グッピーの基礎知識

グッピーのヒーター(保温器具)

 

 

グッピーの好む水温を維持するにはヒーター(保温器具)は必需品になります。

ヒーターにも種類がありますので、ここでは簡単にヒーターの種類を解説します。

貴方のグッピーにも快適な環境を提供しましょう。

 





 

ヒーター

 

 

水を加熱する保温器具がヒーターになります。

 

 

サーモスタット

 

 

そして最近では上記2つが一体になったオートヒーターも人気です。

ちなみに、私は水を加熱するヒーターとヒーターの温度を自動で調整するサーモスタットが一体になった「オートヒーター」を使用しています。

 

 

ヒーター(保温器具)を使用する際の注意点

 

 

基本的にヒーター(保温器具)は水底付近に置いて使用しますがヒーター内部の異常加熱を防ぐために底砂に埋めるような事は決してしないで下さい。

 

 

 

水槽の美観を損なわないようヒーターを設置するコツ

 

 

せっかく貴方は築き上げた癒やしのアクアリウムの世界。

水槽の美観を少しでもよくするにはヒーターを水槽の億に寝かせて目立たないように設置しましょう!

特に隅に取り付けた事によって水草のためのスペースをより広く確保する事にも繋がりますよ。

 

 

ヒーターの火傷から熱帯魚(グッピー)を守る

 

 

水温を維持するにはヒーターは必需品です。

しかしヒーター表面の発熱による熱で熱帯魚が火傷をする可能性もあります。

 

また私の実体験ですがヒーターを設置した場所にいつもいる熱帯魚が火傷をした事がありました。

表面が膨れ上がり痛々しい状態でしたので、貴方の熱帯魚、グッピーをやけどから守るためにもヒーターカバーを購入することをオススメします。

 

 

また最近はオートヒーターにヒーターカバーがセットになっている保温器具も販売されていますので、
ヒーターを導入される方は大切なグッピーを火傷から守るためにヒーターカバーも合わせて導入しましょう。




関連記事

  1. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、コリドラス
  3. 極上水槽レイアウト、お手本にしたい水槽レイアウトの下準備とは?
  4. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、ディスカス
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、グローライトテトラ
  6. グッピーのための水槽
  7. グッピーと混泳できる熱帯魚、アルジイーター
  8. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない



おすすめ記事

  1. 【熱帯魚の怖い病気】白点病・エロモナス病・水かび病・ネオン病などの症状と治療の解説!
  2. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ ベタ f
  3. 知っておきたいエアレーションの基本と効果や意味 泡 水槽 f
  4. 【初心者でも大丈夫】ソフトコーラルとイソギンチャクを飼育してみよう!
  5. 本気のアカヒレ飼育ガイド!繁殖を目標にアカヒレを徹底飼育
  6. グッピーのための照明器具
  7. 淡水産二枚貝の飼育にチャレンジ!砂の中にビール酵母の錠剤!?
  8. 昭和を代表する暴れ者ジャックデンプシーを飼育しよう
  9. 【メダカの共食いの原因と解決法】成魚が稚魚を共食いさせない対策 メダカ f
  10. 悪縁をバッサリ断ち切ろう!縁切り神社の安井金比羅宮に行って来た
PAGE TOP