アクアハック

冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点

この記事の所要時間: 243

 

アクアショップで熱帯魚を購入すると、ビニール袋に少ししか水を入れてくれません。

そのため、真夏と真冬は特に外気の影響を受けやすくなります。

せっかく手に入れた熱帯魚が、

家に着く頃には低水温で弱っていた…

という事態を避けるために、必要なテクニックをまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

クーラーボックスと新聞紙が便利

 

 

ショップで熱帯魚を購入したら、できるだけ迅速に持ち帰ります。

しかし、地理的事情や交通の便によって、どうしても時間のかかってしまうこともあるでしょう。

そんな時、役立ってくれるのが断熱性に優れたクーラーボックス。

釣りやアウトドアのレジャーにも使えるので、ひとつ持っておくと便利です。

クーラーボックスは発泡スチロール箱でも代用できます。

ショップで入れてもらった袋は、新聞紙でくるみ、

さらに大きめのビニール袋におさめて運ぶのがおすすめ。

新聞紙は断熱性があり意外と丈夫。

登山やキャンプで防寒用に用いられることもあります。

ただビニール袋を二重、三重にするより、間に新聞紙を入れることで強度もよりアップ。

トゲを持つ魚や、歯の鋭い魚を運ぶのに適しています。

容器と袋の隙間は、エアパッキンやタオルを詰めて埋めてあげましょう。

魚の苦手な振動を少しでも減らすことができます。

移動時は手でしっかり抱える

 

ショップから車や電車で帰宅する際は、生体の入った容器、バッグの持ち方にも気を配ります。

床に直接置くのはNG。

振動がダイレクトに伝わってきますし、エアコンの暖かい風にさらされてしまうからです。

熱帯魚は急激な温度低下が苦手ですが、温度上昇も避けたいところ。

シートに乗せるか、膝の上で抱えるように持ち、空調の風が当たらないように配慮します。

 

カイロは使い方に気をつけて

 

 

通販で熱帯魚を購入すると、カイロを入れて送られてくることがありますね。

長時間の移動には携帯用カイロを使うのもおすすめです。

カイロは平均50度ほどまで熱を発します。

そのため生体の入った袋に直接触れさせるのはNG。

保温どころか、高温で☆にしてしまいます。

スチロール箱の外側に貼ったり、タオルで包んだ上から置くのが正解。

「加温」に役立てようとすると、熱くなりすぎて失敗しがち。

「水温が下がりすぎるのを防ぐ」程度に考えておきましょう。

購入の際、ショップにカイロの入れ方を訊いておくのもよいでしょう。

 

水合わせ中の温度管理もポイント

 

無事に家へと帰りついてからも勝負は続きます。

水合わせがうまくいかないと、せっかくの苦労もフイに。

まず、袋を飼育水槽に浮かべて30分~小一時間ほど温度合わせを行います。

次にプラケースなど小さな容器に移し、飼育容器の水を足しながら水合わせします。

ここでも気をつけたいのが温度低下。

繊細な魚種は時間をかけて「点滴法」と呼ばれる方法で、少しずつ水を足していきますが、

容器が小さい(水量が少ない)ためどんどん水温が下がってしまうのです。

まず、エアコンを入れて部屋全体を暖めておくのが第一。

次に導入する魚の入っている容器の保温を考えます。

ヒーターをそのまま入れてしまうのは考えもの。

ヒーターの一部が水面上に露出してしまうと、故障や事故の原因となります。

また、慣れない環境におびえている魚は物陰に隠れようとするので、

ヒーターに触れて火傷しないよう、ヒーターカバーが必須となります。

手間はかかりますが、もうひとつヒーターを入れた水槽を用意して、

水温を飼育水槽に合わせ、そこに新しい生体の入ったプラケースを浮かべるのがベスト。

こうして「湯せん」のような状態にしておけば、時間のかかる点滴法でもOKですし

ヒーターによる事故の心配もありません。

このように真冬と真夏の移動はとても気をつかいます。

ショップでの購入は気候の安定している時期が一番…と書きたいところですが、

南米便の入荷は夏が盛んですし、欲しい魚が好きなタイミングで入手できるわけではありません。

真冬であっても、お目当てが見つかった時が勝負の時なのです。

 

関連記事:アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック

関連記事:拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!
  2. どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・…
  3. 発酵式CO2添加装置とは?ペットボトルで作れてリーズナブル!
  4. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  5. 水の中の小さな熊蜂!バンブルビーゴビーの魅力
  6. コケ取りだけじゃもったいない!オトシンクルスを飼い込もう
  7. パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介
  8. 飼育水を酸性化したい!ピートモスの使用

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビーシュリンプを繁殖させるためのコツ

アクアリストの間で1990年代に大ブームとなったビーシュリンプ。…

マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の餌にもなる水草

やぁ、兄弟。元気かい?おとぼけは元気ですぜ。今回もアクア…

カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!

(海水魚 カニ)アメリカカブトガニ Sサイズ(1匹)かつては瀬戸内海や九州…

岩組など水槽レイアウトで必要な基礎知識

アクアリウムの醍醐味と言えば、レイアウトの構築。レイアウトの構築…

グッピーのためのフィルター(濾過器)

次は水槽内をグッピー達の住みやすい環境に保つためのフィルター(濾過装置)…

進化の歴史を感じさせる独特のルックス!ポリプテルスを育ててみよう!

爬虫類や恐竜を思わせるいかつい顔立ち、シーラカンスにも似た「古代…

おすすめ記事

  1. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッド
  2. 【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?
  3. コリドラスってどれだけの種類がいるの?図鑑編その2
  4. 海水魚初心者ならこの生体から飼育すべし!デバスズメダイ・シリキルリスズメダイ・カクレクマノミ
  5. 【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在
  6. 冷凍赤虫は飼育水を汚すの?冷凍赤虫のメリットとデメリット
PAGE TOP