ビオトープ

ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ!

この記事の所要時間: 152

ビオトープにもいろんな規模や種類のものがありますが、

今回は池などを掘ってつくるのではなく飼育容器を使用して楽しむ

ビオトープを作るために必要となるものをご紹介したいと思います。

 

飼育容器

ベランダや庭先にビオトープを作るのであれば当然飼育する容器・器が必要となります。

ビオトープの容器としては発泡スチロールやトロブネ、睡蓮鉢、

ひょうたん池などがありますが、自分の好みにあった飼育容器を選びましょう。

それぞれの容器にメリット・デメリットがあります。

飼育容器を気にいるかどうかだけではなく、とくにベランダに設置する際はビオトープの重量に耐えれるかどうかも調べてから容器を決定するようにしましょう。

また容器の広さによっては設置後に邪魔になる・通れなくなるなどのトラブルが起きないようにサイズや設置場所もきちんと事前に考えておきましょう。

できるだけ水量が多い方がそのぶん水質も安定しやすいのでできるだけ大きな容器を選んだほうがいいでしょう。

 

底床材


ビオトープの底に敷き詰める土や砂利などのことです。

底床材は必ずしも必要なものではありませんが、育成する植物によっては底床材があったほうが良いものもありますので、

底床材は育成したい植物によって使用するかどうかを考えましょう。

底床材を使用しなくてもポットや鉢に土をいれて植物を植えたあと、鉢ごとビオトープに沈めたりする方法でもかまいません。
また底床材の粒と粒の隙間ができますが、その隙間にバクテリアが繁殖して水質の改善に役立ってくれることもあります。
ビオトープで使用される底床材としては『赤玉土』が多いようです。

しかしとくにそれにこだわらずとも、濁るのが嫌であれば砂利を使用するということでも可能です。

 

水辺植物

 

ビオトープではメダカや金魚などの生体だけではなく、睡蓮やシダ植物などの水辺植物の育成を楽しむことが可能です。

水辺植物だけではなく、通常の観葉植物などを使用することも可能です。

その際には水を与えすぎないなどの観葉植物に合わせた飼育環境を作るようにしましょう。
水辺植物を選ぶときには園芸店や観葉植物のお店などに行って、

実際にビオトープに入って売られているものをその通りの植え方で使用すればほぼ間違いなく育成は可能でしょう。
ビオトープはアクアリウムのように水温や外気の調整ができないのですが、

そのぶん四季に合わせた植物を使用することでより季節感のあるビオトープにすることができます。

しかしビオトープのシーズンは主に4月から10月くらいまでで、その他の期間は美しいまま越冬できる水辺植物はほとんどありません。

植物を越冬させるには植物に合わせた越冬の準備をしなければなりません。

もちろん越冬できないため毎年購入しなければならない植物もあります。

水棲生物

 

ビオトープで飼育される生物としては一般的なのは『メダカ』・『金魚』・『ミナミヌマエビ』などでしょう。

いずれも比較的寒さに強いため、越冬の準備をしっかりしてあげれば氷が張るような環境でも、

完全に凍りつかなければ越冬することができる種類の生体です。
基本的にビオトープには飼育水を加温するようなヒーターは設置しないので

一般的な熱帯魚などは暖かい季節以外はビオトープでは飼育することができません。

 

ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ!のまとめ

女性

 

今回紹介させていただいたものを準備してもらえればビオトープを楽しむことができます。

ただし、容器や底床材を準備した後直ぐに生体を入れるのは待ってください。

水道水のカルキが中和されるのには4日間程度はかかります。

まずは植物だけを設置して楽しみながら、どんな生体を飼育したいのか考えておきましょう。

 

 

関連記事

  1. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだ…
  2. 浮草でビオトープの水面を飾ろう | オススメ浮草5選
  3. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました…
  4. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  5. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  6. 【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育…
  7. ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。…
  8. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まと…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  2. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  3. カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る
  4. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  6. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密

ピックアップ記事

おすすめ記事

最も丈夫な水草として有名なアヌビアスナナ、レイアウト、グッピーにも最適な水草

こんにちは、熱帯魚大好きなアクアリストのおとぼけです。今回もグッ…

糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(20匹)発生しやすく除去しにくい迷惑な糸ゴケ。糸ゴケ対策の…

ワイルドグッピーの世界を知ろう!ルーツだけが持つ味わい

(熱帯魚)ワイルド・グッピー ペルー産(1ペア) 北海道・九州航空便要保温…

素手で触ると溶けてしまうサケビクニンの生態に迫る【動画アリ】

(写真引用元:クサウオ科 wikipedia)サケビクニンは、カサゴ目コ…

苔(コケ)との仁義なき戦いも今日までだ!コケ取りDXを導入!

こんにちは、アクアリウム大好きのおとぼけです。おとぼけ家の水槽は…

クラウンローチ飼い込みガイド!横になって眠る姿に癒される♪

(熱帯魚)クラウンローチ(1匹) 北海道航空便要保温他の魚の食べ残しをさ…

おすすめ記事

  1. ミナミヌマエビを飼育する上で最適な底床選び、水質について
  2. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッド
  3. グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ
  4. ビオトープでカメを飼育してみよう
  5. ヤマトヌマエビの飼育・脱皮のことを知り飼育に生かそう
  6. 熱水300℃を超える熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビ
PAGE TOP