グッピーの基礎知識

グッピーのためのフィルター(濾過器)

この記事の所要時間: 28

234173259e809b74c8d94e5be0b55581_m

 

次は水槽内をグッピー達の住みやすい環境に保つためのフィルター(濾過装置)について解説します。

そもそもフィルターって何?

 

フィルター(濾過器)とは

アクアリウム フィルター 選び方

水槽内の水を循環させることによって濾材を通過させて汚れを除去するのがフィルターの役目です。

水槽の規模に合わせて最も効果的な物を用いる必要があります。

濾過器のない水槽でグッピーを飼育していると、

餌の食べかすや排泄物などの有機物が分解されてそれがアンモニア(毒)に変化します。

 

更にそのアンモニア(毒)は亜硝酸(毒)になり硝酸塩(低毒性)に変化します。

アンモニア(毒)  →  亜硝酸(毒)  →  硝酸塩(低毒性)

アンモニアも亜硝酸っも毒性が強くその濃度が高くなると魚は生きていく事が出来ません。

そこで、濾過機によって水を絶えず循環させることによって食べカスや排泄物などを除去し浄化する必要があります。

フィルターにも色々な種類があり最初にどのフィルターを使えばいいか悩んでしまうと思います。

各フィルターのメリット・デメリットを解説しますので貴方にあったフィルターを選んでくださいね。

 

フィルターの種類

上部式フィルター

ニッソー スライドフィルター360Jr
(株)マルカン 売り上げランキング: 21,735

 

【メリット】 汚れを覗き込んで調べたり、濾材を取り出して洗ったりするのに便利なので初心者には扱いやすいフィルターです。

【デメリット】 水槽上部にセットすることから蛍光灯を多く設置できないのが難点です。

他にも吸水部から小さな稚魚が吸い込まれてしまう危険もあります。

フィルター内の掃除をしたら稚魚の骸がいた・・・とかなんとか。

 

 

底面式フィルター

 

濾過板を水槽の底に設置し、その上にソイル・砂利・砂を敷きつめて使うタイプです。

エアーポンプで送気することで水を水中に濾過させて砂が濾材となって汚れを取ってくれます。

【メリット】 砂にはバクテリアを繁殖させているので同時にアンモニアなどの有害物も分解されます。

水槽の底面全体がフィルターとなるので濾過効果が抜群

 

【デメリット】 砂をクリーニングするのに非常に手間がかかるのが難点

 

 

 

外部式フィルター

 

 

モーターが内臓されているのでフィルターを水槽の外部に設置し、

パイプによって汲み出した水を濾過後に別のパイプで水槽に戻すタイプが 外部式フィルターになります。

 

【メリット】 装置を目立たない場所に隠せば水槽ないがすっきりし見た目が良いです。

音が静かでで密閉式なので炭酸ガスを逃さず水草の育成を防がないので水草の育成にも良い。

【デメリット】 値段が他のフィルターに比べると高めです。

 

外掛け式フィルター

テトラ オートワンタッチフィルター AT-30
スペクトラム ブランズ ジャパン (2010-11-29) 売り上げランキング: 2,702

 

外掛け式フィルターは水槽の外側にフィルター本体を掛ける方式の濾過装置です。

濾材が水槽の外にあることが主な特徴です。

 

【メリット】 フィルターの設置や濾材の交換がワンタッチなど比較的メンテナンスが容易で、

小型水槽から60cm水槽サイズなどラインナップが豊富にあり、

他のモーター式フィルターに比べ、本体価格が非常に安価であり、初心者向けとしても人気が高いです。

また、売っている製品のほとんどはポンプが海水対応していますので海水魚飼育にも利用できます。

 

【デメリット】 他の濾過機と違い濾過能力はあまり良くない

 

 

スポンジフィルター

ブリーディングフィルター MS S-1180
スドー 売り上げランキング: 12,424

関連記事

  1. グッピーと混泳できる熱帯魚、ピグミーグラミー
  2. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない
  3. アクアセラピー|水草って不思議と疲れた心を癒してくれるよね
  4. 熱帯魚をアクアショップで購入した際の水合わせ・グッピーなどダメー…
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、アルジイーター
  6. 岩組など水槽レイアウトで必要な基礎知識
  7. 水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る
  8. グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

ネオンテトラの飼育 – 底床でソイル以外何が向いてるの?飼い方編

前回、ネオンテトラの魅力を最大に引き出す底床はソイルだという話をしました。しかし、ソ…

ワイルドグッピーの世界を知ろう!ルーツだけが持つ味わい

(熱帯魚)ワイルド・グッピー ペルー産(1ペア) 北海道・九州航空便要保温…

ヒトデの飼育方法をご紹介!海水水槽のアクセントに!

潮干狩りや海水浴でよく見かける「ヒトデ」ですが、皆様はどんな感想をお持ち…

メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由

(ビオトープ/浮草)ホテイ草 国産(ホテイアオイ)(3株) 金魚 メダカ庭…

熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?

アクアリウムはある程度の投資が必要なホビー。それでも気になってし…

こっそり教えます!初心者向け水草導入術!おすすめ水草・育て方を紹介!

熱帯魚を飼うときに鑑賞用として導入するなら、水草も検討すると思います。…

おすすめ記事

  1. 熱帯魚の冬対策をしよう!ヒーターやサーモスタットの選び方
  2. 水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!
  3. エビの抱卵の条件って何?憧れのシュリンプ繁殖
  4. 【これはすごい!】美しいアクアテラリウムの世界!アクアテラリウムとはどんなものか?
  5. 【衝撃の事実】熱帯魚は飼い主の顔を判別できている!?なおさら愛しくなる研究結果
  6. アオダイショウを飼育してみよう!大人しく毒のない身近なヘビ
PAGE TOP