メダカの飼育・繁殖

【メダカの雨水対策】屋外飼育は酸性雨に注意!対策方法を紹介





 

 

メダカを屋外で飼育していると直面する問題、それが雨水問題です。メダカはビオトープでより自然に近い形で飼育するので、雨の影響を大いに受けてしまいます。池や川のような水量の多い環境であれば雨水の影響も少ないのですが、容量の少ないビオトープではメダカに影響を及ぼします。

 

今回は雨水がメダカに及ぼす影響と、対策方法を解説します。

近年では酸性雨の影響も懸念されているので、しっかりと理解しておく必要があります。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました!

関連記事:室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要?

 

 

雨によるメダカの影響

梅雨の葉っぱ f

 

メダカの屋外飼育において、多少の雨はメダカに大きな影響を与えません。たまに降る雨程度ならそこまで気にする必要はありません。

しかし梅雨時期やゲリラ豪雨のように、雨水が大量に水槽に混入する場合は話が別です。

 

大量に雨水が混入すると、水質を大きく傾けてしまうのでメダカに負担がかかります。特に小さな容器で飼育している場合は、特に水質が急に傾いてしまうので要注意です。

 

例えばメダカや金魚の飼育で良いとされている「グリーンウォーター」は植物プランクトンが豊富に含まれている飼育水ですが、大量の雨水が混入すると植物プランクトンが死滅してしまいます。

 

植物プランクトンが死滅するような急激な水質変化はメダカにも良くありませんので、雨水の影響はなるべく避けるようにしましょう。単純に雨水の増水のせいでメダカが流れてでてしまうことも考えられます。

 

自然を利用したいという気持ちで雨水を貯めて水槽に入れる方がいますが、それは控えてください。

 

雨水は自然がもたらすものですが、人間が発生させてしまった有害物質を吸着して降り注ぎます。

もっとも有名なのが酸性雨と呼ばれるものですね。

 

多少の雨水の混入は問題ありませんが、バケツ貯めておいた雨水は有害な物質を凝縮させている可能性があります。

 

それをメダカの住んでいる水槽に入れてしまうと、メダカの体調を崩す原因や、死んでしまうこともあります。水道水を放置してカルキを抜いたものか、薬剤を使って無害化した水を使いましょう。

 

 

雨水混入対策方法

すだれ f

 

雨水が水槽に入らないように対策方法を解説します。

 

蓋をする方法

 

水槽に蓋をする。シンプルですが最も効果的な手法です。

 

 

メダカのビオトープ水槽は睡蓮鉢で和風レイアウトが一般的なので、すだれを蓋の代わりに使うと見栄えも良いですね。発泡スチロールでメダカの飼育を楽しんでいる人は、そのまま発泡スチロールの蓋を利用すると良いでしょう。

 

常に蓋を載せているとメダカの泳いでいる姿が見られないので、雨が降るタイミングで蓋を載せて管理してあげて下さいね。すだれは夏の強い直射日光を防いで景観も損なわないので、メダカの屋外飼育で特におすすめです。

 

水槽の淵に布を掛ける方法

 

蓋をする方法以外には、水槽の淵に布を掛けておく方法があります。布はタオルや要らなくなったTシャツやボロボロになった軍手、なんでも構いません。

水槽のサイズに合わせたものを用意しましょう。

 

布の片方を水に浸しておくと、毛細血管現象で自動的に水を吸い上げてくれます。布の片方を水に浸しておくだけで、繊維の毛細血管現象によって水が自動的に排出されて、水量を管理してくれます。

 

布が飛ばされないように固定しておくだけで、自動的に水量を管理してくれるので、布を掛けておく方法は簡単です。

 

梅雨時期のように大量の雨が降るときは、水の排出スピードが間に合わない場合があるので管理が必要です。

 

 

酸性雨による影響

 

 

雨の成分は地域によって大きく変わります。

 

自然が豊かな地域では有害物質をあまり含んでいませんが、都会や工業地帯だと有害物質を含んだ酸性雨になることもあります。

 

大量の酸性雨が飼育水に入ってしまうと、水質が酸性に大きく傾きます。これもメダカにとっては良くないので、可能であれば雨水を個別に採取してPHを検査しておくと良いでしょう。

 

酸性が強い地域で屋外飼育をするときは、水質をアルカリ性に傾ける牡蠣殻を入れてあげると良いので気になる方は雨水の成分を検査しておくと安心ですね。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカに適切な餌の量は?餌を与える時間帯とは?

関連記事:メダカの立ち泳ぎ病の治し方、立ち泳ぎの原因と対策

 




 

関連記事

  1. メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方
  2. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  3. こんなにいる!メダカと混泳できる魚を一挙公開!
  4. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適…
  5. メダカ 睡蓮 s メダカを睡蓮鉢で飼育時の掃除方法!底を奇麗に保とう
  6. メダカ ビオトープ f 屋外で睡蓮鉢を浮かべてメダカ飼育を快適にしよう!
  7. メダカ f メダカの失踪原因は共食い!?水槽から消える原因と対策
  8. メダカを飼育する際の3つのポイント

ピックアップ記事

  1. ベタ f
  2. メダカ ビオトープ f

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

メタリックな輝きが魅力!アフリカンシクリッドの飼育から繁殖・餌まで紹介!

シクリッドの種類は非常に多彩で、最もポピュラーな観賞魚のひとつであるエン…

ネオンテトラの飼育方法 – 外部フィルターを徹底解説!

先日、ネオンテトラを飼育する上で、ぜひフィルターを購入してほ…

熱帯魚の王様 ネオンテトラ 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?

アクアリウムはある程度の投資が必要なホビー。それでも気になってし…

レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?

紅白の縞模様がきれいなレ…

【エビ水槽】水カビがあまりにも酷いので原因と対策を伝授します

無事に稚エビが生まれた水槽ですが、注意してみると、水草にカビのような…

南方大口ナマズを3年間飼育してみてわかったこと

中国の長江以南に分布するナマズで、日本のマナマズS.asotus…

おすすめ記事

  1. 正しい熱帯魚やエビの水合わせ・トリートメントの方法
  2. 自宅周辺から水草を採取して水草水槽に導入してみた
  3. 1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご紹介!
  4. 赤・黄色・オレンジ・青・白・黒など様々なミナミヌマエビの亜種紹介
  5. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう
  6. ウィローモスの育て方と増やし方!活着性質でお役立ち度抜群の水草
PAGE TOP