アクアハック

バックスクリーンひとつで水槽はこんなに変わる!意味と効果と色別を紹介!

この記事の所要時間: 230

バックスクリーン青-1 バックスクリーン ARTI(アルティ)30 クリアブルー(35×50cm) 関東当日便

 

バックスクリーンには魚を落ち着かせたり、生体や水草の色を引き立てたりと大切な役割があります。

好みの色をみつけて、水槽の魅力をアップさせてみましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう

バックスクリーンなしの水槽は…

クマノミ f

 

水槽には欠かせないアイテムのひとつ、バックスクリーンですが、

貼り付けの作業が面倒、暗くなってしまうのがイヤといった理由で使っていない方もいるでしょう。

バックスクリーンのない水槽のメリットは全方向から眺められること。

部屋の中央に置くインテリア性の高い水槽では確かに重要なポイントです。

一方、四方から光が入り込み、人影がよく見えるため、

臆病な魚や子育て中の魚にはストレスになってしまいます。

難しい繁殖にトライしている人は、ストレスから卵や稚魚を食べられることがないよう、

四面すべてバックスクリーンで覆うほどです。

また、バックスクリーンがないとヒーターやフィルターのコード、

配管類が丸見えになってしまうこともデメリットです。

水槽の位置や特別なこだわりといった事情がない限り、

水槽の背面にはバックスクリーンを貼るようおすすめします。

黒いバックスクリーンのメリット、デメリット

バックスクリーン黒-1 バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm) 関東当日便

 

定番である黒いバックスクリーンのメリットをチェックしてみましょう。

 

・ほとんどコードは黒色なので、バックスクリーンによって目立たたなくなる。

・水槽全体が落ち着いて見える。

・魚種、レイアウトの種類を選ばない。

・水草のグリーンが映える。

・魚が落ち着く。

 

対してデメリットは、

 

・暗いトーンになるので華やかさに欠ける。

・反射しやすいので撮影の際、映り込みが起きやすい。

・背面についた苔が目立ちやすい。

 

 

バックスクリーン黒-2

バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm) 関東当日便

 

ファッション同様、黒はどんな場面にも使えるので、

バックスクリーンに何色を選んだらよいか分からないという初心者の方におすすめです。

こだわりを持って飼育魚を選ぶようになると、

原産地の水景にあったカラーのバックスクリーンを敷くなど、発想の幅も広がってきます。

 

青いバックスクリーンのメリット、デメリット

バックスクリーン青-2

バックスクリーン ARTI(アルティ)30 クリアブルー(35×50cm) 関東当日便

 

青色は海水魚水槽で使われることの多いバックスクリーンです。

最大のメリットは、他の色に比べ海の雰囲気を最も出すことができること。

サンゴやイソギンチャク類はやはり青のバックも最も引き立ちます。

映り込みや苔が目立つデメリットは黒と変わりありません。

黒よりややコード類が目立ってしまうきらいはあります。

黒とリバーシブルになっているバックスクリーンもあるので、

雰囲気や気分に合わせて変えてみるのもよいでしょう。

 

他にもバックスクリーンの色味によって水槽の見え方が変わってきます。

すりガラス様のミストは、遠近感を出せるので凝った水草レイアウトにうってつけです。

半透明のスモーキーブラウンは、ブラックウォーターの雰囲気を出せるので、

アマゾン川産の魚で統一している水槽におすすめ。

写真素材を使ったバックスクリーンの定番は岩の絵柄。

アルカリ性で水草の乏しい、岩場の湖底に生息するアフリカン・シクリッドにぴったりです。

 

 

バックスクリーンの貼り方

バックスクリーン青-3

 

1.貼る前に水槽の壁面をよく洗っておきましょう。

特に使用済み水槽の場合、内側の苔、外側の水滴跡はとてもよく目立ちます。

 

2.バックスクリーンを水槽サイズに合わせてカットします。

若干大きめに切って、貼り終えた後に微調整するとよいでしょう。

ロールの巻き癖がついているので、事前によく逆巻きにして平らにしておきます。

 

3.フィルムタイプ、シールタイプのスクリーンは、

貼りつける壁面に薄めた中性洗剤をよく塗っておきます。

紙やプラスティックのスクリーンには必要ありません。

 

4.壁面との間に気泡のすきまができないよう、よくならしながら貼り付けていきます。

定規や料理用のゴムヘラを使って気泡を外に逃がしてやりましょう。

どうしても外に出せない気泡は、ピンで小さな穴を空けて空気を逃がします。

 

  1. 紙やプラスティックのスクリーンはテープで固定します。

6.はみ出し分をカッターで丁寧にカットしたら完成です。

 

バックスクリーンの貼り方の動画解説


 

 

 

 

 
関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!
  2. 10cm超に育つ美しいテトラ!コンゴテトラを飼育しよう!
  3. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう
  4. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  5. 飼育水を酸性化したい!ピートモスの使用
  6. 【初心者でも分かる】もう迷わない!自分に合った水槽の選び方
  7. 流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!
  8. 熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  2. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  3. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  4. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  5. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  6. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策

ピックアップ記事

おすすめ記事

ノコギリザメの生態が神秘的!海水と淡水を行き来できる深海生物

ノコギリザメは、学名をPristiophorus japonicusとい…

グッピーと混泳できる熱帯魚ミッキーマウスプラティの飼育

こんにちは、アクアリストのおとぼけです。今回もグッピーと混泳でき…

石を使ったセンスのある水槽のレイアウト技 石の種類編

こんにちは。熱帯魚大好き、特にグッピー大好きのはじめてのアクアリウム管理人のおとぼけ…

あけましておめでとうございます、2015年も「はじめてのグッピー」をよろしくです

やぁ、兄弟あけましておめでとうございます。2015年1月1日、遂に2015年…

これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方

近年、「ビオトープ」という言葉を耳にする機会が増えましたね。ビオ…

イメージと違う…!実際に金魚は生命力の強い生体だった!

金魚といえばみなさんはどんなことが思いつくでしょうか。飼育してい…

おすすめ記事

  1. 発酵式CO2添加装置とは?ペットボトルで作れてリーズナブル!
  2. グッピーのための照明器具
  3. 「幻のエンゼル」ことデュメリリィエンゼルを飼育してみよう!
  4. ヒメダカと楊貴妃は似ているけど違いは何?
  5. メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法
  6. ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!
PAGE TOP
;