グッピーの基礎知識

グッピーのための水槽

アクアリウム フィルター 選び方

 

水槽にはアクリル製、ガラス製、必要な設備が一式になったセットタイプなど色々な水槽が市販されています。

 

飼育にもっとも適した水槽を選んでいきましょう!

 

水槽の主なサイズ一覧

 
一般的に市販されているサイズは下記になります。

・45cm ・60cm ・90cm ・120cm ・180cm 市販されている熱帯魚用の水槽ならどのサイズのものでもグッピーを飼うことが出来ますよ。

ちなみに最もスタンダードなのは60cm水槽になります。

このサイズなら水草のレイアウトも楽しむ事が出来きますし、レイアウトをしても狭苦しくなることはありません。

そして取り付けられる周辺機器も60cmサイズの水槽の方が充実しています。

 

それではサイズを決めたら、それぞれの水槽のメリット、デメリットを見ていきましょう!

 

アクリル水槽

 

【メリット】 計量で強度があるあアクリルは、大型水槽の材質に適しています。

【デメリット】 ガラスより透明度が高いものの、傷つきやすいのが難点。

オーダーメイドすればどのようなサイズのものでも作ってもらえますコストが割高になります。

 





 

ガラス水槽

 
【メリット】 主流はプラスチック枠にガラスを嵌め込んだ製品。
サイズや関連用品がとても豊富でビギナーにとって入手のしやすが魅力です。

【デメリット】 アクリルの方が強度が強いためアクリル水槽と違ってガラスは重いため大型魚はガラスをぶち破るデメリットがあります。

スティングレー水槽

 

【メリット】 インテリア感覚が強い水槽、ガラスを曲げ加工した特殊な水槽の為、 お洒落で鑑賞主体の飼育に向いてます。

【デメリット】 特殊な形状をしているため、関連用品も少ない

 

オールインワンタイプの水槽

 
【メリット】 初めから熱帯魚飼育に必要な設備が一式揃っています。
ろ過装置、照明、ヒーターなどセットになっています。初めて飼う人には 便利で小型から大きな物までいくつかのサイズがあるので部屋の広さや雰囲気に応じて選ぶことが出来る。

【デメリット】 熱帯魚飼育に慣れてくると他の用品にも手を出したくなります。
他の用品を購入してしまうと一式についている設備を使用しなくなるので結果的にコストが割高になる可能性もあります。

 

グッピー用の水槽を選ぶ上で一番の重要ポイント

水槽 水滴

 

グッピーの飼育では、水槽のサイズや種類とともに、水槽の本数が選ぶ際のポイントになります。

 

最初は水槽を1本で飼い始めても、

稚魚が生まれたら別にもう1本用意しなければいけませんし 品種の良いグッピー、

品種を増やせばその分、仕分けが必要になり種類ごとに水槽が必要になってきます。

 

オールインワン水槽1本でグッピーを育成する場合、あくまで鑑賞を楽しむものと割り切る必要があります。

 

 

グッピーは複雑な系統の品種が多く存在しその中の品種を維持するとなると最低3本の水槽が必要です。

 

 

管理人のオススメ

 

実際に私はオールインワンの水槽一本で割り切ってグッピーを飼育し楽しんでおります。




関連記事

  1. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  2. ゼブラダニオの飼育|混泳できない熱帯魚たち
  3. アクアライフを満喫、冷凍エサのメリット
  4. カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法
  5. 水槽水の水質も大切、水質検査のやり方
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!
  7. グッピーの歴史
  8. 熱帯魚をアクアショップで購入した際の水合わせ・グッピーなどダメー…



おすすめ記事

  1. 【メダカの越冬】落ち葉は有効なの? メダカとマツモ f
  2. 【初心者でも分かる】もう迷わない!自分に合った水槽の選び方 リビング f
  3. レッドビーシュリンプに最適な水質は軟水!軟水の作り方解説!
  4. カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る
  5. 黒髭コケを退治しよう!とっても落ちにくい水草水槽の大敵
  6. ミナミヌマエビを飼育する上で最適な底床選び、水質について
  7. 水質を弱酸性にするのにピートモスがオススメ!ピートモスの使い方
  8. 【これなら間違いなし】アクアテラリウムでオススメしたい水草6選!
  9. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック アクアリスト 冬 水温対策 f
  10. 苔に対する生物兵器、レッドラムズホーン、実は突然変異で発生した個体!
PAGE TOP