アクアハック

熱帯魚飼育の初心者にオススメ!飼育しやすい熱帯魚たち

この記事の所要時間: 345

 

これからアクアリウムを始めたい方は必見!

45~60cmサイズの水槽で飼育できるサイズの「飼いやすい熱帯魚ランキング」をまとめてみました。

丈夫さ、水質適応力の高さ、入手しやすさ、価格の手ごろさ、

餌やりの簡便さ…といった要素を基準にしたTOP10形式のランキングです。

すべて10cm以下のサイズで、繁殖の難易度は条件に含めていません。

これぞと思うお魚をぜひ見つけてみてください。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?

10.アカヒレ

 

 

水槽のろ過システムが機能しているかテストする際に導入される

パイロット・フィッシュとして知られるだけに、丈夫さは抜群。

中国原産なので20度を切る低水温にも耐えてくれます。

地味な魚に思われがちですが、適切な環境で飼い込むと各ヒレが名前の通り赤く染まり、

見ごたえがあります。

最大約4cm。

9.ブラックモーリー

 

 

カラフルな魚を揃えすぎて水槽がガチャガチャした印象になってしまう…

アクア初心者あるあるです。

漆黒のビロードのような体色を持つブラックモーリーなら、

水槽をシックなイメージに保つことができますよ。

コケ取り能力の高さも魅力です。

メスは10cm近くまで成長します(オスはひとまわり小さく、最大6cmほど)。

小型水槽の場合は入れすぎないように注意しましょう。

8.ラミレジィ

 

 

やや気性が荒いことで知られるシクリッドの仲間ですが、

ラミレジィは最も温和なグループに属します。

オレンジ、イエロー、ブルーを基調に、

系統によってたくさんのバリエーションがあります。

ペアを作ると他魚を追い払う様子が見られますが、さほど激しいものではありません。

今回のTOP10の中では最も繁殖が容易。

稚魚の育成も比較的たやすいので、ぜひチャレンジしてみてください。

最大約6cm。

 

7.ラスボラ

 

 

ここではラスボラ・エスペイ、ラスボラ・ヘテロモルファを指します。

オレンジのベースに黒いラインが特徴。

派手な配色ではありませんが、複数匹を泳がせるとよく映えます。

アカヒレほどではありませんが、温度変化に強く、

餌も選り好みしないタフな種です。

最大約4cm。

 

6.コリドラス

 

 

水槽の底面付近を生活エリアとする、いわゆる「底モノ」の代表的魚種です。

小さなヒゲをたくわえた口で、水底の餌をあさる姿は抜群の可愛らしさです。

コリドラスと呼ばれるグループには数多くの種がありますが、

中でも「青コリ」(コリドラス・パレアトゥス)、「白コリ」(コリドラス・アエネウスのアルビノ)、

「赤コリ」(コリドラス・アエネウス)の3種が飼いやすさでよく知られています。

最大約6cm。

 

5.ゴールデン・ハニードワーフグラミー

 

 

ゴールドというよりイエローに輝く体色が特長。

飼いやすい魚の多いグラミーの中で、指折りの美しさを誇ります。

最大約4cmですが、体高があるので単独、少数匹でも存在感があります。

ネオンテトラのようにシャープな体形の魚と異なり、

やや泳ぎや餌取りの上手くない部分が見えます。

混泳の際はゴールデン・ハニードワーフグラミーにも餌が行き渡るように注意してください。

 

4.ベタ

 

 

無加温、ろ過無しのコップで飼えるという一種の誤解がありますが、

本来はヒーター、フィルターを備えた小型水槽で飼育すべき魚です。

ただし、誤解を招くだけあり低水温や水質悪化に対する耐性は抜群です。

「闘魚」の異名通り、オス同士では激しく争うので、単独飼育が基本になります。

最大約7cm。

 

3.プラティ

 

 

グッピーと同じメダカの仲間。

赤、黄、オレンジ、白など体色、柄のバリエーションが豊富です。

ラミレジィ同様、繁殖は容易。

特定のペアを作らず、複数匹で飼育していると、いつのまにか稚魚が泳いでいます。

繁殖力の秘密は卵を産まず、稚魚の形で出産する「卵胎生」という仕組み。

稚魚は最初から餌取り能力があるので、隠れ場所さえあれば自然と育ちます。

最大約6cm。

 

2.グッピー

 

 

三角形の大きな尾ビレが特徴的。

体色はもちろんヒレの形の違いによって多数の品種が存在します。

喜ばしいことではありませんが、日本の河川で野生化してしまうほど丈夫です。

しかし、一部の安価なグッピーは劣悪な環境で養殖、

輸送されてきており、導入してすぐに落ちてしまうことも。

信頼のおけるショップで、ある程度の価格のものをペアで導入するのが安心です。

最大約6cm。

 

1.ネオンテトラ、カーディナルテトラ

 

 

輝くブルーと赤いラインが特徴。

誰もが一度は目にしたことがある魚でしょう。

赤いラインが頭部まで入るカーディナルテトラの方がやや大型になります。

どちらも真価は群泳にあります。

特に水草を背景に泳ぐ姿は、これぞ熱帯魚と呼べる美しさ。

ろ過能力や水替え頻度にもよりますが、60cm水槽なら30~40匹は飼育可能です。

最大約4~5cm。

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. 発酵式CO2添加装置とは?ペットボトルで作れてリーズナブル!
  2. 淡水魚の臭い対策!これぞアクアリウムの香り、なんて喜んでいられな…
  3. ニョロニョロ好きのアイドル?スパイニーイールの飼育を楽しむ
  4. 【絶対押えておくべき】横浜のおすすめ熱帯魚(アクア)ショップ4選…
  5. 【アオミドロを食べる熱帯魚達】エビも活躍してくれる!
  6. どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・…
  7. 水槽の地震対策にはしっかりと備える、水槽の転倒対策
  8. 水質を弱酸性にするのにピートモスがオススメ!ピートモスの使い方

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  2. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  3. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  4. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  5. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  6. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?

ピックアップ記事

  1. M570

おすすめ記事

【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればいいの?

ビオトープは野外で楽しむことが多いのでそのようなビオトープではどうしても…

ビッグサイズに挑戦するならオスカーがおすすめ!飼育ノウハウを紹介

丈夫で混泳も容易なため、中~大型魚の入門種としてうってつけのオスカー。…

ネオンテトラ 飼い方 – 混泳できる熱帯魚と混泳のコツ

さて、今日は多くの方が気になっているだろう、ネオンテトラと混泳に向いている魚について書いてい…

ルリーシュリンプはどんなエビ?餌の与え方や飼育のコツ

(エビ)ルリーシュリンプ(10匹) 北海道航空便要保温透明感のあるボディに赤…

【保存版】熱帯魚のエサの回数は一日一回?与え方や種類なども徹底解説!

熱帯魚を初めて飼う人も、すでに飼っているという人…

ビーシュリンプ飼育に最適な水槽

さて、前回はビーシュリンプについての話をしましたが、今日からその具体的な…

おすすめ記事

  1. 外部フィルター導入で本格的なアクアリウムを!メリットとデメリットをご紹介!
  2. 【迷ったらこれ!】熱帯魚のおすすめ生態の組み合わせ一覧
  3. マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の餌にもなる水草
  4. コリドラスってどれだけの種類がいるの?図鑑編
  5. 初心者向け!グローライトテトラの繁殖、餌の与え方、病気など飼育方法を網羅してみました
  6. 【これだけ知っていれば大丈夫】金魚の観察のポイント!体調管理をしっかりとしたい貴方へ
PAGE TOP