メダカの飼育・繁殖

メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策

この記事の所要時間: 233

 

どんな生き物でも赤ちゃんのうちは、とてもか弱いもの。

孵化後3ヵ月に満たない稚メダカはまだ体力が乏しく、

ささいな理由で落ちやすくなっています。

メダカは屋外飼育が主流ですが、

稚メダカたちを安全に冬越しさせるにはどうすればよいのでしょうか?

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

メダカの稚魚育成は屋外が有利?

 

産まれたばかりの稚メダカは体長わずか2~3mm。

文字通り針の先ほどの大きさで、「針子」と呼ばれる理由がよくわかります。

稚メダカはお腹に栄養分の入った袋を抱えているので、産まれてすぐに餌やりする必要はありません。

孵化翌日以降になると栄養分の袋(ヨークサック)がしぼみ、自力で餌を探し始めるのです。

稚メダカの生存率を上げるには、この時期の餌やりがとても大切。

なにしろ針の頭ほどのサイズなので、口に合う餌を用意しなくてはいけません。

稚魚専用のフードがベスト。

成魚用のフレークフードを細かくすりつぶしたものもよいでしょう。

刻んだイトミミズやアカムシも栄養価の高い餌です。

一度にたくさん与えず、1日数回に分けてなるべくこまめに与えるようにしましょう。

仕事で日中は餌やりできないという方も多いはず。

そんな時に役立つのが青水(緑水とも呼びます)です。

青水とは、日光をよく浴びた飼育水から大量の植物プランクトンが沸き、

文字の通り水の色が、緑がかって見える状態のこと。

青水の中には植物プランクトンを餌とする動物プランクトンも大量に発生しているため、

稚メダカは給餌時間に影響されず、いつでもこれを摂ることができます。

つまり、屋外飼育によって青水を作り出すことが最も手間いらずで、

確度の高い稚魚育成テクニックなのです。

冬の到来前にできるだけ稚メダカを大きく育てておいた方が、越冬の生存確率も高くなります。

秋になったら稚魚をどう育てる

 

秋になり徐々に気温が下がってくるにつれ、メダカの活性は徐々に下がっていきます。

活性とは遊泳、餌食いといったメダカの行動すべてのこと。

冬越しの体力をつけさせるため、

活性が落ちてからあわてて餌を大量に与えてもメダカは食べてくれません。

仮に食べても、消化能力も落ちているため、消化不良による病気を招くことになってしまいます。

暖かい時期にどれだけ頻度の高い給餌で成長させられるかがポイント。

秋になってからは活性を見ながら適宜、回数と量を減らしていきましょう。

昔は崩した卵の黄身を与えていましたが、

現代は栄養価の高い稚魚専用フードが数多く販売されています。

 

どうする9月産まれのメダカの稚魚!?

 

メダカの稚魚は成長が速く、3ヵ月もすれば産卵できるまでに育ちます。

そのため8月産まれの稚魚なら、本格的に冷え込む頃には成体とほぼ変わらない体力を備えており、

冬越しの心配も少ないでしょう。

問題は9月以降に生まれた、まだ未成熟な稚メダカたちです。

9~10月なかばまでの間、こまめな給餌と換水を欠かさず、成長を促進させるのがベター。

その後、成長の様子を見て室内へ移すのも一策でしょう。

しかし、ブリーダーでもない限り、

そこまで9月産まれの稚魚の生存率にこだわる必要があるでしょうか。

9月以降はもう採卵しない‐。

もしそれ以降、成魚水槽の中で稚メダカが育っていたら、

その時に改めて屋内飼育を考える…という割り切ったスタンスでよいのかもしれません。

 

メダカの稚魚を屋内で冬越しする場合の注意点

 

幼魚、成魚を問わず、冬越し対策は早め早めが基本。

気温15度前後になったら、もう屋内への引っ越しを考えましょう。

寒さが厳しくなってから移動すると、水温の急変で稚メダカがショックを起こしてしまいます。

寒暖の差が大きい部屋ならヒーター導入も考えてよいでしょう。

餌は「2~3分で食べ尽くす量」という観賞魚飼育の基本に沿いつつ、春~秋より絞り気味に与えます。

ヒーターで一定温度をキープできていればこの限りではありません。

屋外と異なり、換水も必要となってきます。

飼育水と新水の温度合わせをお忘れなく。

 

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカの病気の種類と治療方法【保存版】

関連記事:自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界

関連記事:初めてでも大丈夫!メダカの繁殖方法のコツを伝授します!

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. メダカを飼育する際の3つのポイント
  2. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  3. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  4. 初めてでも大丈夫!メダカの繁殖方法のコツを伝授します!
  5. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適…
  6. メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段
  7. こんなにいる!メダカと混泳できる魚を一挙公開!
  8. メダカの繁殖と無事孵化させて稚魚を育てるコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  2. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  3. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  4. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  5. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  6. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ

ピックアップ記事

おすすめ記事

失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

(エビ)お一人様3点限り 無選別 レッドビーシュリンプ 赤白バンド(10匹) 北海道航空便要…

キュートで可愛いコメットの飼育方法や寿命、特徴など

(国産金魚)おすすめ金魚セット(コメット+朱文金 各1匹)金魚の黒目の周りの…

【これなら間違いなし!】はじめてのタンクメイトを選ぶならイシマキ貝だ!

アクアリウムを行っていくとタンクメイトという存在にどうしても悩む時がやっ…

【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性

(エビ)レッドファイアーシュリンプ(10匹) 北海道航空便要保温健康だった…

アベニーパファーを飼育しよう!純淡水で飼えて、小型水槽でもOK!

(熱帯魚)アベニーパファー(4匹)  北海道・九州・沖縄航空便要保温アベニ…

水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!

水槽用ヒーターは消耗品。こまめに掃除し丁寧に扱っていても、やがて…

おすすめ記事

  1. ネオンテトラの飼育に適した照明ライトは何?各照明ライトを徹底解説!
  2. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  3. ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)
  4. 「紙兎ロペ風:うちのグッピーは会話好き」の紹介!まったり脱力系。。
  5. アナカリス・金魚藻 |グッピーにもアクアリウム初心者にも適した入門水草
  6. リシアの設置と育て方と魅力の気泡
PAGE TOP
;