はじめての深海

フウセンウナギは深海のアナコンダ、まるでエイリアンのような形をしている。フウセンウナギの生態について調べてみた

やぁ、兄弟。調子はどうだい?
おとぼけは元気ですぜ。

今回も新シリーズ「はじめての深海魚」はじまるよー。

それじゃ行ってみましょう。





まるで深海のアナコンダ、フウセンウナギの生態

Saccopharynx Lavenberg

(photo by pinterest )
和名:フウセンウナギ(風船鰻)
学名:Saccopharynx lavenberg
英名:Gulper Eel
生息地帯:水深2000m – 3000m
体長:70cm – 2m

 

深海のアナコンダと言われる理由

深海のアナコンダ
まず見た目が凄くグロテスクじゃないですか?

こんなんそこら辺で泳いでたら確実におしっこちびります。
フウセンウナギ(深海魚)が弱ってて浅瀬に迷い込んで、
あなたが泳いでるそばにフウセンウナギが真横にいたら怖くないですか?

確実にトラウマ認定ですね。

 

このフウセンウナギがアナコンダと言われる理由ですが
この顔を見てもわかると思いますが、エイリアンのように喉元まで裂けた口を持つ奇怪なウナギの一種なんです。

 

喉元まで裂ける口、こんなん丸呑みされちゃう

saccopharynx-lavenberg

(photo by astrosurf.com)

フウセンウナギはあごが非常に大きくラッパのような体型をしています。
餌の貧しい深海の世界では効率よく栄養補給を行うために口をアナコンダのように
大きく開いて水ごと獲物を飲み込んで消化しちゃうんです。

いやぁー、恐ろしい

英名Gulper Eelの由来

250px-Anaconda_jaune_34

(photo by wikipedia アナコンダ)

英名、Gulper Eelは丸呑みするウナギです

自分と同じくらいの獲物さえ水ごとまるごと呑み込んでしまいます。

大きな獲物を丸呑みするのは地上の蛇、、またはアナコンダと一緒ですね。

 

一度飲み込んだ獲物は長期間かけて消化する

実はこのフウセンウナギは胃も伸縮するから大きな獲物も捕食できるんです。
そして一度呑み込んでしまうと、数週間に一度の食事でも生きていくことが出来ます。

これは深海の世界では餌が乏しい環境で進化した特有のフウセンウナギですね。

 

フウセンウナギは深海の魚類、アナコンダは陸に生息する爬虫類

Eunectes_murinus2

(photo by wikipedia Eunectes)

実はこの2匹はまったく違う種族ですが食事方法はいずれも同じ食い溜めを採用している

消化器官と体の構造をしております。

 

フウセンウナギは視力はいいの??目はどれくらい見えてるの?

NGS Picture ID:1159443

(photo by natgeocreative.com)

フウセンウナギは水深2000-3000mの真っ暗な深海に生息しております。
そのため、目は退化しており極端に小さい目をしています

しかしこの大きな顎といい、このラッパのような細長い体型異型な形をしていますね。

しかもフウセンウナギは鋭い歯をしており、顎と胃を広げることができるので
捕食しているシーンを目撃したら失禁レベルですね。

捕食シーンはまだ発見されていませんが、実際に大きな魚を丸呑みした状態で
捕獲したフウセンウナギも発見されています。
しかしこんな形状をしていますが、味は鰻の味なんですかね?
日本でも鰻不足が続いており鰻の稚魚の価値が沸騰していますが、深海魚の鰻を蒲焼きなども
いいかもしれませんね。(適当)
喉元まで裂けた口をもつ鰻さん。
こんな深海魚と出くわしたくないです。。。。。

過去記事:まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

 




編集後記:

おとぼけしゃぶしゃぶ

昨日はおとぼけ彼女と自宅でしゃぶしゃぶを食べました。

この寒い季節に自宅でしゃぶしゃぶは本当に美味しいですね。

お酒もハイペースですすみ気がついたらそのまま寝てしまいました。

おとぼけは記憶がなかったのですが、寝た後、お風呂にも入らず

そのまま寝室に直行して爆睡してたそうです。

起床後に、お風呂に入らず寝室で寝たことに関して1時間近く

おとぼけ彼女に説教されたおとぼけですた。

ちなみに皆さんはしゃぶしゃぶを食べる時のタレはなんですか?

ごまドレッシング派?それともポン酢は?

おとぼけはごまドレッシング派です。

ちなみに昨日はごまドレッシングを用意してもらえずポン酢で食べました。

それじゃまたお会いしましょう。

ばいちゃ!




関連記事

  1. 熱水300℃を超える熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビ
  2. 素手で触ると溶けてしまうサケビクニンの生態に迫る【動画アリ】
  3. 見た目はグロいけど実は美味しい深海魚7選
  4. まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日
  5. ラブカをもっと知ろう!深海の生きた化石でもある古代サメの魅力
  6. 幻の深海生物ユウレイイカの生態に迫る!全身イルミネーションの深海…
  7. ウラナイカジカ科 wikipedia 「世界一醜い生物」!?ブロブフィッシュの生態
  8. 究極の愛の形、雄の壮大な人生と呆気無い最期、オニアンコウの一種を…



おすすめ記事

  1. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミを飼おう!繁殖から価格まで網羅!
  2. アクア界屈指の人気者!コリドラスで飼育をしよう!
  3. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  4. ネオンテトラの飼育方法 – 上部フィルターを徹底解説!
  5. 水槽に浮かぶ油膜の原因と対処法、教えます!
  6. ベタと混泳できる熱帯魚達の相性・エビもダメなの?
  7. グッピーと混泳できる熱帯魚、コリドラス・ピグミー
  8. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
  9. ビーシュリンプ飼育に最適な水槽
  10. 旅行中のメダカの餌はどうする?何日なら餌なしで大丈夫? メダカとマツモ2 f
PAGE TOP