ビオトープ

ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。

この記事の所要時間: 218

ビオトープを楽しんでいる皆様、こんにちは。

はじめてのアクアリウム管理人のおとぼけです。

 

私も都内マンションのベランダに90L水が入るビオトープを設置し

メダカと睡蓮などを飼育しております。

 

ビオトープではどうしても避けても避けれない「苔」

今回はビオトープの悩みの種のコケ対策について紹介していきます。

 

 

ビオトープではアオミドロ(コケ)が発生する環境が整っている

ビオトープは水換えが不要の為、基本的に放置になってしまいます。

その為、どうしてもビオトープの水質は富栄養化しており各種のコケが大繁殖しやすくなる環境になっております。

 

ビオトープにコケが発生したらどうしている?

元々、富栄養化状態になっているので、生体に与えている餌を減らすか、または、日に当たる時間を減らすなど対策をしましょう。

 

ビオトープは水が大量に入っているので日ごとに移動することが難しい事から

すだれを設置するなら日照時間を少しでも減らしてみましょう。

 

ビオトープのコケは物理的に除去するしかない

私がやっている方法としてはコケが発生したら、長いピンセットを使用して

ビオトープ内をクルクル回してわたあめを作るかのようにコケを除去しています。

 

以前は、魚網(ネット)を使用しましたがネットにコケが絡みついて

逆に除去しづらかったのを覚えております。

 

コケの発生に関してはどうしようもないので、上記の対策を取りましょう。

 

または部分的に水換えなども良いかもしれませんがキリがないので、物理的に除去をする事をオススメします。

 

 

ビオトープのメンテナンスをサボると、どうなる?

生体目線で行くと、アオミドロが大量に発生すると、生体が泳ぐ区域が減るだけではなく

生体が引っかかったりする可能性もあります。

 

また餌を与える際にアオミドロの郡の中にまぎれてしまい、生体が餌を食べれず水の水質悪化に繋がり結果的にコケの発生にも繋がる事になりますので、しっかりとメンテナンス(コケ取りをしましょう)

 

またアオミドロだらけのビオトープは水が緑色っぽくなり観察しづらいです。

水の透明度が高いと水中も観察しやすくビオトープの楽しさが広がる事から

定期的にメンテナンスはしましょう!

 

人工池制作動画


自宅の庭に人工池を制作しているDIY動画

羨ましい。動画を眺めているだけで楽しいですよ。

 

 

よく読まれている記事

ミドリガメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

金魚
よく読まれている記事:私がアクアリウムを始めて良かった3つの事
レッドファイヤーシュリンプ 可愛い

 

関連記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

 

バイオミニブロック

関連記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

関連記事

  1. ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ!
  2. 【夏の管理の仕方】ビオトープの水温管理のコツを教えちゃいます!
  3. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  4. 【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!
  5. 【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育…
  6. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まと…
  7. ビオトープでカメを飼育してみよう
  8. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  2. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  3. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  4. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  5. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由
  6. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など

ピックアップ記事

おすすめ記事

海水魚の飼育初心者に捧ぐ!外掛け、スポンジ、水中、底面フィルターで迷ったらこれだ!

さて、前回の記事は【もう迷わない!海水魚の飼育ならどのフィルター…

汽水のミドリフグの飼い方と歯切りはどうするの?

photo by wikipedia ミドリフグ淡水でも飼育ができる汽水域のフグの紹…

コリドラス・ステルバイとの混泳に向いている生体

前回はコリドラス・ステルバイの飼育に最適なフィルターについての話をしていきましたが、今回は、…

ブルーテトラを飼育しよう!トレンドの青をおさえつつ上品な雰囲気を持つブルーテトラ

(熱帯魚)ブルー・テトラ(6匹) 北海道・九州航空便要保温グッピーやシク…

グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス

こんにちは、おとぼけです。今回も恒例のグッピーとの混泳を出来る熱…

メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について

(めだか)楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか(6匹)小型混泳水槽で人気のメダカとミ…

おすすめ記事

  1. パクパクえら呼吸!魚はどうやって酸素を取り入れているの?
  2. 京都パワースポット・清水寺の 音羽の滝(京都水ご利益)を体験
  3. ネオンテトラの飼育方法 – 外掛けフィルターを徹底解説!
  4. アベニーパファーを飼育しよう!純淡水で飼えて、小型水槽でもOK!
  5. アフリカンランプアイの飼い方と繁殖や餌などの飼育方法
  6. 水槽のコケ対策にオススメな生体一覧をまとめて紹介
PAGE TOP