アクアハック

【これで解決】ゴールデンハニードワーフグラミーの繁殖から飼育方法まで全てまとめてみました!

この記事の所要時間: 813

 

薄いレモン色がなんともきれいなゴールデンハニードワーフグラミー

飼い方や繁殖方法について徹底的に解説していきたいと思います!

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーはどんな魚?

 

ゴールデンハニードワーフグラミーとは“ハニードワーフグラミー”の改良品種であり、その体格は約4cmと、

非常に小型の生態です。

飼育はとくに難しくなく、他の同じ体格の生態とも混泳ができます。

 

互いを胸ビレでタッチしあうグラミータッチも見られます。

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーの水質

試験 アクアリウム

 

pH 5~7(弱酸性~中性)がベスト。

水槽の大きさにあまり固執しなくてもいいとは思いますが、導入数に合わせ、水槽サイズも大きくしていくといいでしょう。

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーの性格

ポイント

 

非常に温和です。温和なので、他の同じ大きさの生態との混泳もOK。

 

しかしオスは繁殖期になると、それまでの温和な性格とは一転、たちまち他の魚に威嚇するようになります。

なので混泳の際はオスの入れすぎに注意した方がいいかもしれません。

水槽内が戦場となる可能性があります。(笑)

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーのエサ

 

ゴールデンハニードワーフグラミーは、活動域が水面なので、フレーク状の浮くタイプのエサが最適です。

エサをがめつく取りに行くことがあまりないことから、小型のカラシンとの混泳では満足にエサが食べられないということがよくあります。

その際は、フードキーパーを使うなり、しっかり食べられるようにしてあげましょう。

エサ自体が大きくて食べられないようでしたら、小さく与えてもいいですし、グラミー自身がコツをつかめば、口に含んで小さくして食べます。

 

生き餌だと、アカムシやイトミミズが最適。

これらは繁殖も促してくれますよ。

 

また、エサとは違いますが、水槽内に発生したヒドラも食してくれます。

 

ゴールデンハニードワーフグラミーのオスメス

ポイント 女性

 

オスは成長して繁殖期が訪れると、婚姻色と言って、喉元がだんだん黒くなってきます。

メスは成長してもこれといって代わり映えはありませんが、オスと比べた時にやや体格がふっくらした感じになります。

 

GHDグラミーはオスが水面に泡巣を作り、子育てもこなしていきますが、メスは産卵するだけです。

泡巣を作る繁殖は他ではベタが有名です。

繁殖期の気性の荒いオスの姿は、闘魚と言われるベタもびっくりです。

 

先述しましたが、水槽内にオスが複数いると、縄張り争いをする傾向にあります。

 

 

ゴールデンハニードワーフグラミーで気を付けること

熱帯魚飼育 注意

水流の強さ

アクアリウム フィルター 選び方

 

GHDグラミーは強い水流を好まないので、水流が少ないフィルターを選ぶようにしましょう。

スポンジフィルターが一番ですが、大き目の水槽ですとろ過能力が追い付かない場合があるので、その他のフィルターでも構いません。

外部フィルターでしたら掃出し口を壁に当てたり、外掛けフィルターなら掃出し口の水流を緩やかにする工夫が必要です。

 

繁殖のときにアマゾンフロッグピットがあると便利なのですが、これを多めに置くと、水流が出来にくくなります。

 

混泳できない魚

dbeef9dfa263086395db700bb5a1c0ff_m

 

体格の大きい魚やエビは避けましょう。

エビはGHDグラミーが逆にちょっかいを出してしまいます。

また、繁殖期には威嚇行動もするので、小型のカラシンには十分注意しましょう。

 

我が家ではグラミー(オス)同志の争いに巻き込まれたカラシン達が水槽の外に飛び出してしまうということがありました・・・

みなさんも、夜間は軽くフタをするなどして、防御策をとってください。

 

エロモナス(松かさ)病

水槽内や生態自身にも持っていると言われている、エロモナス菌によって発症する病気です。

水質の悪化や、環境の変化によるストレス要因が考えられることから、定期的な水替えや、迎えた時の水合わせは慎重にしたほうがいいです。

進行してポップアイ(眼球突出)などの症状が出てくると、もう手遅れとなってきますので、こうならないように防止策が重要です。

少しでも様子がおかしいなと思ったら、隔離と水替えが重要です!

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. ここまでなってしまうの!?バイオフィルムの脅威!!
  2. 1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご…
  3. 【絶対押えておくべき】横浜のおすすめ熱帯魚(アクア)ショップ4選…
  4. ニョロニョロ好きのアイドル?スパイニーイールの飼育を楽しむ
  5. 水槽のリセット方法徹底解説!余裕を持って計画してスムーズなリセッ…
  6. 目が開き続けてる熱帯魚はいつ寝てるの?原始睡眠を理解して飼育に活…
  7. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  8. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

エビの抱卵の条件って何?憧れのシュリンプ繁殖

あこがれの「爆殖」を実現するために、まずはエビたちが抱卵する条件を知って…

【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた

熱帯魚飼育で一番厄介な苔と言えば、黒髭藻じゃないでしょうか?苔の…

自宅周辺から水草を採取して水草水槽に導入してみた

小川、田んぼ、里山、土手を歩くと多くの水草を目にします。メインの…

金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹介!

金魚を飼育するのに必要となるのが水槽や金魚鉢です。水槽や鉢に…

糸状コケ対策を徹底紹介!もう糸状コケに悩まされないぞ、撃退方法!

水草の葉からフサフサと伸びる糸ゴケは、見ばえがよくないだけでなく…

知っておきたいエアレーションの基本と効果や意味

いわゆる「ブクブク」と呼ばれるエアレーションで。エアポンプなどを…

おすすめ記事

  1. 【保存版】ブラックウォーターの作り方と効果や特徴
  2. 水の中の小さな熊蜂!バンブルビーゴビーの魅力
  3. メダカの繁殖と無事孵化させて稚魚を育てるコツ
  4. 【保存版】グッピーの産卵箱に入れる兆候とタイミング
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ
  6. 人気者なのに意外と短命?ヤマトヌマエビで失敗しない8つの方法
PAGE TOP