アクアハック

バックスクリーンひとつで水槽はこんなに変わる!意味と効果と色別を紹介!

この記事の所要時間: 230

バックスクリーン青-1 バックスクリーン ARTI(アルティ)30 クリアブルー(35×50cm) 関東当日便

 

バックスクリーンには魚を落ち着かせたり、生体や水草の色を引き立てたりと大切な役割があります。

好みの色をみつけて、水槽の魅力をアップさせてみましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう

バックスクリーンなしの水槽は…

クマノミ f

 

水槽には欠かせないアイテムのひとつ、バックスクリーンですが、

貼り付けの作業が面倒、暗くなってしまうのがイヤといった理由で使っていない方もいるでしょう。

バックスクリーンのない水槽のメリットは全方向から眺められること。

部屋の中央に置くインテリア性の高い水槽では確かに重要なポイントです。

一方、四方から光が入り込み、人影がよく見えるため、

臆病な魚や子育て中の魚にはストレスになってしまいます。

難しい繁殖にトライしている人は、ストレスから卵や稚魚を食べられることがないよう、

四面すべてバックスクリーンで覆うほどです。

また、バックスクリーンがないとヒーターやフィルターのコード、

配管類が丸見えになってしまうこともデメリットです。

水槽の位置や特別なこだわりといった事情がない限り、

水槽の背面にはバックスクリーンを貼るようおすすめします。

黒いバックスクリーンのメリット、デメリット

バックスクリーン黒-1 バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm) 関東当日便

 

定番である黒いバックスクリーンのメリットをチェックしてみましょう。

 

・ほとんどコードは黒色なので、バックスクリーンによって目立たたなくなる。

・水槽全体が落ち着いて見える。

・魚種、レイアウトの種類を選ばない。

・水草のグリーンが映える。

・魚が落ち着く。

 

対してデメリットは、

 

・暗いトーンになるので華やかさに欠ける。

・反射しやすいので撮影の際、映り込みが起きやすい。

・背面についた苔が目立ちやすい。

 

 

バックスクリーン黒-2

バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm) 関東当日便

 

ファッション同様、黒はどんな場面にも使えるので、

バックスクリーンに何色を選んだらよいか分からないという初心者の方におすすめです。

こだわりを持って飼育魚を選ぶようになると、

原産地の水景にあったカラーのバックスクリーンを敷くなど、発想の幅も広がってきます。

 

青いバックスクリーンのメリット、デメリット

バックスクリーン青-2

バックスクリーン ARTI(アルティ)30 クリアブルー(35×50cm) 関東当日便

 

青色は海水魚水槽で使われることの多いバックスクリーンです。

最大のメリットは、他の色に比べ海の雰囲気を最も出すことができること。

サンゴやイソギンチャク類はやはり青のバックも最も引き立ちます。

映り込みや苔が目立つデメリットは黒と変わりありません。

黒よりややコード類が目立ってしまうきらいはあります。

黒とリバーシブルになっているバックスクリーンもあるので、

雰囲気や気分に合わせて変えてみるのもよいでしょう。

 

他にもバックスクリーンの色味によって水槽の見え方が変わってきます。

すりガラス様のミストは、遠近感を出せるので凝った水草レイアウトにうってつけです。

半透明のスモーキーブラウンは、ブラックウォーターの雰囲気を出せるので、

アマゾン川産の魚で統一している水槽におすすめ。

写真素材を使ったバックスクリーンの定番は岩の絵柄。

アルカリ性で水草の乏しい、岩場の湖底に生息するアフリカン・シクリッドにぴったりです。

 

 

バックスクリーンの貼り方

バックスクリーン青-3

 

1.貼る前に水槽の壁面をよく洗っておきましょう。

特に使用済み水槽の場合、内側の苔、外側の水滴跡はとてもよく目立ちます。

 

2.バックスクリーンを水槽サイズに合わせてカットします。

若干大きめに切って、貼り終えた後に微調整するとよいでしょう。

ロールの巻き癖がついているので、事前によく逆巻きにして平らにしておきます。

 

3.フィルムタイプ、シールタイプのスクリーンは、

貼りつける壁面に薄めた中性洗剤をよく塗っておきます。

紙やプラスティックのスクリーンには必要ありません。

 

4.壁面との間に気泡のすきまができないよう、よくならしながら貼り付けていきます。

定規や料理用のゴムヘラを使って気泡を外に逃がしてやりましょう。

どうしても外に出せない気泡は、ピンで小さな穴を空けて空気を逃がします。

 

  1. 紙やプラスティックのスクリーンはテープで固定します。

6.はみ出し分をカッターで丁寧にカットしたら完成です。

 

バックスクリーンの貼り方の動画解説


 

 

 

 

 
関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. 黒髭コケを退治しよう!とっても落ちにくい水草水槽の大敵
  2. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!
  3. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう
  4. 知っておきたいエアレーションの基本と効果や意味
  5. 外部フィルター導入で本格的なアクアリウムを!メリットとデメリット…
  6. 【絶対押えておくべき】横浜のおすすめ熱帯魚(アクア)ショップ4選…
  7. お肌によくて、癒し効果も!ドクターフィッシュを飼ってみよう
  8. こっそり教えます!初心者向け水草導入術!おすすめ水草・育て方を紹…

ピックアップ記事

  1. おとぼけさんSNS

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

  1. 雄グッピー

おすすめ記事

日々異なる色彩が美しいフィッシュイーターキクラとアイスポット・シクリッドの仲間たち

(熱帯魚)キクラ・オセラリス(ブリード)(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温&nbsp…

日本産ナマズを飼ってみよう!古くから人気のペットフィッシュ

コリドラスやプレコ、レッドテールキャットなど、アクアリウムの世界…

初心者のための海水魚飼育(飼い方)淡水魚と海水魚の違いを徹底解説!

アクアリウムと一言で言っても、海水魚と淡水魚の2つに分かれます。今まで説明してきたの…

ブルドッググーディドの飼育方法を紹介!怪魚マニアも納得の格好よさ

ブルドッググーディッド(Allophorus robustus)を知っている人は…

愛嬌いっぱいの泳ぎを見せるサカサナマズと仲間たち

お腹を水面側に向けて泳ぐユーモラスな姿で、古くからアクアリウムの…

これで大丈夫!カメの飼育で必要な用品を全部紹介しちゃいます!

ペットショップでよく見かける亀さん。昔はゼニガメ・クサガメあたり…

おすすめ記事

  1. 初心者でも大丈夫!グッピーの飼育に必要な用品選び!
  2. 冷凍赤虫は飼育水を汚すの?冷凍赤虫のメリットとデメリット
  3. はじめての海水魚飼育 – 水槽の大きさはどうすればいいの?
  4. 苔に対する生物兵器、レッドラムズホーン、実は突然変異で発生した個体!
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、アルジイーター
  6. ちょっとマニアック?ワイルドベタの飼い方!水質・餌・種類など
PAGE TOP