ベタ

オスフロネームスグラミーはどんな熱帯魚?飼育方法や生態を紹介!

この記事の所要時間: 224

 

オスフロネームス・グラミー(Osphronemus goramy)は、

ベタやパラダイスフィッシュなどと同様のスズキ目キノボリウオ亜目に

属する淡水魚で東南アジア各地に分布しています。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

キノボリウオ亜目最大の魚

 

本種は英語名ジャイアントグラミーと呼ばれ、

10㎝程度の大きさの種が多いキノボリウオ亜目の中でも群を抜いて大きく、

普通の個体で50㎝ほどになり、大きい個体になると70㎝は

優に超える大きさになるキノボリウオ亜目最大の魚です。

本種と近縁な種としてレッドフィンオスフロネームスグラミーO.laticraviusと、

オスフロネームスエクソドンOsphronemus exodon

オスフロネームスセプテンファスキアトスO.septemfasciatusの4種が知られています。

科を代表する魚

 

トラはネコ科の動物ですし、ヒマワリはキク科の植物です。

このように,なじみの深い生物が科の代表名になることはよくあります。

キノボリウオ亜目は3科に分かれ、ベタやパラダイスフィッシュなどは4亜科14属は

「オスフロネムス科」に属します。私たち趣味人にとって、

「ベタ科」や「パラダイスフィッシュ科」とした方が分かりやすい気がしますが、

オスフロネムス・グラミーはそれだけなじみの魚と言えるのでしょうか。

 

重要な水産生物

 

実はオスフロネームスグーラミ―は東南アジア諸国の人々にとって水産上重要種です。

ベトナム南部の街ミトーで“エレファントフィッシュ”として、名物料理にもなっています。

私は食べたことはないですが、かなりおいしい魚のようで、

から揚げにした場合、鰭がヒラメやカレイの縁側のようで特においしいとのこと。

もともと、本種はジャワ、スマトラ、ボルネオなどのインドネシアに分布したのですが、

そのようにおいしい魚ゆえ、今では東南アジア各地に移植されていったようです。

そのため、東南アジア各国で最もなじみのあるアナバス亜目と考えてもいいわけで、

科名を代表する魚としても見られても不思議ではないのかもしれません。

 

その養殖法

 

本種はベタやパラダイスフィッシュ同様に泡巣に卵を産み付け、

それをオスが守るバブルネストビルダーです。

いくらうまい魚とはいっても、大量に生産できなければ水産重要種とは言えません。

実は国内(鹿児島県)でも養殖の研究がされていたようで、

それによりますと巣を作っているオスに性腺刺激ホルモンである

ゴナドトロピンを投与したメスを導入して産卵を促すようです。

 

雑食

 

ほかのグラミーやベタは水生昆虫や小型のエビ類を食べていますが、

本種はアナバス亜目では珍しい植物も食べる雑食性の魚です。

大型の個体は白菜や煮た芋などなんでも食べるようです。

飼育下でそれを日常的にやるのは大変ですし、水も濁るため、コイのエサでいいでしょう。

なんでも食べるということは餌にお金をかけずとも養殖もしやすいわけで、

コイやテラピア同様にかなり飼いやすい魚と言えるのだと思います。

また現地では井戸で飼われることもあるそうで、カエルを食べさせるために入れることもあるようです。

なぜ「カエル」と思いますが、カエルを狙ってくる毒蛇が来ないようにするためだそうです。

 

性差

 

オスは他のグーラミ―類と同様に、オスの背鰭、臀鰭の先端が伸びてきます。

また顔つきもオスは成長とともに変わってきて、

一部のシクリッド類で見られるようにオスの額が膨らみ、

一見“ごつい”風貌になります。

水族館などで見られる大型化した本種は本当に平たい岩が水中を漂っているように見えます。

 

オスフロネームスグラミーの水槽は90㎝以上を

 

50㎝にはなりますので、水槽は90cm位以上が必要となります。

ただ、動き回る魚ではないので、一匹飼いなら90㎝で終生飼育できるでしょう。

かなりよく馴れる魚ですので、

ブサカワ(キモカワ)好きな方にはよいペットフィッシュとして付き合える魚ではないでしょうか。

本種にはアルビノも知られており、それほど高価でもないし、

飼い方もノーマルと同じですので同じように楽しめると思います。

 

 

ごむくろ

ごむくろ

投稿者の記事一覧

HN:

ごむくろ
自己紹介:

マイナー種嗜好の貧乏アクアリストです

好きな熱帯魚:

古代魚、真胎生メダカ、アジア産魚類(コイ科、ナマズ科、アナバス科)

関連記事

  1. ちょっとマニアック?ワイルドベタの飼い方!水質・餌・種類など
  2. ベタと混泳できる熱帯魚達の相性・エビもダメなの?
  3. 沖縄にも分布するベタの仲間・パラダイスフィッシュを飼育しよう!
  4. ベタ飼育に最適な水温と冬の水温の注意点
  5. ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!
  6. ベタの飼育に適した水槽ってどれ?
  7. ベタの飼育 – 水槽の底砂(底床)はどれを選べいいで…
  8. ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. カブトエビって何?カブトガニと何が違うの?
  2. カブトガニの血液はなぜ青い?医療の世界で役立てられる青い血事情
  3. カブトガニの育て方・飼育方法
  4. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  5. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  6. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

アクアライフを満喫、冷凍エサのメリット

熱帯魚飼育には欠かせない飼育の醍醐味でもある餌やり。可愛い熱帯魚…

石を使ったセンスのある水槽のレイアウト技 石の種類編

こんにちは。熱帯魚大好き、特にグッピー大好きのはじめてのアクアリウム管理人のおとぼけ…

アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?

全国のアクアリストの皆様、こんばんは。皆さん…

【金魚の冬眠】失敗しない金魚の冬越方法

金魚を室内の水槽で飼育し、横から眺めて楽しむスタイルが一般的になってしま…

神秘的な怪魚、頭が透明な深海魚デメニギスの生態と近年の研究報告を紹介(動画あり)

今回から新シリーズ「はじめての深海魚」の紹介になります。今回は紹…

マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の餌にもなる水草

やぁ、兄弟。元気かい?おとぼけは元気ですぜ。今回もアクア…

おすすめ記事

  1. 蛍光色素を注入して人工的に着色されたラージグラスフィッシュ
  2. ゼブラダニオの飼育|混泳できる熱帯魚たち
  3. レッドファイヤーシュリンプってどんなエビ?飼育や繁殖について紹介
  4. ビオトープでカメを飼育してみよう
  5. グッピーのための照明器具
  6. 【これなら間違いなし】アクアテラリウムでオススメしたい水草6選!
PAGE TOP
;