グッピーの病気

グッピーの病気の発見方法

この記事の所要時間: 045

グッピーの病気の発見方法

アマゾン川

 

グッピーの病気には必ず発病前に兆候があります。

グッピーの病気になる原因を未然に防いでる事を前提に 早期発見、早期治療を迅速に行いましょう!

また早期発見・早期治療を行う事によってそのグッピーを救う事だけではなく

他の魚への病気の感染を未然にも防ぐ事になります。

病気にかかったグッピーのサインを見逃さないように注意深く観察する事です。

それでは、病気にかかっている可能性があるサインをここでは記述します

 

 グッピーの体調が悪いサイン

海水魚

・口が開いたまま行動がおかしい
・体全体が乾いてるようでツヤがない
・給餌しても食いつきが悪い
・水底付近で動かない
・泳ぎ方が不自然
・尾びれが常に閉じている
・体が痒そうで何かにこすりつけている
・水面付近で苦しそうにしている
・呼吸の仕方がおかしい
もし上記のサインを発見した場合はグッピーの体の抵抗力も弱まっている可能性もあり
体調が悪いため病気に感染しやすいので原因を突き止めて治療を施しましょう。

グッピーの病気の初期病状

熱帯魚飼育 注意

他の小型魚に比べるとグッピーは丈夫な魚です。
ですが飼育者の管理状況によって左右されてしまいますのでグッピーの外見に下記のような点があった場合は病気にかかっている可能性が高いです。
・エラが赤白く腫れている
・ヒレの先が溶けている
・眼球が飛び出して見える
・口元や体の一部が白くなってる
・体に水カビがついてる
・ヒレや体に白点がある
・極度に痩せている
・ウロコがたっている
上記を意識してグッピーを観察して下さい。
いつもとは違う様子が見られたら病気の可能性が高いです。

関連記事

  1. これだけ抑えよう!グッピーの白点病の治し方
  2. グッピーが病気になる原因

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など
  2. アフリカンランプアイの飼い方と繁殖や餌などの飼育方法
  3. 熱帯魚の代表ならグッピー飼育がオススメ!必要な水槽や危惧の紹介!
  4. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  5. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  6. これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方

ピックアップ記事

おすすめ記事

アクアテラリウムでオススメしたい陸上・水辺生物をこっそり教えます!

アクアテラリウムでは水中部分で熱帯魚などの生体を…

熱水300℃を超える熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビ

やぁ、兄弟。調子はどうだい?おとぼけは元気ですぜ。今回も光が一切…

グッピーと混泳できる熱帯魚、ラスボラ ヘテロモルファ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混泳できる熱帯魚を紹介…

レッドファイヤーシュリンプってどんなエビ?飼育や繁殖について紹介

(エビ)レッドファイアーシュリンプ(5匹) 北海道航空便要保温水草のグリー…

コリドラスと工夫次第では混泳出来る熱帯魚リスト

前回はコリドラス・ステルバイとの混泳に向いている生体について話しましたが…

え?こんなにいるの!?小型カラシンの仲間と混泳できる熱帯魚一覧

小型のカラシンの代名詞とも言える「カージナルテトラ」については前回の話で…

おすすめ記事

  1. ボトルアクアリウムにコケや油が発生!取り除くにはどうすればいいの?
  2. 水槽にバックスクリーンを貼れば雰囲気が激変
  3. アオダイショウを飼育してみよう!大人しく毒のない身近なヘビ
  4. 水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!
  5. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1
  6. メダカに産卵させる方法と採卵のコツをお伝えします!
PAGE TOP