未分類

熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?

この記事の所要時間: 247

 

アクアリウムはある程度の投資が必要なホビー。

それでも気になってしまうのが冬場の電気代です。

ヒーターによってどれくらいの電気代が生じているのか?

少しでも抑える方法はあるのか? を考えてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

器具別の電気代を知る

 

ヒーターに限らず、電化製品の電気代は、

電力量料金単価×使用量

という式から求めることができます。

使用量とは、使用時間と製品のワット数を掛け算したもの。

2017年11月11日現在、

東京電力の第2段階料金(120kWhをこえ300kWhまで)は1 kWhあたり26円です。

これを標準的な電力量料金単価として試算していきましょう。

 

一般的な60cmレギュラー水槽に、

適正なサイズである150w(ワット)のヒーターを設置したとしましょう。

使用量の単位はkWh(キロワット)ですから、単位を揃えるために1000で割ります。

1日8時間、ヒーターが稼働する場合、1日あたりの電気代は

150w(ヒーターのワット数)÷1000×8(時間)×26(電力量料金単価)=31.2円 となります。

 

次はフィルター。

エーハイムの60cm水槽用外部フィルターは5w。

フィルターは24時間稼働するので、

5w÷1000×24×26=3.12円となります。

そして照明器具。

近年はLEDの普及で、ぐっと省エネが進みました。

汎用的なアクロの60cm水槽用LEDライトは20.1w。

1日8時間使用したとすると、

20.1w÷1000×8×26=4.18円

総計すると、水槽1本あたり1日約38.5円のランニングコストがかかっているわけです。

電気代は条件によって大きく変わる

 

上で紹介した電気代はあくまで、ひとつの条件から導き出したものにすぎません。

地域はもちろん、住宅環境、水槽のサイズ、

魚種などさまざまな要素によって電気代は大きく変わってきます。

低温に強いコリドラスを23度設定の小型水槽で飼育するのと、

30度付近の高水温を好むアロワナを180cm水槽で飼うのとでは大きな差が生じるのは当然です。

さりとて、電気代節約だけのためにアロワナ好きが、

コリドラスでガマンするというのも妙な話。

趣味の世界なのですから、好きな魚を、

節約術を駆使しながら飼育するのが一番なのではないでしょうか。

 

ヒーター代を節約するテクニック

 

 

○断熱材を活用する

水槽のガラス面から、蒸発した水分の気化熱から…

冬になると熱帯魚水槽から多くの熱が奪われていきます。

そこで水槽の底面や側面を発泡スチロールや断熱シートで覆ってやりましょう。

専用の断熱シートがアクアショップの通販で購入できますし、自作も可能です。

蓋もしっかりと。

コードやパイプの通る穴の隙間もふさぎ、水分蒸発を抑えます。

水槽を眺めない夜間は、前面も覆ってしまいます。

フィルターも熱の逃げ道になっています。

外部フィルターを使っている場合は、本体だけでなくパイプ類も断熱材で覆ってしまいます。

ただし、フィルター掃除がとても面倒になるので、包み方には工夫が必要です。

 

○水槽の設置場所も工夫する

本来は置きたい場所に置くべきですが、電気代節約を目標とするなら、

エアコンのある部屋で、リビングなど常に人のいる場所に設置するのがベスト。

夜になると冷え込む窓際は避け、なるべく壁側に置きます。

 

○ヒーターは適正なものを選ぶ

少ないワット数のヒーターを使えば節電…と考えがちですが、実は逆効果。

力不足な分、長時間ヒーターが稼働することになりますし、消耗も速くなります。

逆に強力なヒーターを小さい水槽に入れるのも考えもの。

温度変化が急すぎて生体にストレスがかかります。

メーカーの推奨する、水槽サイズに合ったヒーターを使うのが、実は一番賢い方法なのです

 

○部屋全体に気配りを

どんなに水槽を囲っても、部屋自体が寒くてはお手上げ。

カーテンを床まで届く丈の長いものに換えたり、

窓に断熱シートを貼ることでもヒーター代は変わってきます。

 

○どうせならガス代も節約する

水換え前、交換用の水を入れたバケツを日なたに置いておけば、

わざわざお湯を沸かす必要もなく、ガス代の節約になります。

 

関連記事:アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック

関連記事:拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

世界の果てまでイッテQでも紹介されたグラスキャットフィッシュ!骨が透けて見える!

こんばんは、おとぼけです。今ちょうど世界の果てまでイッテQを見てたんですが、チャンカ…

雄グッピー グッピーの繁殖に必要な準備

大切に育てたペアのグッピーから遂に稚魚が産まれました。貴方の水槽…

【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた

熱帯魚飼育で一番厄介な苔と言えば、黒髭藻じゃないでしょうか?苔の…

【初心者でも分かる】もう迷わない!自分に合った水槽の選び方

さあ!アクアリウムを始めよう!って決めたらまず初めに準備するものは?!…

レッドビーシュリンプに最適な水質は軟水!軟水の作り方解説!

レッドビーシュリンプは人気がありますが、水質変化に敏感で飼育が難しい品種…

冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ごく一部の種類を除き、熱帯魚は日本の冬を越すことができません。近…

おすすめ記事

  1. エビ水槽!ソイルから大磯砂に変更してみました
  2. アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?
  3. GL04Pの速度制限と帯域制限にかかった人必見、制限を解除・回避する方法(図解説付)
  4. レッドビーシュリンプの増やし方!繁殖に最適な環境を解説します
  5. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット
  6. え?こんなにいるの!?小型カラシンの仲間と混泳できる熱帯魚一覧
PAGE TOP