シュリンプ系

【奮闘記】エビ飼育必見!育て方のコツ・記録

ヤマトヌマエビ f

 

エビ飼育の初心者が水合わせから1ヶ月間の奮闘記をご紹介いたします。

エビ飼育のご参考にしてください。

生体は、レッドビーシュリンプ4匹、レッドチェリーシュリンプ3匹、

ヤマトヌマエビ2匹、得体のしれないエビの稚魚1匹、石巻貝1匹です。

フィルターは底面濾過式、

底砂はソイル+5色石、エアーレーション有、流木有、水槽は35cmタイプです。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで





毎日の飼育の記録

 

 

室温、水温、飼育水の水質の管理、水替え実施の有無、

水草の状態、エアーレーションの調整、生体の状態を毎日記録しました。

水質の管理は、

  • TDS値測定(200ppm以下に管理)、
  • pHの測定(7.0付近、大きな変動がないこと)

を行いました。

記録票はこちらです。

 

エビ記録飼育





毎日の記録で理解したこと

 

  • 飼育水の不純物濃度

約10~20ppm/週 増加します。

例えば159ppm→170ppmに変化します。

生体数が多い場合は175ppm→196ppmになります。

 

このことから水替え(補充)は2~3週間の間隔で行うのがよさそうです。

TDS上限は200ppmを目安に水替えを行います。

 

<水替え方法>

 飼育水から4L(約1/3)をポンプでバケツに吸い上げ、

代りに準備した新しい水を時間をかけて徐々に補充します。

急に新しい水を加えると、水質の急変から、

ヌマエビ達は驚いて水面⇔ソイルを上下し、最悪死滅します。

水質が変わるとエビは脱皮するとがあるようです(約50ppm/2L変化します)。

抜けがら複数発見!

 

  • 飼育水のpH

6.8~7.0~7.5になります。

最初の水合わせ時はソイルが新しいので6.8でしたが徐々に7.0⇔7.5に上昇しました。

原因は

  • 水草、苔の追加、
  • エアーレーションの関係、エアーリフト量の影響、
  • 気温(室温)の変動

が考えられます。

室温が急に上昇すると飼育水のCO2が空中に放出されることからpHが上昇するようです。

pH7.3/19℃ ⇔ pH7.5/24℃

 

水草も成長にCO2が必要であることからpHが上昇します。

エアーレーションを強くすると、飼育水からCO2が多く放出されpHが上昇します。

底面濾過フィルターのエアーリフトを強くすると、

フィルターの生物濾過の効果が薄れ、硝化菌の働きが鈍りpHが上昇するようです。

 

レッドビーシュリンプは弱酸性~中性が適するようですが、

現状の値でエサを良く食べていますから、この数値で大丈夫と思いました。

 

最近エビを購入したショップの飼育水はpH8近くありました!

 

ヌマエビの食事の与え方

 

最初に選んだエサは、沈下性のクランブラタイプ(エビさんが持ち運び食べる)です。

確かにエサを抱きかかえて食べますが、途中で食べるのをやめてしまうのを見かけるようになり、

後に、すり鉢で細かく擦りこみました。

パウダー状になったエサは、量は少な目でも飼育水に触れると、少し膨張しエビさんが

食べやすい大きさになります。フレーク状のエサも少し混ぜています。

 

パウダー状のエサはこちら

 

パウダー

 

エサは朝に一度あげます。前日の食べ残しがある場合は、食べるまで見送ります。

ヌマエビは流木に常駐していますが、

エサを食べる時はソイルの広いところでウイローモスの上のエサを好んで食べているようです。

光合成で酸素の泡が出ていますからお気に入りのエサ場?のようです。

 

ビーシュリンプ

 

エビ飼育必見!育て方のコツ・記録のまとめ

 

 

いかがでしたか。

毎日記録することで、いろいろなことを学ぶことができました。

管理しているのは2水槽です。

エビヌマ科メインの水槽は、小型なので、pH等の影響が大きく出ます。

先日、pHダウン液を投入したところ、短時間ですがpH5以下になり焦りました。

 

1ヶ月の間に死滅させてしまったのは

レッドビーシュリンプ2匹、レッドチェリーシュリンプ1匹、ヤマトヌマエビ0匹

で、いずれも水替えの後でした。

最初はドボッと一気に2~4L新しい水を入れ替えていましたが、それが良くなかったようです。

pHダウン液の使用も中止しています。

現在は、可能な限りゆっくり水交換を行っています。

水質の大きな変化は命とりです。

pH数値は7.0越えでもあまり気にしなくなりました。

2週間以上死滅ゼロです!

 

この経験を次に生かしたいと考えています!

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!




グッピー卿

投稿者の記事一覧

自己紹介:

熱帯魚歴は長いですが、名には程遠くいまだに極められないでいます。

今は60cm水槽のみです。ごちゃ混ぜでたくさんいましたが、

ついにグッピーだけ飼育中に、今大ピンチです!

1匹だけに頼っています。稚魚は守りますよ!

好きな熱帯魚:

グッピー、プラティ、コリドラス・・・他かわいい魚たち

飼育している生体:

グッピー5匹 大きな目の金魚

関連記事

  1. レッドビーシュリンプの変色の原因は飼育環境?対策方法を紹介
  2. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  3. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密
  4. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターの…
  5. レッドビーシュリンプの稚魚の育て方!稚エビの生存率を上げる方法
  6. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  7. レッドビーシュリンプが餌を食べない時の対策方法
  8. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1



おすすめ記事

  1. 本気のアカヒレ飼育ガイド!繁殖を目標にアカヒレを徹底飼育
  2. 底面濾過式水槽2セットを立ち上げてみた!混泳確認用編
  3. グッピーと混泳できない熱帯魚、キャリスタス/サーペ
  4. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  5. 岩組など水槽レイアウトで必要な基礎知識
  6. ルリーシュリンプはどんなエビ?餌の与え方や飼育のコツ
  7. アクアテラリウムの陸地の土台の作り方。初心者でも大丈夫!
  8. アフリカ河川産はシクリッドの宝庫!ペルヴィカクロミス・プルケールなどの飼育法
  9. コリドラスを混泳させてはいけない熱帯魚と気をつけて欲しいこと
  10. ベタに合う水草って何?パールグラスとかウィローモス?
PAGE TOP