしている場合は、昼夜を逆転させて、

夜に照明をつける方法で、水温上昇が防げる場合があります。

日中は電気を消すことで水温の上昇を抑え、水温が低くなる夜に電気をつければ、

レッドビーシュリンプの昼夜のリズムも整う、という方法です。

 

照明器具をリフトアップさせる

 

照明器具を水槽から離す方法です。照明器具からの熱を受けにくくすることが出来ます。

また、蛍光灯をLEDに変えることで温度が高くなるのを抑えることも出来ます。

 

水槽の蓋を変更するか撤去する

 

密閉状態になっている水槽の蓋を外すことで、気化熱を利用して水温を下げる方法です。

完全にフタを撤去する場合、エアレーションの水滴が飛ぶことがあるので、注意が必要です。

 

冷却ファンを設置する

 

さまざまなタイプの冷却ファンがショップに行くと売っているので、それを設置する方法です。

少しオーバースペック気味のものをつけておくと、3度ほど下がります。

ただし、ファンを利用すると急激に水量が減るので、

毎日水量をチェックして、適切な水量を保てるようにしましょう。

水が減ったからといって急激にたくさんの水を加えると

レッドビーシュリンプのダメージにつながるので注意が必要です。

 

エアレーションを追加する

 

水温が高くなると、溶存酸素量が低下してしまうので、エアレーションを追加しましょう。

溶存酸素量が低下するとバクテリアの活性が低下し、水質のバランスが崩れてしまうからです。

 

確実に水温を下げるなら水槽用クーラーを

 

室温が30度をずっと超えてしまうような場合は、

ファンやエアレーションだけでは限界があります。

部屋ごとエアコンで冷やせないのであれば、水槽用クーラーが確実です。

大きめの水槽でレッドビーシュリンプを飼っているときなどは、確実に冷やせるよい方法です。

 

ただし、外部ろ過装置を使う必要があったり、

水槽用クーラーの熱で室内が暑くなったりするのが欠点です。

 

最終手段はやはりエアコンで室内を冷やす方法

 

やはり最終的には、部屋ごとエアコンで冷やすというのが一番の手段になります。

水温も安定し、昼夜の温度差に応じてエアコンは動いてくれますから、

逆サーモを使ったりといったことを考えずにすむのもいいところです。

 

せっかく繁殖したレッドビーシュリンプが死んでしまうのはとても悲しいことです。

特に旅行に行って部屋を締め切っていたときなどに、室温が上がって全滅してしまう、

というのは立ち直れないくらい辛いことだと思います。

そのようなことを防ぐためにも、冷却方法を頭に入れておくのが良いと言えるでしょう。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 




関連記事

  1. 【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性
  2. レッドビーシュリンプのカルシウム補給!稚エビにはミネラルが重要
  3. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?
  4. ミジンコのいる水槽はレッドビーシュリンプの最適な環境
  5. エビ水槽!ソイルから大磯砂に変更してみました
  6. 【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存…
  7. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  8. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?



おすすめ記事

  1. 愛嬌いっぱいの泳ぎを見せるサカサナマズと仲間たち
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚ミッキーマウスプラティの飼育
  3. グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説
  4. 金魚の特徴を知ればもっと愛おしくなる!金魚の生体を紹介しちゃいます! 金魚 f
  5. JUN マスターソイルがスゴイ!?マスターソイルは普通のソイルと何が違うの?
  6. どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法
  7. 【初めてでも大丈夫】アヌビアス・ナナの育成方法・植え方・活着方法をご紹介!
  8. まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日
  9. 水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリットまとめ!
  10. ネオンテトラの飼育 – 底床でソイル以外何が向いてるの?飼い方編
PAGE TOP