ビオトープ

ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。

この記事の所要時間: 218

ビオトープを楽しんでいる皆様、こんにちは。

はじめてのアクアリウム管理人のおとぼけです。

 

私も都内マンションのベランダに90L水が入るビオトープを設置し

メダカと睡蓮などを飼育しております。

 

ビオトープではどうしても避けても避けれない「苔」

今回はビオトープの悩みの種のコケ対策について紹介していきます。

 

 

ビオトープではアオミドロ(コケ)が発生する環境が整っている

ビオトープは水換えが不要の為、基本的に放置になってしまいます。

その為、どうしてもビオトープの水質は富栄養化しており各種のコケが大繁殖しやすくなる環境になっております。

 

ビオトープにコケが発生したらどうしている?

元々、富栄養化状態になっているので、生体に与えている餌を減らすか、または、日に当たる時間を減らすなど対策をしましょう。

 

ビオトープは水が大量に入っているので日ごとに移動することが難しい事から

すだれを設置するなら日照時間を少しでも減らしてみましょう。

 

ビオトープのコケは物理的に除去するしかない

私がやっている方法としてはコケが発生したら、長いピンセットを使用して

ビオトープ内をクルクル回してわたあめを作るかのようにコケを除去しています。

 

以前は、魚網(ネット)を使用しましたがネットにコケが絡みついて

逆に除去しづらかったのを覚えております。

 

コケの発生に関してはどうしようもないので、上記の対策を取りましょう。

 

または部分的に水換えなども良いかもしれませんがキリがないので、物理的に除去をする事をオススメします。

 

 

ビオトープのメンテナンスをサボると、どうなる?

生体目線で行くと、アオミドロが大量に発生すると、生体が泳ぐ区域が減るだけではなく

生体が引っかかったりする可能性もあります。

 

また餌を与える際にアオミドロの郡の中にまぎれてしまい、生体が餌を食べれず水の水質悪化に繋がり結果的にコケの発生にも繋がる事になりますので、しっかりとメンテナンス(コケ取りをしましょう)

 

またアオミドロだらけのビオトープは水が緑色っぽくなり観察しづらいです。

水の透明度が高いと水中も観察しやすくビオトープの楽しさが広がる事から

定期的にメンテナンスはしましょう!

 

人工池制作動画


自宅の庭に人工池を制作しているDIY動画

羨ましい。動画を眺めているだけで楽しいですよ。

 

 

よく読まれている記事

ミドリガメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

金魚
よく読まれている記事:私がアクアリウムを始めて良かった3つの事
レッドファイヤーシュリンプ 可愛い

 

関連記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

 

バイオミニブロック

関連記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

関連記事

  1. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました…
  2. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まと…
  3. 【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!
  4. ビオトープの天敵!アオミドロの対策方法
  5. ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ!
  6. 浮草でビオトープの水面を飾ろう | オススメ浮草5選
  7. 【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればい…
  8. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべきポイント
  2. レッドビーシュリンプの稚魚の育て方!稚エビの生存率を上げる方法
  3. レッドビーシュリンプが水槽から飛び出してしまう【原因と対策方法】
  4. レッドビーシュリンプが共食いする原因と対策方法!
  5. 【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在
  6. ビオトープの天敵!アオミドロの対策方法

ピックアップ記事

おすすめ記事

陽火石は水のpHに影響を与える?最適なレイアウトや導入時の注意点

アクアリウムのレイアウト素材でよく使われることも多い陽火石。見た…

【絶対覚えておくべき】ペットショップでの上手な亀の個体選びと注意点!

前回は亀さんの飼育アイテムについて書きましたので、今回は「どんな亀を選んだら良いか・…

カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る

(写真引用元:カミツキガメ wikipedia)かつて普通に飼育でき、今…

グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ

こんにちは、グッピーと混泳できる熱帯魚の紹介シリーズもいよいよ終盤になっ…

メダカに産卵させる方法と採卵のコツをお伝えします!

夏場はメダカたちの繁殖・産卵の季節。メダカはどんな条件が揃えば産…

外部フィルター導入で本格的なアクアリウムを!メリットとデメリットをご紹介!

フィルターと言えば、水槽内の残餌や生体の排泄物などを吸い込み、水槽内の環…

おすすめ記事

  1. JUN マスターソイルがスゴイ!?マスターソイルは普通のソイルと何が違うの?
  2. 見た目はグロいけど実は美味しい深海魚7選
  3. 水質を弱酸性にするのにピートモスがオススメ!ピートモスの使い方
  4. ヒメダカと楊貴妃は似ているけど違いは何?
  5. 苔(コケ)との仁義なき戦いも今日までだ!コケ取りDXを導入!
  6. レインボースネークヘッドは初心者でも飼育できるの?
PAGE TOP