カラシン

エンペラーテトラの飼育方法を伝授!高貴な紫のきらめきのインパイクティスケリー

エンペラーテトラ

 

インパイクティスケリーの別名はエンペラーテトラ。

今上天皇陛下が皇太子時代、ブラジルを訪問された際に贈られた魚が、

現在流通しているインパイクティスケリーのもとになっているからです。

紫は古来から高貴な身分に用いられる色。

インパクティスケリーなら、アクアリウムに風格を与えてくれるかもしれません。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

[adsense]

 

エンペラーテトラの基本情報

エンペラーテトラ

 

全長4~5cmの小型カラシン。「インパイクティスケリー」とも表記します。

1978年6月、今上天皇陛下(当時は皇太子)が

日本人ブラジル移住70周年記念式典のためサンパウロにご訪問された際、

国立ブラジル・アマゾン魚類研究所から贈られました。

日本に持ち帰られてからは、熱帯魚の研究家、ブリーダーとして名高い東博司さんの手で繁殖され、

市場に流通するようになりました。

体の中央を走る黒いラインの上下に、青紫の発色が美しい魚です。

[adsense]

 

エンペラーテトラの飼育情報

エンペラーテトラ

 

ショップで見かけると銀と黒の地味なテトラですが、弱酸性の軟水でじっくり飼い込むと、

エンペラーと呼ぶにふさわしい上品な紫色に仕上がります。

水草の茂った水槽ではさらに繊細な体色が映えます。

 

 

エンペラーテトラの水槽

水 f

 

小型種なので30cm程度の水槽サイズから飼育できます。

複数飼育するとより映えるので、標準的な60cm水槽をおすすめします。

さほどシビアな水質は要求しないので、上部フィルターで大丈夫です。

水草を重視するなら外部フィルターがよいでしょう。

 

関連記事:【初心者でも分かる】もう迷わない!自分に合った水槽の選び方

関連記事:失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!

 

エンペラーテトラの水質

水質 f

 

本来は弱酸性の軟水を好みます。中性付近の飼育水でブリードされた個体が主流になってきているので、

流木などでゆっくりPHを下げていきましょう。

水草メインの水槽は肥料によってPHが急激に上下動することがあるので、こまめにチェックします。

白点病にかかりやすいので、換水時の温度合わせはしっかりと。

 

関連記事:水槽水の水質も大切、水質検査のやり方

関連記事:犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!

 

エンペラーテトラの底砂

 

明るい色の底砂を使うと、せっかく体色が映えなくなってしまいます。

水草育成用の茶色いソイルなど暗い色目を選びましょう。

水草との兼ね合いもありますが、照明もできるだけ抑えると繊細な発色がくっきりします。

 

 

エンペラーテトラの餌

 

 

フレークフードなど人工餌を主体に与えます。

生餌の要求度は高くないので、冷凍ミジンコはおやつ程度で十分です。

冷凍アカムシは口に合うよう刻んでから与えます。

与えすぎるとすぐ体形を崩してしまうので、適量と感じる量よりさらに絞るのがコツです。

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

 

エンペラーテトラの混泳

 

 

テトラの仲間や、グッピー、バルブなどと混泳できます。

小型カラシン類の中ではやや気性が荒く、他魚を追い払うしぐさを見せますが、

混泳のハードルになるほどではありません。

むしろ威嚇のために、ひれを大きくひろげるので鑑賞にはちょうどよいレベルです。

稚魚の飼育は難しいものの、インパクティスケリーだけの水槽なら産卵行動も見せてくれます。

 

 

インパクティスケリーの仲間

 

インパクティスケリー・スーパーブルー

ドイツでさらに品種改良が重ねられ、

アフリカン・シクリッドのようなメタリックな輝きを帯びるようになりました。

体側の黒いラインが薄れ、ブルー一色に染まります。

 

ブルーテトラ

インパクティスケリーと並ぶブルー系小型カラシンの代表種。

飼い込むと体側に青みがかかり、目の上が赤く縁どられます。

混泳水槽向きで、人工餌で飼育できます。

 

ブルーリボンテトラ

インパクティスケリーに似ていますが、青みがやや淡く、

尾びれがオレンジ色に染まるところがポイントです。6~8cmとひとまわり大きく育ちます。

飼育は難しくありませんが、小型カラシンの中では少々気の強い方です。

 

 

エンペラーテトラ飼育のまとめ

女性

 

魚種を問わずメタリックブルーの体色を持つ改良品種が数多く出回り始めたことで、

インパクティスケリーはやや地味な存在になってしまいました。

ショップでは本来の魅力が出ないのも一因でしょう。

飼って初めて魅力が分かる魚として、自信を持ってオススメします!

 

 

[adsense]

 

ミドリガメ s

 

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. カショーロを飼育しよう!混泳もできる「牙魚」
  2. 熱帯魚の王様 ネオンテトラ プラチナがつくとレア度アップ?ネオンテトラだけじゃないカラシンの…
  3. 【飼育】注目度バツグン! プリステラで群泳を楽しむ
  4. ブルーテトラを飼育しよう!トレンドの青をおさえつつ上品な雰囲気を…
  5. レッドファントムとハロウィンアクアリウムを作ろう!



おすすめ記事

  1. 熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法
  2. 糸状コケ対策を徹底紹介!もう糸状コケに悩まされないぞ、撃退方法!
  3. アクアテラリウムでオススメしたい陸上・水辺生物をこっそり教えます!
  4. 水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ
  5. キュートで可愛いコメットの飼育方法や寿命、特徴など
  6. ネオンテトラの飼育で大磯砂を使う裏ワザ
  7. ビーシュリンプを繁殖させるためのコツ
  8. 岩組など水槽レイアウトで必要な基礎知識
  9. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  10. 【レッドビーシュリンプの飼育】止水域の対策・関係性を解説
PAGE TOP