シュリンプ系

【保存版】レッドチェリーシュリンプを飼育してみよう!繁殖や飼育方法を全て丸わかり!

この記事の所要時間: 424

 

 

どの熱帯魚屋さんにも大体置いてあるレッドチェリーシュリンプをご存知ですか?

小さくて発色のきれいなレッドチェリーシュリンプ。専用水槽で飼育する人もいるくらいファンの多いエビちゃんです。

お値段も他の赤系のシュリンプに比べて低価格で購入できるので、導入しやすいのもうれしいですね。

そんなレッドチェリーシュリンプの飼育方法等を今回はご紹介いたします。

まずはレッドチェリーシュリンプ飼育基本データから!

 

とにかく弱いエビ

 

ミナミヌマエビという透明の身体をしたエビの改良品種とも言われているレッドチェリーシュリンプ。

エビ全般に言われることですが、水質の変化に弱いので、購入直後の水合わせにはいつも以上に気を遣うようにしてください。

 

酸欠には特に気を付けて!

photo credit: Soaked Spider via photopin (license)

photo credit: Soaked Spider via photopin (license)

 

エビは酸欠を起こしやすい種類なので、水槽はエアレーションを設置してあげましょう。

また、飼育中に水面に集まるようなら要注意。

酸欠を起こしている可能性があるので、そのような状態が長く続く場合には、即エアレーションを導入してください。

CO2を添加している水槽は特に添加時間は気にするようにしてください。

日中忙しい人や、旅行に行く予定があるという人は、タイマーつきのコンセントタブが便利です。

 

 

関連記事:これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まとめ 

関連記事:ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、レッドファイヤーシュリンプなどの亜種

関連記事:マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の餌にもなる水草

関連記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

 

レッドチェリーシュリンプの適正水温は?

photo credit: Natures Best via photopin (license)

photo credit: Natures Best via photopin (license)

 

水温は24℃前後が望ましいです。

エビに高温に注意しましょう。

夏場の温度が上がりやすい時期にはとくに気を付けるように!

夏場は放っておいても水温が30℃になることがあるので、冷却ファンなどを用いて、適温を保つようにするのがベストです。

 

エサは何がいい?

9401745d92a3228d35c009d017eb64da_m

 

基本的にはコケも食べてくれるので、お掃除役で導入している人も多いです。

混泳水槽ですと、他の熱帯魚が残したエサを食べることもあります。

あとはエビ専用の底エサがあるといいようです。うちではコリドラス用に用意したテトラコリドラスをつまつま食べてくれます。

 

水槽内では隠れ家を作ろう

 

混泳水槽は特に隠れ家を用意してあげるようにしましょう。

夜行性なので、昼はほとんど姿を見せません。

どこにいるのかと思いきや、流木の下の細い所に隠れていたり、キスゴムの間に挟まっていることもあります。

「ええ?!そんなところに挟まっている?!」と驚くことも多いです。

水草も多くいれてあげて、自然により近い環境を演出するとエビたちも落ち着いてくれます。

 

底砂はソイルが最適!他の砂利は??

 

エビにソイルが最適という理由は、ソイル自体が水槽内の飼育水を弱酸性に傾けてくれるからです。

じゃあ砂利は絶対ダメなのかというと、そういうわけでもありません。

実際うちでは砂利を使用していますが、特に問題点もなく皆元気に育っています。

ただし、細かい砂利は食べることがあるので、水槽内では厚めに敷いておきましょう。

次にレッドチェリーシュリンプを繁殖させてみよう

 

【次のページに続きます】

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【レッドビーシュリンプの飼育】止水域の対策・関係性を解説
  2. レッドビーシュリンプが餌を食べない時の対策方法
  3. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターの…
  4. ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2
  5. シュリンプの繁殖のコツを伝授します!シュリンプ爆殖の飼育方法
  6. レッドビーシュリンプの餌はウィローモスがあれば餌はいらない?
  7. ヌマエビは魚の格好のエサ!分割飼育のススメ
  8. エビの抱卵の条件って何?憧れのシュリンプ繁殖

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

淡水産二枚貝の飼育にチャレンジ!砂の中にビール酵母の錠剤!?

(エビ・貝)カラス貝(1匹) 北海道航空便要保温アクアリウム趣味の中でもカ…

糸状コケ対策を徹底紹介!もう糸状コケに悩まされないぞ、撃退方法!

水草の葉からフサフサと伸びる糸ゴケは、見ばえがよくないだけでなく…

熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

熱帯魚飼育では必要不可欠なアクア用品。その中でも絶対必要なアクア…

ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう

大きなヒレが美しいベタを育てる上で、水草は必需品ですが、水草の種…

コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルター

前回は、コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適な底床について話していき…

淡水カニ(ドワーフクラブ)を飼育してみよう!気になる飼育方法や必要なアクア用品

子供の頃に捕まえてきた沢ガニを飼ったもののすぐに死んでしまったと言う経験…

おすすめ記事

  1. ゼブラダニオの飼育|混泳できない熱帯魚たち
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、ラスボラ ヘテロモルファ
  3. 【昭和のアクアリスト必見】セベラムの飼育方法を紹介!
  4. まだ照明選びで迷っているの?海水魚飼育で珊瑚やイソギンチャクを育てるならこの照明を選べ!
  5. 野生のメダカは普段、何を食べてるの?
  6. これだけは押さえよう!亀の飼い方のコツを伝授します!
PAGE TOP