金魚

金魚を知ることで飼育もより楽しもう!金魚の歴史や鑑賞の変化を徹底紹介!





金魚 f

 

金魚のことを皆さんはどのくらい知っているでしょうか。

金魚を飼育している人でさえもあまり金魚のこと、とくに歴史等については知らない事の方が多いのではないかと思います。

例えばですが、海外でも国内でもいいですが旅行に行った先の事を「何にも知らないで観光する」ことと「歴史やどんな場所なのかを知ったうえで観光する」というのでは楽しみ方も大きく違ってっくるものです。

金魚の飼育においても、金魚がどこからきてどのような変化をして来たのかなどを知っておくことでより飼育を楽しむことができます。





 

金魚の歴史

金魚 f

 

金魚は現在では日本では金魚すくいなどでも見かけますし、アクアリウムの中でも金魚飼育はもっとも広いジャンルのものといえるかもしれません。

そんな金魚ですがじつはもともとから今のように種類が多かったわけではないのです。

金魚の歴史に触れてみましょう。

 

金魚にも原種がある

金魚 f

 

金魚にも当然祖先・原種というものがあります。

はじめから今の金魚の様にヒラヒラしたひれをもっていたわけではありません。

金魚はもともとは中国の赤いフナでした。

その赤いフナにいろいろな配合をさせることで現在のように多くの種類が出るようになりました。

 

金魚飼育の起源

金魚 f

 

金魚(赤いフナ)の飼育が初めて行われたのは記されているものの中でもっとも古いのは西暦500年頃から中国で始まったと言われています。

しかしそれから数百年間は金魚の飼育もごくわずかなもので、金魚の飼育が中国国内に広まってきたのは西暦1000年頃とされています。

このころはまだ水槽などはありませんでしたので室外のため池のようなところでの飼育がされていました。

今のビオトープの様に室外で容器を使って飼育され始めたのが西暦1600年過ぎたころと言われています。

金魚は中国から広まったものなのです。

 

日本における金魚の歴史

金魚 f

 

日本に金魚が初めて伝わってきたのが西暦1600年頃といわれているので中国に広まり始めてからかなりの年数が過ぎていますね。

しかしこの時代の日本は戦が盛んにおこなわれているということがあり、金魚が伝わってきても日本中に普及する事はありませんでした。

それどころか一旦は金魚はいなくなってしまったとさえ言われています。

その後も金魚は日本に持ち込まれていましたが一般的には出回らず、ごく一部の裕福な家系での飼育が多かったようです。

しかしそれ以降は日本でも金魚の繁殖が盛んになり西暦1800年以降からは一般家庭にも広まるようになり、

夏祭りでの金魚すくいなどでとくに広がりが盛んになったと言われています。

 

金魚の変化と観賞の変化

金魚 f

 

金魚の起源は赤いフナであったことは説明しましたが、

これまでの金魚の歴史で今のように水槽で飼育するようになったのは、長い歴史からみればまだまだ最近の話です。

金魚が飼育される環境が変化することでいろんなことが変化してきました。

金魚の飼育が始まったころはとくに「どのような金魚の姿が美しい」というような考えかたはなかったようですが、

陶器などの容器を使用しての飼育が始まってからがとくに金魚の品種が増え始めました。

長い期間を陶器などの飼育容器で飼育・鑑賞されてきた金魚ですので、

おなじように長い期間は上から観賞するのに適したようなものが品種としてつくられていました。

しかし現在では水槽における飼育も多く行われるようになり、上からだけではなく正面や横からの美しさも求められるようになりました。

 

金魚を知ることで飼育もより楽しもう!のまとめ

金魚 f

 

このように金魚は私達の需要によってさまざまな品種がつくられてきたのですね。現在では非公認の品種まで含めれば100種類程度の金魚があるそうです。

今回の金魚の歴史や変化を知ったうえで金魚の飼育や観賞を行なうことで、より金魚への興味も強くなるのではないでしょうか。

私たちの需要で品種改良された金魚ですので最後まで責任を持って飼育したいですね。

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:meganuma

meganuma スタッフ

 

自己紹介:現在は900×600×450水槽で主にプレコ飼育と金魚鉢で金魚飼育、ビオトープで水辺植物やメダカ飼育をしております。

好きな熱帯魚:アシュラプレコ・アカリエスピーニョ・キングコングパロット、挙げればきりがありませんね。




関連記事

  1. 金魚 f 何コイツら可愛い!!金魚にも様々な種類がいて悶絶不可避!
  2. 金魚 f 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい?
  3. 金魚 f イメージと違う…!実際に金魚は生命力の強い生体だった…
  4. 金魚 f 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は?
  5. 金魚 f 【金魚の冬眠】失敗しない金魚の冬越方法
  6. 金魚 f 金魚の水槽の水換えの仕方と外せないポイント(水温など)
  7. 【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法
  8. 金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹…



おすすめ記事

  1. 入門種にして奥深さもあるプラティを飼育しよう!
  2. ゼブラダニオの飼育|混泳できない熱帯魚たち
  3. 海水魚の飼育なら知っておくべき!天然海水と人工海水のどちらを使う?
  4. 【保存版】熱帯魚のエサの回数は一日一回?与え方や種類なども徹底解説!
  5. グッピーとは混泳してはいけない、スマトラの紹介
  6. ミクロラスボラ・エリスロミクロンを飼育してみよう!ミャンマーに生息する幻の美魚
  7. ランプアイの飼育方法は難しい?生き残らせるための必須条件とは?
  8. 水槽のコケ対策にオススメな生体一覧をまとめて紹介
  9. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  10. メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法
PAGE TOP