アクアハック

水槽のリセット方法徹底解説!余裕を持って計画してスムーズなリセットを!

この記事の所要時間: 418

 

ソイルを使用した水槽は、1年に1回交換をしなければならないので

ついでに全部リセットしちゃえ!って思う方も多いのではないでしょうか?

 

そうでなくても、レイアウトの変更や

コケが爆発的に増えていて、どうしようもならない!

って時もオールリセットしたくなりますよね。

 

我が家でも、先日コケが手に負えなくて

オールリセットしちゃいました。

 

今回はその流れや、必要だったもの、

あると便利なものをご紹介していきたいと思います!

 

水槽環境

60cmスリム水槽(29リットル)

外部フィルター

 

カーディナルテトラ

グローライトテトラ

ゴールデンハニードワーフグラミー(稚魚5匹)

レッドチェリーシュリンプ

オトシンクルス

オトシンネグロ

コリドラスピグミー

 

・・・相変わらずの過密水槽です。(笑)

でもみんな元気です!

繁殖も盛んに行われております!

 

 

オールリセットでしたいこと

photo credit: Img_4483 via photopin (license)

photo credit: Img_4483 via photopin (license)

 

砂利→新しくソイルに変更

水草→ほとんどトリミング&貝の卵除去

水槽→ガラス面のコケ除去

ヒーター、フィルターなどの内部器具のコケの除去

出来る限りの貝の卵除去

 

今回は飼育水を完全にリセットするので、フィルターはとくに何もいじりません。

全部一気に変えてしまうと、環境が激変して魚たちに影響が出てくるのを防ぐためです。

フィルターに住み着いているバクテリアが消えてしまうと、魚に取っては大ダメージを与えます(経験済み)

 

 

①飼育水の水作り

水 エアレーション

 

今回はコケがめちゃめちゃ生えているので

水換えをしたとしても、残ったコケの胞子がまた

コケを引き起こす原因になると思ったので、

それを最小限に抑えるべく、飼育水も新たに作り直します。

 

念のため、バクテリアの繁殖をさせるため、1週間前から水作りをします。

リセットを始める1週間の間で、日中、既存のフィルターを入れて回す日を作ります。

これはフィルター内部に繁殖しているバクテリアを、新しい水槽内にも住み着かせるためです。

 

元の水槽のろ過が止まる形になりますが、

私の場合、時間的に日中(6時間程度)ならフィルターを止めていても

とくに問題はありませんでした。

※真似をする場合は自己責任でお願いします!

 

 

飼育水を利用する人はそのままバケツにでも置いておきましょう!

バケツは2〜3個用意します。

水槽の容量にあわせて用意しましょう。

 

 

そんなに待てないよ!という人は、生バクテリアを検討してみてもいいと思いますが、

どちらにせよバクテリアの繁殖まで、少し日数はかかってしまうと思います・・・

 

関連記事:外部フィルター導入で本格的なアクアリウムを!メリットとデメリットをご紹介!

関連記事:もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策

 

②リセット開始!

熱帯魚 寿命

 

飼育水を作り終えたら、リセット作業の開始です!

 

まずは、魚たちを移します。

稚魚や稚エビがいる場合には網を使うよりも、ヨーグルトやプリンなどのプラケースが便利です!

 

大きい魚と小さい魚は別々に分けておきましょう。

大きい魚の方は、タライがあればそれに入れておくと便利です!

バケツのように深さのあるものだと、水槽に戻す時に結構捕まえにくくて大変です・・・それに奥まで見づらい・・・

オトシンクルスのような俊足ちゃんを入れていると、バケツじゃ手に負えないので、タライがいいですよ!

 

しかし欠点もひとつ。

タライは浅いので、元気の良すぎる子は飛び出す恐れも・・・

危ないなと思ったら、フタをしておきましょう。

 

あと、室温が低い場合にはヒーターをつけるのも忘れずに!

 

魚たちを移したら、水草(流木や石)を抜く→ヒーターとフィルターの電源を切る→飼育水を抜く→砂利を抜く

という順番でリセットしていきます。

※稚魚が居ない場合は、先に水草を抜いてもOKです。

 

③水草や水槽についた貝の卵の除去

 

しばらく魚たちにはタライを満喫してもらいます(笑)

 

その間に、分けていた水草や、流木に着いた貝の卵を除去します。

貝は一度侵入して成長を許してしまうと、ものすごい勢いで増えていきます。

 

増え始めると普通にぞろぞろガラス面を歩き回って、見た目的にも美しくありません。

貝の卵が目立ち始めたら本当に最悪です!

 

貝の卵は主に、水槽のガラス面、水草、流木にくっついています。

ゼリー上のものなので、飼育水を抜くと、見た目ですぐわかります。

(水の中だと透明で見にくいのですか、孵化直前は卵の中に無数の白いものが見えます・・・ううっ気持ち悪い・・・)

 

貝の卵は割と頑丈にくっついているので、水草ならそのままトリミングしちゃっていいと思います。

流木は使い古いの歯ブラシでゴシゴシ、ガラス面についたものは剥がしてポイしましょう!

 

関連記事:【水槽内のコケならお任せ】オトシンクルスの繁殖や餌など飼い方のまとめ

関連記事:藻類・コケ(苔)が発生する主な原因って何?コケ対策したい!!!

関連記事:水槽のコケ対策にオススメな生体一覧をまとめて紹介

関連記事:アオミドロ対策で混泳水槽にモーリー&プラティを導入してみました!!結果はいかに?

 

④既存のもののメンテナンスが出来たら、あとは新規立ち上げと同じ

photo credit: 016 via photopin (license)

photo credit: 016 via photopin (license)

 

ヒーターやフィルターについたコケを取って、ソイルも洗ったら、いよいよ新しい水槽作りです!

あとは通常の水槽立ち上げ同様、底床を入れてからバケツの飼育水を入れます。

魚たちの水あわせもしっかりするようにしましょう!

 

さいごに

ポイント 女性

 

みなさんは、水槽のリセットってどれくらいのスパンで行っていますか?

我が家は今の所シーズンごとに変えてしまっています・・・

 

原因はコケ。

 

一回増やしてしまうと、完全に断つのが本当に難しいです。

あとは貝の卵もそうです。見つけたら対処していかないと、とんでもないことになります!

 

水槽をリセットしたいと思っている人の参考になれば幸いです。

 

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:おちび

おちび

自己紹介:

熱帯魚歴半年。家には本水槽と、稚魚水槽×2があります。卵を見つけると守らずにはいられません。

おかげで稚魚が100匹います(゜o゜) 毎週末は熱帯魚屋さんに家族でお出かけ♪

 

好きな熱帯魚:

コリドラスピグミーゴールデンハニードワーフグラミー(♀)、レッドチェリーシュリン

関連記事

  1. 熱帯魚ヒーターの電気代はどれくらい?水槽の電気代が高い理由と節電…
  2. 水槽に浮かぶ油膜の原因と対処法、教えます!
  3. 拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します
  4. 1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご…
  5. 【これで解決】ゴールデンハニードワーフグラミーの繁殖から飼育方法…
  6. 10cm超に育つ美しいテトラ!コンゴテトラを飼育しよう!
  7. コケ取りだけじゃもったいない!オトシンクルスを飼い込もう
  8. 【エビ水槽】水カビがあまりにも酷いので原因と対策を伝授します

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  2. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  3. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  4. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  5. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  6. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由

ピックアップ記事

おすすめ記事

ピラニアは怖い?怖くない?ピラニアを飼育してみよう

(熱帯魚)ピラニア・ナッテレリー Sサイズ(ブリード)(1匹) 北海道・九州航空便要保温&nb…

海水魚の飼育初心者に捧ぐ!外掛け、スポンジ、水中、底面フィルターで迷ったらこれだ!

さて、前回の記事は【もう迷わない!海水魚の飼育ならどのフィルター…

グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説

人間の1つの楽しみである食事。食事をおいしく味わいながら食べることは、心とからだにとって…

姿を見せないハンター!チャカチャカの楽しみ方

(写真引用元:ネオス楽天市場)熱帯魚飼育は姿の美しさや泳ぎを楽しむ趣味。…

アクアリウムでやってはいけない禁止行為って何?

こんにちは。グッピーなど熱帯魚が大好きな、はじめてのアクアリウム…

【保存版】カメの病気が症状ごとにわかる!治療法を徹底解説!

前回(【絶対覚えておくべき】ペットショップでの上手な亀の個体選びと注意点!)少し亀さんの病気…

おすすめ記事

  1. 机上快適な環境づくりを!リヒトラブ 机上台を購入、レビューしてみるよ
  2. スネークヘッドの世界!ハンターの凄みを楽しむ
  3. 【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた
  4. ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)その2
  5. 水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリストの素朴な疑問解消
  6. 【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればいいの?
PAGE TOP