淡水フグ

これだけ読めば丸わかり!淡水フグ(テトラオドン ファハカ)の飼育方法や混泳、餌を徹底解説!

 

淡水フグという魚を御存じでしょうか?

 

「フグって、海にいるんじゃないの?」

そんな答えが返ってきそうです。しかし、淡水域にもフグはいるのです。

フグやエイ、カレイなどには淡水域で生活をしているものがいます。

淡水ウツボなどと言う種類もいるのですからアクアリウムの世界とは奥の深いものです。

 

そんな中で今回は「淡水フグ」について少しお話をしてみたいと思います。

 

淡水フグの種類

 

とても愛嬌のある顔立ちで人気を読んでいるフグたちがペットショップでも見かけられます。

最もポピュラーなのは「アベニーパファー」でしょうか。

成魚になっても3センチ弱という小柄さはとても飼いやすいのですがいかんせん小さすぎてやや物足りなく感じてしまう方も多いでしょう。

 

 

それよりもやや大きい種類となると「ミドリフグ」や「ハチノジフグ」が出てくるのですがこれでも5センチ程度が精いっぱい。

しかも、この「ミドリフグ」や「ハチノジフグ」は汽水域の生息魚です。

汽水域というのは淡水と海水の丁度中間くらいの塩分濃度です。

河口と呼ばれるあたりの濃度でしょう。

 

この為、「ミドリフグ」や「ハチノジフグ」は淡水飼育出来ると思っている方も多いのですが反対に海水の方が元気に育つのです。

こうした例を除くと本当の淡水フグという種類が分かってくるのですがそれでも、数多くの種類があります。

 

「テトラオドン・ファハカ」・「テトラオドン・ムブ」・「インドアカメフグ」・「エメラルド・パファー」などがこれらの中の代表種ですが

今回の主役は我が家でもその圧倒的な存在感を示してくれた「テトラオドン・ファハカ」で話を進めてみましょう。

 

 

「テトラオドン・ファハカ」・・・凄い名前だな

テトラオドン ファハカ(ブリード) 3cm 1匹

テトラオドン ファハカ(ブリード) 3cm 1匹
価格:1,234円(税込、送料別)

 

「テトラオドン・ファハカ」と聞いたらなんだかとても凶暴な魚ではないのかと思ってしまう方も多いでしょう。

確かに、言葉のイメージではそう感じるかも知れませんね。

 

「テトラオドン・ファハカ」は別名「リネアートゥス」とも呼ばれる淡水フグです。

最大にまで成長すると約40センチにまでなりますが飼育水槽の大きさによりそれに合わせた成長をしますので一般家庭であっても飼育は可能です。

しかし、水量の大きい水槽で育ててあげるほどその魅力が分かるでしょう。

 

 

テトラオドン・ファハカの大きさと寿命

ワンポイント

 

「テトラオドン・ファハカ」は通常のペットショップでも季節により入荷している事が多々あります。

体長2~3センチ程度で売られている場合が多いのですがこの自体はまだ幼魚といっても良いでしょう。

生まれてから半年以内の個体である事が多いようです。

「テトラオドン・ファハカ」は平均しても5年以上、ときには8~10年を生きたという例もありますので本当に長い付き合いの出来る魚です。

 

さて、私が「テトラオドン・ファハカ」を買ったペットショップでは略して「ファハカ」とだけ書かれていました。

お値段は、800円位だったと記憶しています。

ちなみに「テトラオドン・ファハカ」は大きく成長するほどに値段も上がっていきます。

20センチ近くになると10,000円を超える事も珍しくはありません。

この日、我が家で初めての淡水フグを迎えたのでした。

飼育水槽は、30センチタイプの肩掛け濾過。

まだ、幼魚である為に落ち着くまで身を隠す場所を作ってあげる為に溶岩石と多少の水草を入れてあげたのです。

 

 

淡水フグに溶岩石を入れる理由

スライス溶岩石 1L 関東当日便

スライス溶岩石 1L 関東当日便
価格:1,118円(税込、送料別)

 

淡水フグは他魚との混泳はできません。

なんでも齧ってしまうからです。

また、歯が伸びすぎると餌を食べにくくなりそれが原因で衰弱してしまう事もあります。

伸びすぎた歯はニッパーなどで切ってあげるのですがこれは慣れていないと大変な作業です。

その為、溶岩石を入れておくと良いでしょう。

溶岩石についた餌などを齧り取っていくうちに歯の伸びすぎを抑制する事もできるし身を隠す場所にもなるという意味でお勧めしたいアイテムです。

 

テトラオドン・ファハカの水質と水底について

 

水質・水温は通常の熱帯魚飼育と同じで問題はありません。

底砂をひくかどうかはお好みといった所でしょうか。

淡水フグは擬態を行うのであった方が良いという意見もありますが私はベアタンク(底砂無し)で育てます。

それは、掃除をしやすくする為です。

 

さて、こうして始まった「テトラオドン・ファハカ」との生活。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【はじめての飼育】キュートで可愛い汽水魚のミドリフグに恋する!
  2. 絶対抑えておくべきフグの歯切り方法について伝授します!

ピックアップ記事

  1. メダカ 睡蓮 s

おすすめ記事

  1. メダカ飼育で絶対に押さえておくべきリスト【保存版】 メダカとマツモ f
  2. 睡蓮鉢ビオトープはメダカの初心者飼育に最適な理由 メダカ 睡蓮 s
  3. 室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要? メダカ f
  4. メダカ水槽におすすめ浮き草5選!初心者でも飼育が簡単
  5. メダカと水草を育てるならおすすめの低床は専用ソイル!
  6. インテリアにも使えるおしゃれなメダカ水槽のレイアウト特集 テトラ (Tetra) リビングキューブ 12 オールインワン水槽 淡水・海水用 (容量 約12L) amazon



おすすめ記事

机上快適な環境づくりを!リヒトラブ 机上台を購入、レビューしてみるよ

こんにちは、おとぼけです。今回は熱帯魚(グッピー)とは関係なくおとぼけのプライベートの事につ…

夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!

魚たちにとって大切な酸素を水中に供給する、エアレーションやフィルター。…

ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう

大きなヒレが美しいベタを育てる上で、水草は必需品ですが、水草の種…

グッピーとは混泳してはいけない、スマトラの紹介

こんにちは、おとぼけです。毎度グッピーさんと混泳してはいけない熱…

【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!

ビオトープで主に楽しめる植物は水辺を好む植物がほ…

レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期

成長するときに、脱皮を繰り返しながら大きくなっていくレッドビーシュリンプ…

おすすめ記事

  1. ネオンテトラ 飼い方-水槽選びをしっかりするだけで美しさが更に磨かれる編
  2. グッピーが病気になる原因
  3. ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで
  4. 地上で熱帯魚を飼うだいご味?マッドスキッパーの飼育に挑戦
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
  6. アクアリウムでやってはいけない禁止行為って何?
PAGE TOP