メダカの飼育・繁殖

メダカ水槽の頼れる相棒!ドワーフフロッグビットの育て方と冬越し対策

ドワーフフロッグビット charm (浮草)ドワーフフロッグビット(無農薬)(5株)

ドワーフフロッグビットはとても育てやすい水草。

光さえあれば育ってくれ、水質浄化に役立つので、屋外やミニ水槽にぜひ入れてあげましょう。

特にメダカ飼育なら産卵場所、フィルターの代わりとしても役立ちます。

ドワーフフロッグビットの育て方と冬越しの方法をまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた 





ドワーフフロッグビットとはどんな水草?

ドワーフフロッグビット charm-3

(浮草)ドワーフフロッグビット(無農薬)(5株)

 

ドワーフフロッグビットは水草の中でも、浮き草のグループに属します。

浮き草は底床に根を張らず、水面に葉をひろげて成長します。

とても丈夫で成長が速く、初心者にうってつけの水草と呼べるでしょう。

 

近縁種に「アマゾンフロッグビット」があり、

こちらの方がアクアリウムの世界では早くから流通していました。

「アマゾン」の名が示すように、どちらも南米原産の熱帯性植物です。

 

両者の見分け方は、サイズと葉の形。

ハート形の葉を持つアマゾンフロッグビットに対し、

ドワーフフロッグビットはひとまわり小さく、葉が丸みを帯びているのが特徴です。

育て方や丈夫さに差はないので、好みで選べますし、

小型水槽にはドワーフフロッグビット、

大きいサイズにはアマゾンフロッグビットと使い分けてもよいでしょう。





 

ドワーフフロッグビットの育て方とメリット

 

 

肥料やCO2の添加、専用の底砂を用意するなど、

何かと手間のかかる水草育成ですが、ドワーフフロッグビットなら大丈夫。

肥料分は魚のフンから出る亜硝酸でまかなえますし、CO2添加も必要ありません。

根は水中に垂れ下がるので底砂の種類を選びませんし、ベアタンクでも大丈夫です。

 

ドワーフフロッグビット育成に最も大切なのは光量。

ライト3灯なら、次々とランナーを伸ばし、子株が水面にひろがっていきます。

あまり増えすぎるようなら点灯時間やライトの数を調節してください。

水中の水草まで光が回らなくなってしまいます。

この状況を利用して、ミクロソリウムなど多くの光量を

要求しない陰性の水草を育てるという方法もあります。

 

動きが荒く水草レイアウトをすぐ壊してしまい、

かつフンの量が多い魚種にもドワーフフロッグビットは有効な手段です。

ベタなどをミニ水槽で飼育する場合はドワーフフロッグビットがフィルター代わりになります。

水面に物陰が見えるとすぐ引っ込んでしまう神経質な魚にも有効です。

水中に伸びた根は稚魚や稚エビの隠れ場所としても役立ちます。

鑑賞目的だけでなく、富栄養化の防止、

シェルターとドワーフフロッグビットは様々に役立ってくれるのです。

 

メダカ水槽のドワーフフロッグビットと冬越し

メダカ フリー素材12

 

光さえあれば十分に育ち、富栄養化を防ぎ、魚からの目隠しになる‐。

これらの特長から、ドワーフフロッグビットは屋外の水槽や睡蓮鉢にうってつけの水草と言えます。

屋外ではより強い光量を得られますから、ドワーフフロッグビットはよく成長します。

根はホテイアオイ同様、メダカの産卵床として役立ってくれます。

 

屋外で飼育・栽培する際、気になるのは冬越しです。

ドワーフフロッグビットは熱帯産ですので、低温には弱いのです。

関東以南なら、一部の葉だけが春まで残っていたという例が報告されています。

ほとんどの葉が枯れてしまう、

葉が小型化するといったダメージはありますが、冬越し不可能ではありません。

 

鉢植えの植物なら、冬場は屋内に避難させるという方法があります。

小さな飼育容器なら同様に可能でしょう。

しかし、メダカ飼育をしている方なら、

凍結防止のためサイズのあるケースを用いているでしょうから、

ドワーフフロッグビットのために屋内に移動するのは考えにくいことです。

 

飼育ケースに黒色を選ぶと、冬の弱い日差しでも吸収し、水温をやや上げてくれる働きがあります。

そのため白や透明のケースより、ドワーフフロッグビットの生存率が高まるのです。

黒い飼育ケースはメダカの色揚げにもつながりますので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選




ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. メダカ f メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと
  2. こっそり教えます!初心者向け水草導入術!おすすめ水草・育て方を紹…
  3. テトラ (Tetra) リビングキューブ 12 オールインワン水槽 淡水・海水用 (容量 約12L) amazon インテリアにも使えるおしゃれなメダカ水槽のレイアウト特集
  4. メダカ f 室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要?
  5. オオサンショウモ(サルビニア) amazon サルビニアの増やし方は意外と簡単!株を増やして繁殖を楽しもう
  6. 【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた
  7. 水質を弱酸性にするのにピートモスがオススメ!ピートモスの使い方
  8. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ

ピックアップ記事

  1. メダカ f

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

アクアテラリウムの滝の作り方は?フィルターと水の流れを意識しよう

水辺の風景を切り取ったようなアクアテラリウムは、植物や魚を一緒に育てることができる癒…

フウセンウナギは深海のアナコンダ、まるでエイリアンのような形をしている。フウセンウナギの生態について調べてみた

やぁ、兄弟。調子はどうだい?おとぼけは元気ですぜ。今回も新シリーズ「はじめての深海魚」は…

オヤニラミを飼育してみよう!小さいけれど迫力抜群!

オヤニラミは小さいながら、肉食魚特有のワイルドさを発散させている魚です。…

レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?

初心者にも簡単に飼えるようで、水質や水温など、意外と気難しいとこ…

地面に広がる雨の足跡 f 【メダカの雨水対策】屋外飼育は酸性雨に注意!対策方法を紹介

メダカを屋外で飼育していると直面する…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、エンゼルフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーとは混泳して…

おすすめ記事

  1. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  2. 藻類・コケ(苔)が発生する主な原因って何?コケ対策したい!!!
  3. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、エンゼルフィッシュ
  4. メダカの病気の種類と治療方法【保存版】 白メダカ
  5. 最も丈夫な水草として有名なアヌビアスナナ、レイアウト、グッピーにも最適な水草
  6. 水槽の地震対策にはしっかりと備える、水槽の転倒対策
PAGE TOP